「ティアーズ・オブ・ザ・サン」ネタバレ!あらすじや最後ラストの結末と見どころ!

映画「ティアーズ・オブ・ザ・サン」ネタバレ あらすじアクション

映画「ティアーズ・オブ・ザ・サン」は、ブルース・ウィリス主演、アントワーン・フークア監督の2003年の映画です。

そんな、映画「ティアーズ・オブ・ザ・サン」のネタバレ、あらすじや最後ラストの結末、見所や無料動画について紹介します。

内戦下のナイジェリアで多数の難民を救う為に戦う「ティアーズ・オブ・ザ・サン」をお楽しみください。

 

「ティアーズ・オブ・ザ・サン」あらすじ

多様な種族が混在し、人種間の争いが絶えない国アフリカ・ナイジェリアでは、最大規模のクーデターが起こっていました。

追放されたムスタファ・ヤクブ将軍率いる反体制派のイスラム教徒・フラニ族の暴動は過激さを増し、特に敵対するキリスト教徒・イボ族への残虐行為はエスカレート。

まさに、ナイジェリア全土を掌握するそんな切迫した事態のなか、イボ族の王であるアズーカ大統領一家が処刑されたと凶報が・・・

そんな中、アメリカ海軍特殊部隊のウォーターズ大尉(ブルース・ウィリス)に内戦が起きたナイジェリアに向かう指令が下ります。

それは現地で難民の治療に当たる国際的医療奉仕団の女性スタッフ・リーナ(モニカ・ベルッチ)を救出するためでした・・・

もし、文章のネタバレではなく動画で見たい!なら U-NEXT で今すぐ無料で見る事が出来ます。
無料登録して、31日間のお試しの後で本契約をするかどうか決めれば良いです。

 

「ティアーズ・オブ・ザ・サン」ネタバレ

命令を忠実に遂行する兵士たち、A・K・ウォーターズ大尉(ブルース・ウィリス)ら海軍特殊部隊チームの面々が帰還しました。

指揮官・ロード大佐(トム・スケリット)は、ここナイジェリアの地から4名の救出という新たな任務を言い渡します。

1人は、在留する米国籍の医師・リーナ・ケンドリックス(モニカ・ベルッチ)。

彼女の救出は絶対として、神父と2人の修道女は本人の希望があれば連れ帰るというものです。

“リーナ(モニカ・ベルッチ)が居る布教センターから、ヘリとの合流地点・アルファへ向かい隣国・カメルーンとの国境を目指す”

敵はいても味方はいない、ウォーターズ(ブルース・ウィリス)と7名の部下にとって、なんら難しくない任務のはずでした。

 
その夜、目的地に着いたウォーターズ(ブルース・ウィリス)たちが目にしたのは、深手を負った村人たち。

その奥では修道女を助手に、リーナ(モニカ・ベルッチ)が手術の真っ最中でした。

突然あらわれたウォーターズ(ブルース・ウィリス)に「ここを離れるつもりはない!」と、医師としてこの村に留まる覚悟を決めていた彼女。

しかし、反乱軍が襲来する現実を受け止め、ウォーターズ(ブルース・ウィリス)に村人も救出するようリーナ(モニカ・ベルッチ)は強く迫ります。

 
それに対する彼の答えは「任務は神父と2人の修道女そして、あなたの救出だけ…」と。

その言葉で激怒するリーナ(モニカ・ベルッチ)に困り、やむを得ず本部へ連絡するウォーターズ(ブルース・ウィリス)は「ヘリに全員乗れる」と嘘をつき、任務を遂げようとします。

通信係のジー(イーモン・ウォーカー)たちも、多くを語らないウォーターズ(ブルース・ウィリス)の策に乗るしかありません。

 
翌日、神父と修道女たちは身動きの取れない人々の傍を離れる事は出来ないと、センターに残る決断をします。

赤ん坊も含め20名以上の難民となった村人とリーナ(モニカ・ベルッチ)は、ウォーターズ(ブルース・ウィリス)たちを信じ12キロの道のりを歩き出しました。

どこから敵が襲って来てもおかしくない、足場の悪い山道を進む一行。

時間だけが過ぎ、予定を大幅に遅れる移動に焦りを感じるウォーターズ(ブルース・ウィリス)ですが、疲労がピークに達したリーナ(モニカ・ベルッチ)たちに、30分の休憩を与える事にします。

