「ROOKIES-卒業-」ネタバレ!あらすじや最後ラストの結末と見どころ!

映画「ROOKIES-卒業-」ネタバレ あらすじヒューマン

映画「ROOKIES-卒業-」は佐藤隆太主演、平川雄一朗監督の2009年の映画です。

この映画「ROOKIES-卒業-」のネタバレ、あらすじや最後のラスト結末、見どころについて紹介します。

問題児の高校球児と熱血教師の絆を描く人気ドラマの劇場版「ROOKIES-卒業-」をご堪能ください。

 

「ROOKIES-卒業-」あらすじ

二子玉川学園高校、通称“ニコガク”。

そこに、新米教師・川藤幸一(かわとうこういち=佐藤隆太)が赴任して来ました。

座右の銘は『夢にときめけ 明日にきらめけ』

はじめは、大笑いされた川藤(佐藤隆太)。

でも、その真っ直ぐで熱い想いは、夢と素直に向き合えなくなった野球部の問題児を変えます。

 
安仁屋恵壹(あにやけいいち=市原隼人)、若菜智哉(わかなともちか=高岡蒼甫)。

湯舟哲郎(ゆふねてつろう=五十嵐隼士)、御子柴徹(みこしばとおる=小出恵介)。

新庄慶(しんじょうけい=城田優)、桧山清起(ひやまきよおき=川村陽介)。

岡田優也(おかだゆうや=佐藤健)、関川秀太(せきかわしゅうた=中尾明慶)。

今岡忍(いまおかしのぶ=尾上寛之)、平塚平(ひらつかたいら=桐谷健太)。

口が悪くて喧嘩っ早い奴、お調子者や努力家。

飄々とした奴に、更にはスーパーポジティブまで。

個性バラバラな10人の共通点は仲間思い、そして野球が好き!

 
野球経験ゼロなのに野球部の顧問になると、真っ正面からぶつかって来る川藤(佐藤隆太)。

10人は、心から信頼できる教師と出会い、夢を持つ事の大切さを教わりました。

共に成長した彼らが、心をひとつに“甲子園出場”を目指して挑んだ東京予選大会4回戦。

ベンチには川藤(佐藤隆太)の姿は無く(過去の不祥事で謹慎処分、後に辞職)、次戦で敗退。

甲子園の夢は消えます。

 
でもそれ以上に、一番大切な存在を失い悲しみの中に居るニコガク野球部。

そんな彼らを、川藤(佐藤隆太)が放って置くはずがありません。

「お前たちの夢は、まだ途中だ」──

もし、文章のネタバレではなく動画で見たい!なら U-NEXT で今すぐ無料ポイントで見る事が出来ます。
無料登録して、31日間のお試しの後で本契約をするかどうか決めれば良いです。

 

「ROOKIES-卒業-」ネタバレ

そして、野球部の10人が高校3年になった翌年春。

教員採用試験を受け直したあの男が、ニコガクの教師そして、野球部顧問として戻って来ました。

『夢にときめけ 明日にきらめけ めざせ甲子園 by川藤幸一』

 
野球部・主将は御子柴(小出恵介)、マネージャーは八木塔子(やぎとうこ=村川絵梨)。

その他、いつもと変らないメンバーは、ガヤガヤと新入部員が2人も来ると大喜び!

1人目は将来有望、中学でもその名を馳せた赤星奨志(あかほししょうじ=山本裕典)。

ニコガクが甲子園に行くためにも、絶対に必要なルーキーです。

2人目は、濱中太陽(はまなかたいよう=石田卓也)。

どうやら“補欠”の平塚(桐谷健太)と、関係があるようで一波乱巻き起こりそう!

