「トイ・ストーリー2」ネタバレ!あらすじやラスト最後の結末と見どころ!

映画「トイ・ストーリー2」ネタバレ あらすじアニメ

映画「トイ・ストーリー2」は、ジョン・ラセター監督の1999年のディズニー&ピクサー作品です。

この映画「トイ・ストーリー2」のネタバレ、あらすじや最後ラスト、結末や見どころを紹介します。

これで「トイ・ストーリー2」のすべてがわかります。

 

「トイ・ストーリー2」あらすじ

不用品バザーに出された仲間を助けようとしたウッディは、オモチャ屋の経営者に誘拐されてしまいます。

ウッディは、かつてのテレビ番組の人気キャラクターで、コレクターズアイテムとして高額の値段がついていたのです。

バズたちは誘拐されたウッディの救出に向かいますが、そこには数々の難題が・・・

もし、文章のネタバレではなく動画で見たい!なら U-NEXT で今すぐ無料ポイントで見る事が出来ます。
無料登録して31日間のお試しの後で本契約をするかどうか決めれば良いです。この間、お金はかかりません。

 

「トイ・ストーリー2」ネタバレ

少年・アンディの“おもちゃ箱”には、たくさんお気に入りのおもちゃが…。

個性的なおもちゃたちは、今日も人間に見つからないよう、気ままに遊んでいました。

部屋中を、ドタバタと動き回るカウボーイ人形・ウッディ。
なくなった“カウボーイハット”を探していたのです。

これからアンディと一緒に、カウボーイ・キャンプへ行くというのに…。

出発の時間は迫っていました。

スペース・レンジャーのバズ・ライトイヤーをはじめ、仲間のおもちゃは一斉捜索に!

 
陶器人形のボー・ピープはアンディの妹・モリ―の部屋を。

ミスター・ポテトヘッドは、愛するミセス・ポテトヘッドのイヤリングをみつけてイチャついています。

あきれて、イラつくウッディにボーは、“ANDY”と書かれたウッディの“くつの裏”を見るよう言いました。

たとえ帽子をかぶっていなくても、アンディはあなたを連れて行ってくれると。

恐竜・レックスと陶器人形の3匹の羊がふざけていると、テレビのスイッチが入ってしまいました。

画面には、“にわとりの着ぐるみをきた男”が映るのでした。

 
バネの胴をもつ犬・スリンキーが良い知らせと、ウッディの帽子を持ってきました。

そして、わるい知らせ…。

アンディの愛犬・バスターが部屋に駆け込んできたのです。

あわてて、おもちゃのフリ!?をするウッディたち。

バスターはウッディに狙いをさだめて…じゃれてきました。

彼らは仲良しなのです。

安心したのも束の間、つぎはアンディが部屋に近づいてきました。

今度こそ、本気でおもちゃのフリをするウッディたちでした。

 
カウボーイ・キャンプ出発まで、あと5分。

アンディは、おもちゃたちと目一杯あそぶのでした。

ところが、ウッディの腕をひっかけ中綿が出てしまい、ウッディは置いていくことに。

アンディもウッディも、仲間のおもちゃも寂しそうです。

 
――静かなときは過ぎ、アンディが帰ってきました。

さっそく、ウッディと遊ぶアンディでしたが、腕が破れていることを思い出しました。

すると、「ウッディなんかいらない…。」と遊んでいたその手を離すのでした――

こわい夢から覚めたウッディ。

すこしホコリをかぶる部屋から、せき込む音がしました。

ペンギンのおもちゃ・ウィージーです。

もとは、音(声)が出るおもちゃで、アンディのお気に入りでした。

修理に出す事を忘れられ、壊れたまま音を出せず、助けを呼べなかったのでした。

「壊れたら、捨てられる。」と、ウィージーが指さすのは、庭先でアンディのママが準備している“ガラクタ市”でした。

 
おもちゃたちがあわてていると、部屋にママがやって来る足音が。

大きな箱を持ったママは、“ガラクタ市”に出すおもちゃを選ぶのでした。

輪投げ、ボードゲーム、次々と箱に入ります。

そして、小さく「じゃあね。」と言ってウィージーも行ってしまいました。

ウッディは、ウィージーを助けようと、バスターを呼び外へ出ました。

“ガラクタ市”にあつまる人のなか、無事にウィージーを発見、バスターに乗せて脱出するだけ。

ところが、ウッディが落ちてしまったから大変です!

