「そのときは彼によろしく」ネタバレ!あらすじや最後ラストの結末と見どころ!

映画「そのときは彼によろしく」ネタバレ あらすじラブストーリー

映画「そのときは彼によろしく」は、長澤まさみ主演、平川雄一朗監督の2007年の映画です。

そんな、映画「そのときは彼によろしく」のネタバレやあらすじ、最後ラストの結末、見所について紹介します。

この「そのときは彼によろしく」の純愛の奇蹟をお楽しみください。

 

「そのときは彼によろしく」あらすじ

ささやかながらも美しい水草の店を経営している智史(山田孝之)の前に、ある日突然、スーパーモデルの鈴音が現れます。

実は彼女は智史の幼馴染み・滝川花梨で、2人は再会の喜びを分かち合います。

その後2人は、もう1人の親友で画家志望の佑司のもとへと向かうのだが…。

再会を果たした3人の繊細な恋情と友情が胸に迫る、センチメンタルラブストーリーです。

もし、文章のネタバレではなく動画で見たい!なら U-NEXT で今すぐ無料で見る事が出来ます。
無料登録して、31日間のお試しの後で本契約をするかどうか決めれば良いです。

 

「そのときは彼によろしく」ネタバレ

ながい夢の中にいる彼女。

その姿は、まるで眠り姫のようです──

 
遠山智史(山田孝之)は、水草専門店“Trash”の店長。

住まい兼ちいさな店の経営状況は良いとは言えず、雑誌に載ったのにパッとしません。

バイトの夏目(黄川田将也)には、銀行からのラブレターを渡される始末。

「その紙、はがしておいて下さい」と夏目に伝え、お得意さんのパン屋へ仕事に向かいました。

『アルバイト募集 年齢・性別不問 水辺の生き物を愛する方ならどなたでも』

 
“Bakery Shibata” 智史のことが好きな柴田美咲(国仲涼子)は「可愛いですね」と言われドキッとしますが相手は水槽の熱帯魚。

水草の世話をしに父・悟朗(小日向文世)の家に寄る智史。

開業医だった悟朗は心臓の具合が悪いので、閉院を決め掃除していました。

妻の律子(和久井映見)は既に他界しています。

子どもの頃、智史が友だちと作ったタイムカプセルを見つけていた悟朗。

ふたを開ける智史の目に飛び込んだのは『フランダースの犬』

本を取り出し一枚の写真に気づきます。

勝気で活発そうな女の子が真ん中で、男の子と智史が写っています。

「佑司君と花梨ちゃんか」

悟朗そして智史には、彼らとの忘れられない思い出がありました。

タイムカプセルを持ち帰り、海を臨む町に雪が舞い始めます。

 
いつもと同じように一日を終えるはずでした。

智史は店の前の人影に気づきますが見ないふりをします。

すると突然「アクアプランツショップ、トラッシュ」と言って智史に近づいてきた彼女(長澤まさみ)