「俺らが中3の時さ、オヤジ狩りして返り討ちにあってた濱中を、平っちが助けた……」

かくかくしかじか……中学時代に“偶然、ヒーローになれた”経緯を話す今岡(尾上寛之)。

とにかく、後輩・濱中(石田卓也)にスッカリ慕われ、ニコガク入学後も平塚(桐谷健太)は調子に乗りまくり。

「野球でもやれ!夢にときめけ 明日にきらめけ……」

な~んて、川藤(佐藤隆太)の真似をしたから、純粋な濱中(石田卓也)は“エース・平塚”を追ってニコガクへ。

 
平塚(桐谷健太)らしいエピソードに、若菜(高岡蒼甫)たちが大爆笑して迎えた放課後。

野球部、そして濱中(石田卓也)の前にエースナンバーを付けた、ド緊張の平塚(桐谷健太)が現れ無様な姿を晒します。

すぐにバレる、嘘をつくのは悪い。

だけど、仲間が馬鹿にされて、黙っていられないのが桧山(川村陽介)。

「お前は、そんなもんじゃねえだろ!」と、平塚(桐谷健太)を奮い立たせます。

マウンドに平塚(桐谷健太)、バッターボックスには打撃が苦手な桧山(川村陽介)。

火事場の馬鹿力を発揮した、平塚(桐谷健太)が打ち取りました。

それでも、気持ちの整理が出来ない濱中(石田卓也)はグラウンドを去り、重い空気になるニコガク野球部。

ところが、もっと大きな波乱を呼ぶのは、期待のルーキー・赤星(山本裕典)のようです。

ニコガク野球部を“下手な奴ら”と見下す赤星(山本裕典)は「しませんよ、練習なんか」と、反抗的でした。

 
コンビニで立ち読みをする、湯舟(五十嵐隼士)や岡田(佐藤健)たち。

同じ東京地区の、強豪校・笹崎高校のピッチャー・川上(武田航平)の特集記事を見つけます。

胸くそ悪い記事に腹を立てる、若菜(高岡蒼甫)や関川(中尾明慶)。

すると「甲子園 目指してる奴なら何千人も居る」と、冷静に言い聞かせる新庄(城田優)。

実は、中学時代に安仁屋(市原隼人)を、3打席連続三振に打ち取ったのが笹崎高校の川上でした。

そして、安仁屋(市原隼人)の心に今も残るのは、振り逃げするしかなかった自分をニヤリと笑った川上の顔。

悔しさいっぱいに、1塁ベースを踏んだ安仁屋(市原隼人)。

その因縁の相手が、甲子園を目指すニコガクの前に立ちはだかる事になります。

 
別の日の放課後。

赤星(山本裕典)には“メジャーリーグ”という、夢があると知った若菜(高岡蒼甫)たち。

その大きな夢に大笑いすると、川藤(佐藤隆太)が怒りました。

「人の夢をバカにするな!お前たちだって甲子園の夢をバカにされたら怒るだろ!」

誰も知らない本当の赤星(山本裕典)は、大学野球部に参加して地道に練習に励む努力家。

実は、彼自身が大きなその夢に自信を持てずに居ました。

 
事実を知り、目指す夢は違っても同じ野球が好きな赤星(山本裕典)と、距離を縮めようとする御子柴(小出恵介)。

そして、2人は距離を縮める事になりますが、きっかけは不幸にも御子柴(小出恵介)が重傷を負ったからです。

不良学生と、トラブルを起こした赤星(山本裕典)。

御子柴(小出恵介)は「一生、野球できなくなるかもしれないんだぞ!」と、大真面目な顔して赤星(山本裕典)を守ります。

崩れた廃材の下敷きになった御子柴(小出恵介)は足を骨折、夏の予選は目前でした。

 
「道を切り開くのは、自信と勇気」