「おれのブーツにゃ、ガラガラヘビ!」

ウッディの声に、ひとりの男が気づき、喜んでいるようです。

ママは、売り物ではないとウッディを隠すのですが、男は黙ってウッディを持ち去ってしまいました。

その様子を見ていたバズたちは大あわて!

おもちゃたちは、“ウッディ誘拐事件”の会議を開きます。

みんな、言いたい放題でうまく進みません。

すると、バズが男のくるまのナンバーと、拾った“にわとりの羽”から犯人の割り出しに成功しました。

ウッディを誘拐したのは、前に見たテレビCMの“にわとり男”だったのです。

 
その頃――

男が居ない隙に、脱出を試みるウッディは、段ボールから物音がするのに気づきました。

あらわれたのは、カウガール人形・ジェシーと、馬のブルズアイです。

ウッディを乗せて走り回るブルズアイ。

そして、「本物!」と言って大喜びのジェシー。

なにが何だか、わからないウッディでした。

ジェシーは、プロスペクターに会わせなきゃと、はしゃいでいます。

プロスペクターとは、真っ白なヒゲをたくわえた、金鉱掘りのおじいさん人形。

まだ、箱から出たことのない、“新品”なプロスペクターは、“ウッディのこと”を話はじめました。

 
じつは、ウッディ、ジェシーとプロスペクター、そしてブルズアイは、「ウッディのラウンドアップ」というテレビ番組のキャラクターだったのです。

ウッディは、自分が描かれたポスターを見て目を輝かせるのでした。

アンディの部屋では、バズたちが“にわとり男”の居場所を見つけ出すことに成功。

バズ、ミスター・ポテトヘッド、レックス、ぶたの貯金箱・ハム、そしてスリンキー。

精鋭部隊が“ウッディ救出作戦”へ出発するのでした。

 
ウッディは「ウッディのラウンドアップ」のビデオを見て楽しんでいました。

「つづきを見よう。」と言っても、プロスペクターから悲しいことを聞きます。

「これで終わり。ヒーローは、ふたりもいらない。」と。

打ち切るように終わった物語。

時代が変わり、子どもたちは、カウボーイ人形よりロボットで遊ぶようになったのです。

たくさんある自分のグッズに、心変わりを認められないウッディでした。

 
プロスペクターは、「一緒に、博物館に行こう。」と言い出しました。

日本の有名な“おもちゃ博物館”に売られることが、プロスペクターたちの夢だったのです。

でも、ウッディは、自分は“アンディのおもちゃ”だと、誘いを断りました。

突然、苦しみ出したジェシー。

理由を聞くと、プロスペクター、が語りだしました。

博物館は、全員揃ったセットでしか、買い取ってくれない。

これまで、プロスペクターたちは、暗い倉庫のしまわれ、主人公・ウッディが来ることをずっと待っていたのだと。

やっと来たチャンスでした。

腕が破れているウッディを見て、大事にしてくれる場所へ行こうというプロスペクター。

ジェシーも倉庫には、戻りたくないとケンカがはじまってしまいました。

 
その時、“にわとり男”・アルが帰ってきました。

仕方なくもとの場所、段ボールに戻るジェシーたち。

アルは、揃った人形をあつめて写真撮影をしようと、ウッディをガラスケースから出しました。

すると、誤ってウッディの腕から伸びる糸を引っかけ、腕が完全に取れてしまいます。

アルは、電話で誰かに助けを求め、部屋を出ていきました。

「腕が無い!」とパニックのウッディに、ジェシーは冷たいのでした。

 
夜、部屋のソファーでは、アルが大いびき。

ウッディは、アルの胸ポケットに入る、“腕”を奪おうと近づきます。

しかし、突然テレビがつき、アルが目を覚まし失敗。

偶然?テレビリモコンがジェシーの目の前にあったことで、ウッディとジェシーは、またケンカをしてしまうのでした。

 
翌朝、アルのおもちゃ屋にたどり着いた精鋭部隊。