しかし、ウォーターズ(ブルース・ウィリス)らにとって、決して気の抜けない時間でした。

 
月明かりだけに照らされる茂みの中、敵の姿を見つけ子供を抱くリーナ(モニカ・ベルッチ)たちにも緊張感が走ります。

必死に息を潜め、何とかやり過ごしジー(イーモン・ウォーカー)らもホッとしますが、まだ敵が1人残っていました。

立ち上がったリーナ(モニカ・ベルッチ)に銃が向けられると、敵の背後にナイフを持ったウォーターズ(ブルース・ウィリス)があらわれ一瞬で仕留めます。

 
翌日、村のセンターに残った神父たちに危機が迫っていました。

一方、ヘリと合流するアルファ地点にやって来たウォーターズ(ブルース・ウィリス)は、リーナ(モニカ・ベルッチ)だけの手を取り強制的にヘリの中に押し込めます。

ウォーターズ(ブルース・ウィリス)の裏切りに彼女は激しく抵抗し、残された難民たちはリーナ(モニカ・ベルッチ)の名を叫び、助けを求めるのでした。

 
飛び立つヘリの中、任務をやり遂げたはずの海軍特殊部隊チームの誰もが沈痛な表情をしています。

そして、ウォーターズ(ブルース・ウィリス)たちが上空から見たものは、反乱軍に襲われ火を放たれた村と人々の惨い姿でした。

 
肩を落とし村へ帰り始めていた難民たちの前に、ヘリが戻って来ます。

着陸するとリーナ(モニカ・ベルッチ)は、彼らのもとへ走り出しました。

抑えきれない衝動に駆られたウォーターズ(ブルース・ウィリス)は、可能な限り子供や歩行が困難な者をヘリに乗せカメルーン国境へ送ります。

再び救援ヘリの要請をする彼に、刻々と悪化する状況を伝え「それは出来ない」と、苦渋の決断を下す指揮官・ロード大佐(トム・スケリット)。

自力でカメルーンとの国境へ向かうウォーターズ(ブルース・ウィリス)と残った難民たちは、更なる惨状を目にする事になるのでした・・・

 
情報係のスロー(ニック・チンランド)の知らせで、反乱軍が確実に後を追って来ている状況に違和感を覚えるウォーターズ(ブルース・ウィリス)は、内通者の存在を疑います。

雨が降り、ぬかるむ山道を抜けた彼らが耳にしたのは銃声と悲鳴。

小さな集落は、反乱軍の殺戮の標的となっていました。

迂回する事も出来ますが、ウォーターズ(ブルース・ウィリス)は、攻撃準備を指示。

配置に着き、エーススナイパーのフリー(チャド・スミス)が先陣を切ります。

若手スナイパーのシルク(チャールズ・イングラム)も1人また1人と敵を仕留め、奥へと進むウォーターズ(ブルース・ウィリス)らが見たのは積まれた村人の死体でした。

 
強姦される女性を助けるレッド(コール・ハウザー)。

銃弾に倒れた子供に心肺蘇生をするドク(ポール・フランシス)。

反乱軍に少年兵がいる事を嘆くレイク(ジョニー・メスナー)。

鳴り止まない銃声に、共に国境へ向かう難民たちも涙を流し身体を震わせます

敵を一掃したウォーターズ(ブルース・ウィリス)ですが、奪われた命のあまりの多さ、その重さに心が押し潰されそうになるのでした。

 
翌日、反乱軍が背後に迫りウォーターズ(ブルース・ウィリス)は、最近知り合った者は誰かとリーナ(モニカ・ベルッチ)に訪ねます。

すると、逃げ去ろうとする1人の男にシルク(チャールズ・イングラム)の弾が命中、彼は家族を人質に取られ仕方なく反乱軍に加担し、位置情報を送っていた事を白状しました。

