「かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~」ネタバレ!あらすじや最後ラストの結末と見どころ!

映画「かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~」ネタバレ あらすじラブストーリー

映画「かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~」は、 平野紫耀・橋本環奈共演、河合勇人監督の2019年の映画です。

この映画「かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~」のネタバレ、あらすじや最後ラストの結末、見所について紹介します。

プライド高いふたりのラブストーリー「かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~」をお楽しみください。

 

「かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~」あらすじ

由緒ある名門校・秀智院学園。

そこに通う生徒は名家の御曹司や令嬢ばかりで、エリートたちが集まる高校です。

この学園の生徒会会長を務める白銀御行(平野紫耀)は1年生にして生徒会長に選ばれた秀才。

副会長を務める四宮かぐやは日本でもトップクラスである四宮グループの令嬢です。

二人は互いに気持ちがあるものの、自分から気持ちを伝えるなんてプライドが許さず何もないまま2年生へと時が流れてしまいます。

気持ちをこじらせたまま時が過ぎた二人はどうやって相手に告白させるか、切れる頭を使った恋愛頭脳戦を勃発させていくのです。

さて結末は?・・・

 

「かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~」ネタバレ

ある日、生徒会書記である藤原千花(浅川梨奈)が映画のチケットが余ったから誰か貰ってくれないかと提案します。

その映画を男女で見ると結ばれるというジンクスがあると聞いてかぐやと白銀はどちらから映画に誘うかという頭脳戦を繰り広げるのです。

実はこのチケット、白銀から告白させるためにかぐやが仕込んだものでした。

しかし、プライドが高すぎる2人は素直に誘えません。

かぐやは白銀にババ抜きで勝負を挑み、勝った方が負けた方に何でも願いごとが出来るというルールを設けるのです。

 
駆け引きを繰り返した勝負の結果、白銀が勝利します。

白銀は「おまえが藤原書記から貰ったこのチケット1枚もらう。残りの1枚はおまえが好きに使え。もしかしたら明日バッタリ出くわすなんて偶然ないよな。」とかぐやに告げるのです。

その週末、偶然を装って映画館で遭遇した2人でしたが、かぐやが映画館の座席のシステムを理解していなかったため結局隣の席で映画を見る事が出来ないという残念な結果に終わってしまうのでした。

 
後日、田沼翼(ゆうたろう)に恋愛相談を持ち掛けられた白銀。

かぐやは、白銀の好きなタイプが分かるかもと白銀と田沼の会話をのぞき見します。

恋愛下手な白銀が答える内容な的外れな回答ばかりでしたが、田沼の恋は見事成就するのです。

 
生徒会室では千花が飼っているペットの話に花を咲かせます。

千花は「“おすわり”や“待て”は出来るのに“ちんちん”が変なんです」とかぐやに話すと、かぐやは“ちんちん”に反応して笑いが止まらなくなってしまいます。

かぐやの様子に気付いた千花は、わざと“ちんちん”を連発してかぐやを笑わせようとします。

千花は白銀にも“ちんちん”を言わせようとしますが、頭の切れるかぐやに邪魔され「かぐやさんは“ちんちん”が好きなんです。」と誤解を招く言い方をしてしまうのです。

それを聞いた白銀はペットの話だと知らないため、かぐやに「「変態!」と言葉をかけてしまいます。

白銀から変態と言われたかぐやはショックのあまり寝込んでしまうのです。

 
千花から、熱が出たかぐやは甘えん坊になると聞いた白銀はかぐやの見舞に訪れます。

千花の言う通り甘えん坊になっていたかぐや。

無意識で白銀をベッドに誘うのです。

かぐやが目を覚ますと、隣に白銀が寝ていることに気付いて「なんでベッドに潜り込んでいるんですか?変態!」と暴言を吐いてしまいます。

指一本触れていない白銀はその言葉がショックで無言のままかぐやの部屋を後にするのです。

それからぎくしゃくしてしまった2人でしたが、白銀が「指一本ふれていないと言ったが、指一本だけ唇に触れてしまった。」と本当の事を伝えると、かぐやは人差し指で白銀の唇に触れ「これでお相子です。楽しい夏休みを。」と言って無事仲直りして夏休みを迎えるのでした。