何かを気づいて欲しい様子ですが智史には分かりません。

彼女は夏目がはがし忘れた紙を読み上げます。

困った智史でしたが寒いので店へ入れる事にしました。

 
「森川鈴音です」

他に行くところが無いと言い店を出ようとしない彼女は、強引にソファーで寝てしまい智史は黙るしかありませんでした。

1階の店舗に鈴音、2階の住居スペースが智史という同居生活のはじまりです。

 
タイムカプセルから取り出した写真を見る智史は、佑司と花梨に出会った8歳の頃を思い出します。

──学校の帰り、川で水草を探していると向こう岸で何か光っています。

そこには沢山のゴミが投棄され、智史が見たのは廃バスの鏡に反射した光でした。

ゆっくり中に入ると同じ年頃の女の子が眠っています。

本を読んでいつの間にか寝てしまったのか・・・『フランダースの犬』が落ちていました。

彼女の顔をのぞき込む智史は手に取った本を落としてしまいます。

大きな音に目を覚まし「誰だ、おまえ!」と可愛い寝顔から一転、強気な声に後退る智史。

「ぼくの友だちだよ」そう言ってメガネをかけた男の子が犬を連れて入ってきました。

彼に促されるままに自己紹介をする智史は、ランドセルの中身をぶちまけます。

ドジな智史に気を許した花梨は「佑司の友だちなら、あたしの友だちだ!」と笑顔を見せました。

 
滝川花梨、五十嵐佑司そして犬のトラッシュ。

転校してきた智史に、はじめての友だちが出来ました。

廃バスは三人と一匹の秘密基地です。

 
元モデルだと言う鈴音は、この町も智史の店も気に入ったようです。

「子どもの頃からの約束…」

水草屋をしている理由を智史がそう答えると、頬が少し緩んだ鈴音。

“Bakery Shibata”では美咲が、“Trash”でも夏目が森川鈴音を知っていました。

知らないのは智史だけ・・・水草を買いに来た客も鈴音に気づき店内は握手会がはじまります。

 
鈴音は、ある薬を常用していました。

誰にも言えない彼女の秘密。

その晩、智史がおしえてくれたのは“オニバスの種”。

芽が出るまで50年以上眠り続けるものもある不思議な水生植物。

「僕が生きているうちに目を覚ましてくれたら…」

薄暗い店内、鈴音がつけているペンダントが光ります。

 
「森川さん!森川さん!」

朝、うなされる鈴音を起こす智史。

目が覚めると言って彼女にコーヒーを淹れてあげます。

“Bakery Shibata” 店の前でペンダントに光を集めながら『きらきら星』を歌う鈴音。

帰り際、智史へのお礼にと好物のショコラデニッシュを渡す美咲を見て「三人でご飯食べない?」と鈴音は言い出します。

助手席でショコラデニッシュを食べる鈴音と運転する鈍感な智史。

美咲の気持ちに気づいた鈴音は、鈍すぎる智史に掴みかかり車は大きく揺れるのでした。

 
その夜、店でオニバスの種を見ている鈴音。

彼女はレストランへは行かず、美咲と智史の二人で食事をする事になりました。

レストランには誕生日を祝う家族がいました。

智史は子どもの頃の誕生日会を懐かしく思います。

──花梨と佑司、父そして母が祝ってくれました。

両親から水槽をプレゼントされ喜ぶ智史でしたが花梨は寂しそうです。

秘密基地で智史に佑司が教えてくれたのは、花梨は両親がいないという事でした。

花梨が「ただいま」と入って来ました。

佑司と智史が「おかえり!」と迎えると笑顔を見せる花梨「ただいま!」

 
投棄ゴミで何かを探している智史と佑司、するとトラッシュが見つけたようです。

今日は花梨の誕生日。

目に涙を浮かべた花梨は、ろうそくの火を吹き消しました。

花梨に贈ったプレゼントは、ひかり輝く“プリズム”。

二人と一匹が探していたのは双眼鏡で、その中から取り出したのです。

律子からのプレゼント“白いワンピース”を着て嬉しそうな花梨。

『きらきら星』を歌いプリズムに光を集め智史を照らします。

「ほら、写真撮るよ!」と悟朗。

恥ずかしいのか智史も佑司も花梨の隣に並びたくないと取っ組み合いをはじめます。

見兼ねた花梨が二人の首に腕をまわし引き寄せます・・・カシャ。

 
鈴音の胸に光るのはあのプリズム、すべてが繋がった智史が店に帰ります。

「やっと分かったよ…花梨」

タイムカプセルを開ける二人は、あの町を離れてから佑司に会う事はありませんでした。

──絵を描くことが好きで画家になりたい佑司、その夢は母への強い思いからです。

智史の夢は水草屋の店長さん。

「画家のモデルと水草屋の看板娘になる」と冗談を言う花梨、本当のことを言えない様子です。

 
夏目を交えて三人で食事する智史と花梨。

会計士という夢がある夏目は試験に受かったら店を辞めるため、花梨にバイトを続けて欲しいとお願いします。

「花梨の家も探さないと」そう言われると彼女の表情が曇るのでした。

浜辺を歩き花梨のことを話す智史と夏目。

彼女は何故これからと言うときに、仕事を辞めてしまったのか?