敵が、アーサーという男を追っている事を知ったウォーターズ(ブルース・ウィリス)。

更に真実を探ろうと、ある男に銃を向けると彼の前に1人の若者が立ちはだかります。

そして、若者は自らがアーサー・アズーカだと名乗り、殺害された大統領の息子であると身元を明かしました。

 
銃を向けられた護衛のオケーズ大佐を庇い、アーサーは一行に紛れ込んだ事情を話します。

大統領として民主化のために闘って来た父、その最後の望みであるアーサー。

イボ族の絶命を謀る反乱軍は、継承者である彼の命を奪うためウォーターズ(ブルース・ウィリス)らの後を追っていたのです。

じつは、アーサーたちの存在を知りながらリーナ(モニカ・ベルッチ)は隠していました。

そんな彼女を咎めるウォーターズ(ブルース・ウィリス)ですが、自らも彼女を騙した事で不信感を抱かせたと複雑な気持ちになります。

 
その頃、ウォーターズ(ブルース・ウィリス)らの後を追う反乱軍は、内通者の死体を発見。

そして、地中に仕掛けた爆発物をレッド(コール・ハウザー)が爆破し報復を遂げました。

しかし、これによって反乱軍は大量の兵士を国境付近へ送り、ウォーターズ(ブルース・ウィリス)らを待ち構え戦闘態勢に入ります・・・

 
カメルーン国境まであと少し。

斥候係のレイク(ジョニー・メスナー)とウォーターズ(ブルース・ウィリス)は危険回避のため、前を流れる川の下流に戻りジャングルを抜けて国境へ向かうルートを選びます。

そこへ、指揮官・ロード大佐(トム・スケリット)から連絡が入り、アーサーの存在に気づいた本部では、政治的な問題に発展すると危惧されていました。

それは、あまりに非人道的な言い分で、アーサーを「無駄な荷物」と言われたウォーターズ(ブルース・ウィリス)は感情を爆発させます。

しかし、ロード大佐(トム・スケリット)から「与えられた任務だけ完璧に…」と言われ、結局ヘリの要請も叶いません。

 
リーナ(モニカ・ベルッチ)を連れ帰るだけの任務。

しかし、多くの守るべき命と出会い、失われた命を目にしたウォーターズ(ブルース・ウィリス)は、自分の良心に従いここまで来ました。

ジー(イーモン・ウォーカー)たち海軍特殊部隊チームの面々も反乱軍のあまりの残虐性に、もはや指示だから動いている訳ではありません。

ウォーターズ(ブルース・ウィリス)は、無力感に苛まれながらも信じて付いてきてくれた彼らと共に、任務を遂行すると誓います。

リーナ(モニカ・ベルッチ)もウォーターズ(ブルース・ウィリス)の真意に触れ、国境を目指す最後の戦いへと向かいました。

 
鬱蒼としたジャングルは一瞬も気を抜けず、難民たちも身をかがめます。

何かの気配を感じるレイク(ジョニー・メスナー)、あらわれたのは1匹の豚でした。

しかし、油断した彼の肩をすかさず敵が撃ち抜きます。

反乱軍へ手榴弾を投げ込み、救援に向かうウォーターズ(ブルース・ウィリス)たち。

衛生兵のドク(ポール・フランシス)が処置を施し、再びレイク(ジョニー・メスナー)は前進します。

ここから、反乱軍の怒涛の攻撃がはじまるのでした・・・

 
兵士の数も武器の威力も、反乱軍に圧倒的に劣るウォーターズ(ブルース・ウィリス)たちですが、誰一人として怯むことなく前進して行きます。

しかし、小銃からロケットランチャーまで次々と容赦なく撃ち込む反乱軍の攻撃は、身を潜めていたリーナ(モニカ・ベルッチ)たちの所にも届いていました。

彼女たちの居る方から聞こえてくる、悲痛な泣き声に気づいたウォーターズ(ブルース・ウィリス)。

駆け寄ると命を落としている者、そしてスロー(ニック・チンランド)が小さく唸り声を上げ、顔を歪めています。

腹を撃たれた彼は、少しずつ意識が遠退きウォーターズ(ブルース・ウィリス)の腕の中で息を引き取りました。

「終点は、そこだ…」と、言い残して・・・

 
オケーズ大佐を失い、泣き叫ぶアーサーのもとに向かうウォーターズ(ブルース・ウィリス)。

そして「死を無駄にせず、カメルーンへ行け!」と、アーサーを奮い立たせます。

激しい銃撃戦の中を再び前進する海軍特殊部隊チーム、そして難民たちも武器を取り応戦しますが、次々あらわれる反乱軍に苦戦を強いられます。

懸命に援護を要請するジー(イーモン・ウォーカー)、そして彼らのもとへ遂に戦闘機が飛び立ちました。

しかし、惨劇はつづきます・・・

 
逃げ惑う難民を助けるためレイク(ジョニー・メスナー)が撃たれてしまいます。

彼は、ともに撃たれた女性を最期まで守りました。

エーススナイパーのフリー(チャド・スミス)、そして若手スナイパーのシルク(チャールズ・イングラム)も銃弾に倒れます。

自らも負傷しながら、気を失ったリーナ(モニカ・ベルッチ)を運ぶウォーターズ(ブルース・ウィリス)。

アーサーも攻撃から必死に逃げ、生い茂る草むらを抜けカメルーン国境へ向かいますが、反乱軍はどこまでも追いかけて来ます。

 

「ティアーズ・オブ・ザ・サン」最後ラストの結末は?