 
楽しい夏休みを迎えられるかと期待したかぐやと白銀でしたが、行動を起こせない2人は何もすることなく夏休みの半分を終えてしまいます。

かぐやの様子を見かねたかぐやの侍女である早坂愛(堀田真由)は白銀のツイッターをかぐやに見せ、白銀も暇な夏休みを送っていることを教えるのです。

ツイッターのアカウントを取得したかぐや。

千花から花火に誘われて生徒会メンバーで花火に行く事に。

 
白銀、千花、そして生徒会会計を務める石上優(佐野勇斗)が花火会場に集まる中、かぐやだけが姿を現しません。

花火が始まっても姿を見せないかぐやを心配していたその時、早坂がやってきて「かぐや様は来られません。先日映画館に足を運ばれたことがバレてお父様からのお許しが出なかったのです。しかし、かぐや様はとても楽しみにしておられました。」そう告げるのです。

かぐやは部屋の窓から花火を眺めていましたが、どうしてもみんなと花火が見たくてロープで部屋から抜け出します。

タクシーで会場に向かったかぐやでしたが、渋滞にはまってしまい途中から走って会場へと向かいます。

しかし、会場に着いたときにはもう花火は終わっていました。

 
泣き崩れるかぐやの前に白銀が現れます。

白銀はツイッターでかぐやが「みんなと花火が見たい」と呟いていたのを見ていたのです。

切れる頭をフル回転させかぐやの動向を読みかぐやの前に現れたのでした。

房総の花火大会が9時までやっていると調べた白銀は生徒会メンバーでタクシーに乗って房総を目指します。

皆が「間に合え」と願う中、タクシーの中から花火を見る事が出来た生徒会メンバー。

かぐやは皆に感謝するも白銀の横顔から目をそらすことが出来ませんでした。

 
新学期、顔を合わせたかぐやと白銀。

2人は意識しすぎて互いを避けてしまいます。

そのまま生徒会解散を迎えてしまうのです。

 
生徒会室の片づけを終え下校する時、かぐやが倒れてしまいます。

かぐやはそのまま入院することになってしまいますが、早坂からかぐやの母親も心臓病を患って亡くなっているということを聞いた白銀。

かぐやが無事に退院してもかぐやの体調が心配でしかたありません。

 

「かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~」最後ラストの結末は?

かぐやが生徒会長に立候補したと聞いた白銀は、かぐやに無理をさせないため自分も再び生徒会長へと立候補します。

白銀が立候補するなら自分はまた副会長にと言うかぐやでしたが、白銀は「おまえは生徒会にはいらない。四宮を副会長にしたことを後悔している。」そうかぐやに告げるのです。

白銀の気持ちを知らないかぐやは、白銀との激しい選挙戦を繰り広げます。

そんな中、早坂から白銀と千花が密会しているという情報を得たかぐや。

生徒会選挙当日、かぐやは2人の密会現場を演説の席で全生徒に公開するのです。

 
しかし、それは密会ではなく千花からソーラン節を習っていただけだったのです。

白銀はかぐやの担当医がテレビでストレス解消にはソーラン節が良いと言っていたのを聞いて、選挙が終わったらかぐやとソーラン節を踊ろうと思っていたのでした。

その証拠に全生徒の前でソーラン節を披露する白銀。

そんな白銀の姿を見たかぐやは演説で「私は浅ましい人間です。生徒会長には白銀御行しか考えられません。」と白銀を推薦します。

それを聞いた白銀は「お前が浅ましいだと?お前ほど気高くて美しい人間はいない。この学園の生徒会長には四宮かぐや以外考えられない。だが俺はお前に生きて欲しい。お前の身体じゃ生徒会の仕事は無理だ。お前に無理をさせないために俺が会長にならなければならないんだ。」そうかぐやに本音を漏らすのです。

かぐやは「私が倒れたのは好きだからです。」と勇気を出して気持ちを伝えます。

白銀も「俺の方が好きだ大好きだ!」そう告白します。

しかし学園全員の前で告白合戦をしてしまったことに気付いた2人は取り繕ったかのように「好きなんです。生徒会が。」そう付け加えるのでした。

 
白銀は再びかぐやに副会長を任命し、良い雰囲気になる2人。

キスをしようとした時、千花と石上に邪魔されてしまいますが千花がふたりをからかって背中を押した拍子にキスをしてしまうかぐやと白銀。

ハプニング的なキスでしたが、2人はまたしてもどちらがキスをしたがったのかという頭脳戦を繰り広げるのでした。

おしまい

 

「かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~」見どころ

人気漫画を実写化した作品ですが、キャストが美男美女ばかりなので漫画から出てきたような再現率にビックリします!

コミカルな作品ですが、主人公2人のピュアで可愛らしい雰囲気がとても良表現されていて笑いだけではなく胸キュンもしっかり味わえる作品でした。

かぐやと白銀を見守る生徒会メンバーや友人などの描写もあって、ほっこりとしたストーリーになっているのも良かったです。

みんなの感想

テキストのコピーはできません。