花梨のために探してきた物件チラシを見せると、彼女は何も言わず1階へ降りてしまいます。

理由が分からない智史は、なかなか眠れず花梨の様子を見に行きました。

 
彼女は水草の揺れる水槽を見ています。

──「智史は花梨のこと好き?」

佑司の突然の言葉にドキッとした幼い智史は「男の子みたいだし」と言い訳をします。

「ぼくは好きだよ」ハッキリと言い切る佑司。

二人は倒れた花梨を待っていました。

悟朗が診てくれて「ただの貧血だから大丈夫」と言われ、笑顔になる佑司。

「好き」の言葉に智史はまだ動揺しています。

 
智史は花梨を連れて悟朗に会いに来ました。

13年振りの再会、大きくなった花梨に喜び三人は楽しい時間を過ごします。

花梨が服用している薬を見て「治ってなかったんだ」と残念そうな悟朗。

幼い頃から花梨を診ていた悟朗だけは彼女の病気を知っていました。

“深い眠りに落ちると、そのまま目を覚まさない”病気に花梨は悩まされてきました。

薬では抑えられないその眠りの深さに、花梨はひとりで眠る恐怖を抱えていたのです。

幼い頃から病気のことを黙ってきた花梨は、今も何も言わずに智史の前から消えようとしていました。

 
花梨は仕事を抜け出し美咲のパン屋へ。

夏目と智史が残る店に“カツラギ モモカ”という女性から電話が入ります。

「五十嵐佑司の知り合い」だと。

美咲に「智史のこと、よろしくお願いします」と言って帰る花梨。

一人で海を見ていると「花梨!佑司が見つかった!」と智史が走って来ました。

 
電車に乗り三人が一緒に過ごした町へ向かう智史と花梨。

佑司は父親を亡くしたあと母親に捨てられて、花梨と一緒に施設で暮らしていたことを智史は思い出していました。

二人は病院のベッドで眠る佑司に再会。

人工呼吸器を付けた変わり果てた姿です。

そこへ葛城桃香(北川景子)が声をかけます。

佑司は桃香の画材店でバイトした帰り道、バイクで転倒したのでした。

 
雑誌で“Trash”を見た佑司は大喜び、個展を開く佑司は智史を招待するつもりでした。

ところが個展の話を持ち掛けた母親の話は嘘、金だけを受け取りまた佑司を捨てたのです。

桃香が見せてくれた佑司のスケッチブックには、三人とトラッシュが描かれていました。

あの場所へ来た二人、廃バスだけが錆びついて残っています。

 
──小学生だった三人が一緒に過ごしたのは一年だけ。

町を引っ越してしまう智史に「また会えるよ、約束」そう言ってくれたのは佑司でした。

智史が乗る別れの電車が来ると、花梨は智史に『フランダースの犬』を渡しキスをします。

あの時と同じように町を離れる電車に乗る智史。

花梨は「ここに残る」と言い、智史は何も言えず電車は動き出しました。

ガラス越しに佑司を見つめる花梨、ふと眠気が襲います。

 
床に一粒落ちる薬を拾った智史に「花梨ちゃんのだろ」と様子を見に来た悟朗がすべてを話しました。

「さいごに智史に会いに来たんだよ」悟朗の言葉に花梨のもとへ急ぎます。

──三人でトラッシュの死を悲しんだこと。

「眠っているだけ、死んでない!」と花梨が叫んだことを思い出す智史。

「花梨!起きてよ!」泣いている智史が目の前にいます。

廃バスで眠っている花梨が目を開けると、智史はやっと「好きなんだ」と言えました。

深い眠りと共に花梨の手から落ちるプリズム。

夜が明け、眠りの中にいた佑司が目を覚ましました・・・

 

「そのときは彼によろしく」最後ラストの結末

夢に囚われそのまま眠り続け死んでいく。

やっと三人揃ったのに、花梨はベッドで眠っています。

夢の中で花梨に会ったと言う佑司。

佑司が取り出したスケッチブック、そこには智史に出会ったあの日からの花梨の想いが綴られていました。

残された時間を智史と過ごしたいと“Trash”に現れた花梨。

子どもの頃と何も変わらない智史、その彼の未来に自分は居ないと・・・智史と駅のホームで別れた日、花梨は泣き崩れていました。

佑司が目覚めると信じる花梨。

目覚めて智史に会えたら“そのときは彼によろしく”と書き残します。

 
オニバスの種を花梨に届ける智史。

美咲がパリに勉強に行くこと、佑司と桃香に子どもができたこと。
夏目が会計士になれて店を一人でやることを花梨におしえます。

プリズムのペンダントを花梨につけると、智史はおでこにキスをするのでした。

 
花梨が眠って5年、佑司は個展を開き三人が過ごした秘密基地の風景が飾られます。

悟朗は静かに天国に旅立ちました。

オニバスの種から新芽が出ています・・・

 
雪が舞う夜、仕事から戻る智史を待っていたのは眠りから目を覚ました花梨です。

悟朗が「帰り道を教えてくれた…」と。

夢で会った悟朗に、きっと智史に会えるから“そのときは智史によろしく”と伝えてと花梨は託されました。

泣き出す智史を抱きしめる花梨。

「おかえり、花梨」

「ただいま」

THE END

 

「そのときは彼によろしく」見どころ

物語の必須アイテム“プリズム”のようにキラキラしている長澤まさみの10代さいごの映画作品。

ノスタルジックな世界観が盛り沢山すぎるラブファンタジーです。

今作は恋愛よりも、親子愛が印象に残り胸がじんわり温まるかもしれません。

智史の父・悟朗役の小日向文世。

母・律子役の和久井映見、ほのぼのとした柔らさが画面いっぱいに溢れたふたりも魅力的で、彼らの愛情を受け取る子どもたちにウルっとさせられます。

 
9歳になった花梨に白いワンピースを贈った律子。

彼女に抱きしめられた花梨が、母を求めるように律子の背中に手をまわす…。

入院している律子が花梨に「ウチのお嫁さんになってくれたら嬉しいな」と話すのを、見守る悟朗の優しい顔も素敵です。

 
もう1人の男の子、佑司も抱きしめてあげたくなります。

実の母に捨てられても、彼女のしあわせを考える出来すぎた佑司。

子どもの繊細な表情に切なくなり、おとなになった佑司役の塚本高史が魅せる孤独も胸が痛いです。

桃香(北川景子)としあわせになって欲しいと願わずにはいられません!

 
まだ細く子どもっぽい顔の山田孝之が観れる貴重な!?作品です。(以降『クローズZERO』や『闇金ウシジマくん』など骨太になっていきます…。)

夢の中で繋がれていく想い、そして命・・・

「つよいチカラで引き合っていた三人」がもたらした不思議な物語です。

この「そのときは彼によろしく」はU-NEXT で無料で見る事が出来ます。
31日間無料体験できますので、その期間中にいろいろな作品を見る事ができます。
無料期間内の解約であればお金は一切かかりません。

みんなの感想

テキストのコピーはできません。