「勇気を持って、一歩踏み出す」

下手クソでも、懸命に白球を追い掛ける平塚(桐谷健太)。

病院では、御子柴(小出恵介)が“最後の夏、皆と甲子園を目指したい”と医師に懇願。

 
ニコガク野球部の熱い想いに触れた、赤星(山本裕典)と濱中(石田卓也)がグラウンドにやって来ます。

マネージャーの塔子(村川絵梨)は早速、御子柴(小出恵介)に報告。

「赤星君…御子柴君が帰ってくるまで、セカンドは守るんだって!」

御子柴(小出恵介)はリハビリに励み、心をひとつにしたニコガク野球部もより一層気合が入るのでした。

 
そして7月、ニコガク野球部は全員が揃い、いよいよ地区予選が始まります。

1番センター 関川(中尾明慶)、2番レフト 岡田(佐藤健)。

3番セカンド 赤星(山本裕典)、4番ピッチャー 安仁屋(市原隼人)。

5番サード 新庄(城田優)、6番キャッチャー 若菜(高岡蒼甫)。

7番ショート 桧山(川村陽介)、8番ファースト 湯舟(五十嵐隼士)。

9番ライト 今岡(尾上寛之)。

「御子柴、平塚、濱中は控えだ!」と、川藤(佐藤隆太)が全員の名前を呼びました。

「はい!」と、返事する平塚(桐谷健太)と濱中(石田卓也)。

万全ではない御子柴(小出恵介)も、一歩ずつ足を動かし体作りに励みます。

 
安仁屋(市原隼人)は、幼馴染のマネージャー・塔子(村川絵梨)との約束を守る最後の夏。

「連れてってやるよ、甲子園…約束は守るよ」

ぶっきら棒でも真剣な安仁屋(市原隼人)は、笹崎高校の川上にも負けるつもりはありません。

 
そして、地区予選1回戦以降も順調に勝ち進み、ニコガクは決勝まで来ました。

夢に向かって真っ直ぐな川藤(佐藤隆太)と、問題児だけど熱いニコガク野球部の10人に魅せられた男。

モーニングスポーツの記者・吉田(渡部篤郎)も期待します。

明日の決勝の相手は、エース・川上率いる笹崎高校。

「お前たちなら、大丈夫だ!」と、川藤(佐藤隆太)は笑顔で皆を勇気づけます。

 
御子柴(小出恵介)たち10人は、河原に座ってこれまでの事を思い返していました。

そして、 岡田(佐藤健)は「勝ちゃ、もっと楽しくなるよ」

新庄(城田優)も「ぜってぇ、負けらんねえな」

今度こそ、中学時代に味わった悔しさを晴らしたい安仁屋(市原隼人)。

「川上のフォークをレフトスタンドにブチ込んでやるイメージは、出来上がってんだよ」

川に飛び込んで気合を入れまくる、関川(中尾明慶)たちの騒ぎ声は、川藤(佐藤隆太)にも聞こえていました。

「行こう、甲子園へ!」

 
決勝戦、スタンドにはニコガクの生徒と教師たちの大声援が響きます。

笹崎高校、エース・川上から初ヒットを奪った、3番 赤星(山本裕典)は2塁へ。

次のバッターは4番 安仁屋(市原隼人)ですが、川上に呑まれます。

そして、中学時代を再現するかのように、キャッチャーが投球を取り損ね振り逃げ……

「安仁屋、振り逃げだ!」と、ニコガクベンチから声が上がっても、一歩も動けない安仁屋(市原隼人)はタッチアウト。

「振り逃げなんて、安仁屋のプライドが許さない?」

同僚記者・沖原(鳥羽潤)が聞くと、吉田(渡部篤郎)の答えは「だとしたら勝負は見えてるな」

 
もちろん、ニコガクベンチは、若菜(高岡蒼甫)たちがブチ切れ!