更なる傷を負うウォーターズ(ブルース・ウィリス)は、意識を取り戻したリーナ(モニカ・ベルッチ)とアーサーを国境へと走らせました。

そして、国境まであと僅かのところで撃たれたジー(イーモン・ウォーカー)のもとへ這い寄ると、そこへドク(ポール・フランシス)も合流します。

国境には、溢れ返る難民たちの姿がありました。

カメルーン側が難民を入国させまいと、ゲートを閉ざしていたのです・・・

 
意識が朦朧とするジー(イーモン・ウォーカー)の通信機に、戦闘機からの声が聞こえます。

その声に、援護を急ぐよう求めるウォーターズ(ブルース・ウィリス)。

彼らのもとに、最後まで銃撃戦を続けていたレッド(コール・ハウザー)が、負傷しながら合流します。

その直後、戦闘機から一斉に爆撃された反乱軍は、炎につつまれ壊滅するのでした。

 
カメルーン国境へウォーターズ(ブルース・ウィリス)と、3人の部下が辿り着きました。

彼を支え、ゲートの前に向かうリーナ(モニカ・ベルッチ)とアーサー。

ゲートを潜れずに居た難民たちも、彼らの姿を見て涙を流しながら感謝しています。

そこに、ヘリに乗った指揮官・ロード大佐(トム・スケリット)が降り立ち、やっとゲートが開け放たれました。

「よくやった!」と、彼らを称えるロード大佐(トム・スケリット)に報告。

海軍特殊部隊チームの任務は、ようやく遂行されました。

 
先にヘリで救出されていた子供たちがリーナ(モニカ・ベルッチ)のもとへ駆け寄り、離れていた親子も再会を喜びます。

リーナ(モニカ・ベルッチ)とウォーターズ(ブルース・ウィリス)、3人の部下たちを乗せたヘリが飛び立ちました。

地上には、アーサーを囲み希望を見出そうとしている、難民たちの姿がありました。

THE END

 

「ティアーズ・オブ・ザ・サン」見どころ

ブルース・ウィリス率いる、ネイビーシールズの命を懸けた軍事アクション!

任務完遂100%の頼れる男たちの熱いハート、最後まであきらめないカッコ良さに胸熱!!痺れること間違いなしです。

しかし、それと同等に民族浄化という重く悲惨な描写が多いので、心を痛める事も覚悟して下さい。

惨たらしい光景を目にした彼らの取った行動はドラマチックに描かれ、現実はそんな事は出来ないとシビアに鑑賞する方も居るでしょう。

ジャンルは違いますが、多くの人々の心に訴えた映画『ホテル・ルワンダ』(2006年)、「ルワンダの涙」(2007年)も大量虐殺が描かれた作品です。

その事実を胸に留めながら観ると内戦の残酷さ、そして彼らの死闘がより一層勇ましいものに感じます。

 
ブルース・ウィリス演じるウォーターズ大尉も “任務の遂行が第一” でした。

しかし、次第に優先すべきモノが変わって行く…それは彼だけに限った事ではなく、誰の心にも生まれるであろう至極当然な感情ではないでしょうか。

ウォーターズ大尉はじめ、レッド、ジー、スロー。

ドク、フリー、シルク、そしてレイク…この男たちが、本当にカッコ良すぎます!

戦闘モノが好きな男性はもちろん、とてもエグい場面も多い今作ですが人間ドラマも感じられるので女性にも観て頂きたいです。

 
先ほども述べたように、この地球上で起きている紛争を描いた作品は沢山あります。

この『ティアーズ・オブ・ザ・サン』も、観ておくべき一本とお勧めします!

この「ティアーズ・オブ・ザ・サン」はU-NEXT ですぐ無料で見る事が出来ます。
今なら31日間、無料でいろいろな作品が見れますよ!

みんなの感想

テキストのコピーはできません。