アルの部屋には、あやしげな老爺があらわれ、ウッディを繕いはじめました。

しばらくすると、その見た目からは想像できない、老爺の見事な手つきで、ウッディは新品のようによみがえったのです。

それを見て、アルは大喜びするのでした。

アルのおもちゃ屋を捜索するバズは、大量に並ぶバズ・ライトイヤーを見つけました。

その中の一体に捕まってしまうバズ。

彼は、忠実に任務をこなしているだけ…。

バズは以前の、スペース・レンジャーと信じて疑わなかった自分を見ているようでした。

すっかり箱の中に入れられてしまったバズに、レックスたちは気づくこともなく、“ニセモノ”のバズと行ってしまいます。

 
きれいになったウッディは、上機嫌。

しかし、ジェシーとの仲は険悪でした。

ウッディが、アンディに大事にされているのは分かるというジェシー。

「エイミー…。」

かつてジェシーの持ち主だった女の子です。

ふたりは、いつも一緒でした。

しかし、成長したエイミーは、ジェシーから離れて行ったのでした。

そう、いつかは、別れが来ると…。

ジェシーの気持ちを知ったウッディは、心が揺れ動きます。

 
博物館への交渉を成立させたアルは、出発することになります。

追いかける“ニセ”バズたちは、アルのかばんに忍び込みました。

“本物”バズは、力尽くで箱から抜け出し、車に乗りこむアルを追いかけます。

店にある、おもちゃの箱を倒しながら進むバズ。

知らぬ間に、宿敵・ザーグの箱が開いてしまったことも気づかずに…。

アルは、とあるビルに到着するも、かばんを持たずに行ってしまい、レックスたちは困ってしまいます。

装備されたアイテムを使うも、うまくいかない“ニセ”バズ。

偶然さわったスイッチで、運よく車のドアを開けることが出来ました。

 
今度は、エレベーター問題。

どうやって23階まで行くか?

ヒミツの入り口を見つけた“ニセ”バズは、敵(アル=ザーグの手下)を追いかける使命感に満ちていました。

その頃、みんなで日本に行くことを決めたウッディ。

“ニセ”バズたちは、無事にウッディを発見。

いざ、ウッディ奪還!

と、そこへ、“本物”バズが登場して、混乱するウッディたち。

バズは、あしの裏に書かれた“ANDY”を見せるのでした。

 
ウッディは、バズにジェシーたちのこと、自分の“凄さ”を説明するも理解してもらえません。

バズは、「おもちゃは、子どもたちと遊び、愛されることこそ喜び。」と、以前、ウッディがバズに言った言葉を伝えました。

しかし、捨てられる恐怖を考えてしまったウッディは、“ガラスケース”に入ることは名誉と、拒んでしまいます。

おもちゃ精鋭部隊は、ウッディを残し、アンディの家に帰ることに。

せつない顔のウッディは、あしの裏に書かれた“ANDY”の文字を見て考え直しました。

ジェシー、ブルズアイに声を掛けます。

「一緒にアンディのところへ行こう。」

すると、プロスペクターは、けっして帰さないと道をふさぐのでした。

 
これまで、子どもに愛されたことがないプロスペクターは、コレクターズ・アイテムになることが一番よいと考えるのでした。

昨夜、勝手についたテレビも、プロスペクターの仕業だったのです。

なんとか、逃げ出したいその時、アルの足音が聞こえてきました。

箱詰めされてしまうウッディ。

さらに、ウッディを追うバズの前に、ザーグが現われてしまいます。

そして、ザーグと戦う“ニセ”バズは、衝撃の真実を知ることになるのでした。

「うそだーーー!!!」

 
空港へ向かうアルの車を追いかけるのは、バズが運転する“ピザ・プラネット”の車。

すでに、ウッディを入れた荷物は預けられてしまいます。

バズたちも、急いでベルトコンベアに潜入。

めざすは、緑のスーツケース!