すると、目が覚めるよう、安仁屋(市原隼人)は川藤(佐藤隆太)に1発殴ってもらいます。

「しまって行くぞ、コラーーー!」と、両手を広げるキャッチャー・若菜(高岡蒼甫)。

今度は、この若菜(高岡蒼甫)に異変が起きるのでした。

 
笹崎高校、エース・川上を攻略出来ないニコガクは、6回まで無得点。

片や、安仁屋(市原隼人)から本塁打を放つ笹崎高校ナインは、5点を挙げています。

まだまだ諦めない川藤(佐藤隆太)の喝で、気合が入る次のバッターは5番 新庄(城田優)。

セーフティバントを決め1塁へ、続く6番 若菜(高岡蒼甫)もヒットを打ちランナー1、3塁。

ところが、投球が右手に直撃していた若菜(高岡蒼甫)の指は腫れて行きます。

 
8番 湯舟(五十嵐隼士)のヒットで、待望の1点が入り喜ぶニコガクベンチ。

すると「アウト!」という審判の声に、皆がグラウンドを見ました。

激痛に耐え立ち尽くす若菜(高岡蒼甫)が、ベースを離れていたのです。

いつものように冗談を言って、怒る仲間の前から姿を消した若菜(高岡蒼甫)。

過去にも試合中に負傷した男は、悔し涙を流します。

 
守備につく、ニコガクナイン。

キャッチャー・若菜(高岡蒼甫)の異変に気づいたのは、送球を受けたサード・新庄(城田優)。

俯く若菜(高岡蒼甫)の元へ行くと、その手を見て「こいつダメだ、怪我してる」と、ベンチに伝えます。

濱中(石田卓也)をパシらせて、絆創膏を貼ったけど血が滲む指。

「俺は、やれる!こんなもん痛くねえよ!」と、強がる若菜(高岡蒼甫)。

すると「おめえ1人が痛えんじゃねえんだよ!皆が痛えんだよ」と、真剣な新庄(城田優)。

“最後まで皆と試合がしたい!”若菜(高岡蒼甫)の気持ちは、全員が分かっています。

 
代わりのキャッチャー・御子柴(小出恵介)が、ニコガクナインに気合を入れました。

医務室の小山(平泉成)に骨折…病院へと言われても、球場を離れる気はない若菜(高岡蒼甫)。

「夢を叶える瞬間が、見られんだよ」

そう言って、3塁コーチャーを強引に奪うと声を張り上げ、打席に立つ1番 関川(中尾明慶)も奮起。

心をひとつにするニコガクナインが、笹崎高校、エース・川上の勝負球を捉え1点追加。

4番 安仁屋(市原隼人)もヒットで出塁し、もう苦い記憶は消えました。

5番 新庄(城田優)は、若菜(高岡蒼甫)のバットを持ってバッターボックスへ。

だけど、ホームベースに帰れず8回が終わって2‐7、いよいよ最終回を迎えます。

 
「残り1回で5点差か。奇跡を起こせるか?ヤンキーども」と、心を躍らせる記者・吉田(渡部篤郎)。

ニコガクベンチでは、川藤(佐藤隆太)が「夢にときめけ!明日にきらめけ!」と、皆を送り出します。

「行くぞー!ゴー ニコガク ゴー!! しゃーーー」

気合が入るニコガクに、スタンドから大歓声が上がりました。

 

「ROOKIES-卒業-」最後ラストの結末は?

6番 御子柴(小出恵介)アウト、そして7番 桧山(川村陽介)死球。

8番 湯舟(五十嵐隼士)が、仰天の奇跡ヒットで出塁すると、次は9番 今岡(尾上寛之)。

そこで川藤(佐藤隆太)は、これまでもニコガクに奇跡をもたらした、スーパーポジティブ男・平塚(桐谷健太)を代打に起用します。

笹崎高校、エース・川上の投球を受けて立つ、気合入りまくりの平塚(桐谷健太)。

「ランディ・バーーース!」

その叫び声と共に、馬鹿力で叩きつけた打球は外野へと飛んで行きました。

桧山(川村陽介)、湯舟(五十嵐隼士)が生還して2点追加。

すると、制御不能の平塚(桐谷健太)がホームに突進!アウトになって無茶苦茶悔しがります。

その姿に、皆が逆転を信じて躍動。

ツーアウト ランナー無し4‐7、ここからニコガクの怒涛の追い上げが始まります。

 
先頭バッターの関川(中尾明慶)から、3連続ヒット!

岡田(佐藤健)、赤星(山本裕典)が出塁してツーアウト満塁、次のバッターは安仁屋(市原隼人)。

ツーストライクに追い込まれた安仁屋(市原隼人)に、新庄(城田優)が「イメージは、もうねえのか?」と、声を掛けました。

“川上のフォークを、レフトスタンドにブチ込んでやる…”昨日、皆にそう誓った安仁屋(市原隼人)。

気合を入れ直した安仁屋(市原隼人)は、レフトスタンドに満塁ホームランを放ちました。

 
これで8‐7、ニコガク1点リードで9回裏の守備につきます。

先頭バッター・川上は三振し、ショート・桧山(川村陽介)の見事な守りでツーアウト。

集中する安仁屋(市原隼人)の投球は、すべてストライクで三振!ゲームセット。

ニコガクが、夢だった甲子園への切符を手にしました。

 
──甲子園に立つニコガク野球部、最後の夏を仲間と駆け抜けます。

時は流れ3月、卒業式。

ニコガク野球部・10人の問題児たちも、別々の道へ進むときが来ました。

グラウンドでは、マネージャー・塔子(村川絵梨)に背番号13のユニフォームが贈られます。

そして、川藤(佐藤隆太)との別れが寂しい10人は、ありったけの想いをぶつけました。

共に夢を追い掛けた教師と生徒の顔は、涙と笑顔でいっぱい。

強い絆で結ばれた彼らは、前を向き次の夢へとまた歩き出すでしょう!

完。

 

「ROOKIES-卒業-」見どころ

2008年4月から放送された、TVドラマ『ROOKIES』。

ど直球で描いた、熱血教師と野球部の問題児たちに、多くの視聴者が胸を熱くした名作。

その続編にあたる映画、そして完結となるのが本作『ROOKIES-卒業-』です。

ちょこちょこドラマの流れを汲んだ台詞もありますが、いきなり映画版の鑑賞でも十分に楽しめますよ。

 
佐藤隆太が演じる川藤幸一の、人を信じるキラキラした瞳。

ニコガク野球部の10人も、こってこての熱い友情を魅せつけてくれます。

個人の感想ですが、公開当時はひたすら大号泣しました。(このジャンルまさに大好物です)

あれから年を取った現在は「安仁屋、泣いてるよ~」と、どストレートな青春が微笑ましくて泣き笑い。

『ROOKIES』らしい、熱くてクサい台詞の応酬がエグい!でもソレが良い!!

単に“お涙頂戴”で終わらない、あなたの心にもきっと青春の輝きが蘇るハズです。

 
でも一方で、“熱すぎて冷める”という見方をされる可能性もはらんでいる。

それはもう、好みだからしょうがない!無理強いはしません。

だけど、彼らの青春が幅広い年齢層に支持された理由を、少しでも分かってもらえたら嬉しいです。

 
冒頭は、御子柴(小出恵介)の語りで、サラッと過去の振り返りから。

初見の方でも、熱血教師・川藤(佐藤隆太)がどんな男なのか。

ニコガク野球部員と、どれ程強い信頼関係で結ばれているのかが分かるでしょう。

開始から30分後、平塚(桐谷健太)にガッカリした濱中(石田卓也)に、川藤が野球部の全員がどんな存在なのか伝えるシーンが描かれます。

ソレが心に響いた濱中や赤星(山本裕典)が、ニコガク野球部を馬鹿にした奴らに言う台詞。

「ワルが、ボールこんなボロボロになるまで野球やるかよ」

「これから、ぜってぇ甲子園に行く奴ら 馬鹿にしちゃダメだろ」

 
そして、物語は青春ど真ん中!後輩2人と先輩たちの笑顔の和解。

雨の日も、どんなにしんどくても練習に取り組むニコガク野球部と、リハビリ頑張る御子柴の姿が。

もちろん、ソレまでの間にある細かいボケや、桐谷健太が演じる平塚の顔芸、一挙手一投足にも注目!

とにかく、半分も終わらないうちに様々な出来事(下らないも込み)で、感情を揺さぶられます。

 
強豪校・笹崎高校との決勝を前に、河原で10人が横並びで語っちゃうのも青春してて最高!