しかし、目の前には、無数の荷物がありました。

 
荷物から荷物へ、走りまわるバズたちは、緑のスーツケースを次々開けていきました。

ポテトヘッドが開けたのは、高級カメラが入った違うかばん。

バズが見つけたかばんを開けると、プロスペクターがいきなり殴りかかりました。

怒ったウッディは、プロスペクターに立ち向かいますが、また腕を破かれてしまいます。

追い詰めるプロスペクターに、フラッシュがひかり、目をくらませ逆転勝利!

ポテトヘッドたちです。

さあ、ウッディがプロスペクターにした“仕返し”とは…?

 

「トイ・ストーリー2」ラスト最後の結末

プロスペクターは、女の子のリュックにいました。

「これから、いっぱい遊んでもらえよ!」と見送るウッディたち。

安心したウッディでしたが、ジェシーの救出がまだでした。

ジェシーを乗せたエアカーゴは、走り出してしまいます。

ブルズアイに乗り、追いかけるウッディとバズ。

飛行機に積まれる荷物にまぎれ、ジェシーが居る緑のスーツケースを開けました。

再会したふたりは、アンディの家に帰るのです…が、間に合わず飛行機の扉は閉じるのでした。

 
なんとか、外への出口をみつけたものの、落ちそうになるウッディ。

精一杯のばしジェシーと繋ぐ手は、破れた腕が取れそうなほどです。

そこへ、ブルズアイとバズが助けにやってきました。

ウッディは背中のひもを車輪のネジに掛け、ジェシーと一緒に飛び降りようとします。

「ウッディのラウンドアップ」最終回をつくろうと。

こころを決めたふたりが飛び出しました。

そして、待ちかまえたブルズアイとバズに飛び乗り、今度こそ助かったのでした。

「そんじゃ、帰ろう。」

 
アンディがカウボーイ・キャンプから帰ってきました。

真っ先に、ウッディの元へ急ぐアンディですが、見当たりません。

がっかりして振り返った先に、ウッディそして、あたらしい仲間・ジェシーとブルズアイがいました。

ジェシーとブルズアイを手に取り、喜ぶアンディは、さっそく遊びはじめました。

ウッディの腕もアンディが直してくれました。

あしの裏に“ANDY”と書かれしあわせそうなジェシーとブルズアイ。

テレビには、大損をしたアルが泣きながら“安売りセール”を宣伝しています。

ウッディのもとに、きれいな声が出るようになったウィージーが来ました。

ウィージーの歌声に、おもちゃたちは楽しい時間を過ごすのでした。

これから、アンディが成長したとしても、ウッディには仲間がいるから大丈夫…と。

 

「トイ・ストーリー2」見どころ

今作もドタバタ大騒動!!

あたらしい仲間・ジェシーとブルズアイが加わり、今後、さらにパワーアップすることになる、大切なシリーズ2作目です。

おおきく躍進したキャラクターといえば、ピザ・プラネットの“リトル・グリーン・メン”(LGM)。

みどり色で、目が3つのエイリアンです。

登場は、終盤の空港へウッディを追いかけるシーン。

バズたちが乗り込んだ、ピザ・プラネットの車内にぶら下がっています。

じつは、車を発進させるためのアドバイスをくれるんです。

勢いあまって、車外へ飛びそうになったLGMを、ミスター・ポテトヘッドが助けたことから、「いのちの恩人、感謝永遠に…。」とつきまといます。

とうとう、ミスター&ミセスポテトヘッドの養子になってしまう!強烈です。

 
今回、ディズニー・ヴィランズ(敵)は、プロスペクターでした。

これまで、誰にも遊んでもらえなかった“寂しいおもちゃ”が、自分の価値、居場所を見つけられたのに叶わなかったのも、かわいそうな気もします。

でも、あたらしい持ち主をウッディに見つけてもらえたから、たのしい“おもちゃ人生”を過ごしてほしいですね。

エンド・クレジットには、おもちゃたちの“映画撮影NG集”がながれます。(ジャッキー・チェンの映画のような。)

さいごまで、ウッディたちの冒険、そして友情をお楽しみください!

この「トイ・ストーリー2」は、U-NEXT で今すぐ無料ポイントで見れます。
さらに31日間無料体験できますので、思う存分色々な作品を見ても、期間内に解約すれば一切お金はかかりません。

みんなの感想

テキストのコピーはできません。