「しゃーー!」って制服で川に飛び込んで、はしゃいじゃう若々しさにグッと来ちゃう。

ここでも平塚らしい事が起こるので、楽しませてくれる平塚はホント最後まで目が離せませんよ。

小ネタと言えば、振り逃げがトラウマになっていて「気合が足りねえ」と、ベンチ裏で1発 気合注入してもらう安仁屋(市原隼人)。

事が終わり、ベンチに戻った川藤を見て驚く御子柴。

何が起きたのかは本編で!どうか温かい目で観てやって下さい。

 
真面目!?な方では、何と言っても若菜(高岡蒼甫)の負傷、悔しがる表情に胸が熱くなります。

この場面は、理屈抜きで彼の心情、仲間と居たいと願う気持ちを感じて下さい。

新庄(城田優)が掛ける言葉、一つになるニコガクの姿に『ROOKIES』の魅力を存分に味わえます。

だから、9回の逆転劇を既定路線なんて冷めた目で観ないで、純粋に楽しんで欲しい!

「俺たちの夢は、誰にも邪魔させねえ!」by安仁屋ですよ~!!

 
怪我してる御子柴のバント、決死の走塁はアウトで赤星が「セーフだろ!」と、熱くなる。

口が悪い者同士、いつも喧嘩腰になる若菜に、桧山(川村陽介)が見せる笑顔も最高です。

もちろん、すぐ夢を語り出しちゃうとか、完全に試合中断して泣いちゃう安仁屋とか。

『ROOKIES』に慣れていない方にとって、ツッコミどころも沢山あるでしょう。

9回裏ツーアウトで、ツーストライクまで来たら、安仁屋 感極まって泣いちゃうんです~!

ここで結構な尺を使ったりするので、さっきまで居た笹崎高校のバッターはけてるし。

 
本作の最大の注意点は、感動させたい場面で!?「チャララ ラ~ラ~♪」の乱用が凄まじい。
(「来た来た~」と、逆に楽しんじゃうのもアリ!詳しくは本編でどうぞご堪能下さい)

だけど、それも含めてニコガクの勝利は、熱い青春を体感できるんです。

私がそれを身に沁みて感じたのは、モーニングスポーツ記者・吉田(渡部篤郎)の台詞。

「いいよな、高校野球って…」心から激しく共感します。こてこての感動ありがとう!

 
そして卒業式、ニコガク野球部員と川藤の別れは、もう涙が止まりません。

一人ひとりが伝えるメッセージ、そして黒板に書かれた文字も最後まで見届けて下さいね。

♪エンディングに流れるGReeeeN『遥か』が本当に良い歌で、河原を歩く10人の後ろ姿、終わるのが寂しいです。

ちなみに『遥か』のPVは『ROOKIES』とは関係ない物語が描かれますが、ソレもかなり泣けますよね。

 
夢に向かって一生懸命がんばる姿は、やっぱり惹き付けられます。

だからこそ、今なお見返して、彼らから貰った感動を忘れない人々が多いのでしょう。

監督は、TVドラマ版『ROOKIES』で演出も手掛けた平山雄一朗。

主な監督作品 『そのときは彼によろしく』(07年)、『陰日向に咲く』(08年)、『想いのこし』(14年)など。

「陰日向に咲く」ネタバレ!あらすじや最後ラストの結末と見どころ
映画「陰日向に咲く」は、岡田准一主演、平川雄一朗監督の2008年の日本映画です。 この映画「陰日向に咲く」のネタバレ、あらすじや最後ラストの結末、見所について紹介します。 原作は劇団ひとりの小説です。

キャスト全員が、本当にいい顔してる!

あなたにも是非、この素晴らしい青春を味わってもらいたいです!!

この「ROOKIES-卒業-」はU-NEXT ですぐ無料で見る事が出来ます。
今なら31日間、他にも無料でいろいろな作品が見れますよ!

みんなの感想

テキストのコピーはできません。