「サカサマのパテマ」ネタバレ!あらすじや最後ラストの結末と見どころ!

映画「サカサマのパテマ」ネタバレ あらすじアニメ

映画「サカサマのパテマ」はパープルカウスタジオジャパン制作、吉浦康裕監督の2013年のアニメ映画です。

この映画「サカサマのパテマ」のネタバレ、あらすじや最後のラスト結末、見どころについて紹介します。

重力が逆転してしまった独特なサカサマの世界の謎をひもとく冒険ファンタジー「サカサマのパテマ」をご堪能ください。

 

「サカサマのパテマ」あらすじ

地下世界で暮らす少女パテマ(声:藤井ゆきよ)。

地下世界には危険区域とされる場所があり、そこに立ち入ってはいけないと言われています。

しかし、パテマは今暮らしている狭い世界だけではなく、もっと外の世界を知りたいと、防塵マスクを着けながらその危険区域に毎日足を踏み入れていました。

そこには、光で照らすとキラキラとしたものが浮かんでいて、パテマはそれを見るのが好きだったのです。

しかし、掟を重んじるにジィ(声:ふくまつ進紗)に危険区域に行ったことがバレ、毎回叱られてしまいます。

怒られ慣れているパテマはジィの言葉に耳を貸そうとしません。

パテマの幼馴染であるポルタ(声:大畑伸太郎)は、どうにかパテマを危険な目に遭わせないようにと、危険区域にはコウモリ人間がいて、見つかると襲われてしまうのだと警告するのです。

 
パテマは地下世界にいた冒険家ラゴスに憧れていました。

しかしラゴスは数年前、空の写真をパテマにプレゼントしてまた冒険に出かけます。

その後行方が分からなくなっているのでした。

ある日、いつものように危険区域に入ったパテマは天井に張り付いている、コウモリ人間と呼ばれる人物を見てしまいます。

その人物はパテマを見つけると、逆さまにぶら下がったままパテマを追ってくるのです。

パテマはコウモリ人間からやっと逃げ切ったと安心したその時、誤って穴に落ちてしまうのです。

 
地上世界アイガに住むエイジ(声:岡本信彦)という少年は、大きな穴が広がる場所の近くで夜空を眺めていました。

ふと近くに何か物音がしてそこを見やると、フェンスにリュックがひっかかっていました。

それも宙に浮くように。

不思議な出来事に呆然としているエイジの前にリュックを取るためにフェンスをよじ登るパテマが現れ・・・

もし、文章のネタバレではなく動画で見たい!なら U-NEXT で今すぐ無料で見る事が出来ます。
無料登録して、31日間のお試しの後で本契約をするかどうか決めれば良いです。

 

「サカサマのパテマ」ネタバレ

エイジに驚いたパテマはフェンスから足を滑らせてしまい咄嗟にフェンスにしがみつきます。

その光景はまるで空に落ちるような状態でパテマの足が空に向いているのです。

エイジはパテマを助けるため手を取ります。

するとパテマがエイジを吊るすような体勢で空へと昇っていきました。

パテマにしたら空へと落ちていく感覚なので、思わず握っていたリュックを落としてしまいますが、今度はゆっくりとエイジのいる地上側へ体が戻っていきます。

 
エイジは行き場のないパテマを自分の家に連れて行くことに。

天井に足を付き、床に向かって立っているパテマを改めて見たエイジはパテマの事をサカサマ人だと言います。

しかしパテマにとってもエイジはサカサマに立っているサカサマ人なのです。

エイジは学校へ行くため、必ず戻るからとパテマと約束して家を出ます。

アイガではかつて、何人もの人間が空へと消えてしまった過去があるため、国民は厳しく管理され規律と秩序が大切とされていました。

そして空を見るということも禁止されているのです。

 
部屋で一人寂しくエイジを待っていたパテマ。

エイジはパテマの為に食料を持って帰ります。

その夜、エイジが空を眺めているとパテマもそこへやってきます。

エイジは夜空がキレイだとパテマに言いますが、パテマにとったら夜空を見下ろすことになるので怖くて夜空を見る事が出来ません。

しかし、勇気を出して覗いた夜空は星がキラキラと輝きとてもキレイだったのです。

 
エイジはパテマが夜空をきれいだと言ってくれたことに感動します。

今まで誰もそう言ってくれなかったからです。

エイジの父親は夜空が好きで、空を飛ぶ乗り物まで作っていました。

しかし、その乗り物に乗って事故に遭い亡くなってしまったのです。

パテマはエイジの父親が、夜空が好きという事が良く分かると話し、初めて父親の事を理解してもらったエイジは涙を流すのでした。

 
その頃、アイガの君主イザムラ(土師孝也)はサカサマ人がアイガに侵入したことを気付いていました。

治安警察は、イザムラの指示に従いサカサマ人を探すことに。

そしてエイジの家にいるパテマを探し当てます。

治安警察を見て、すぐにパテマを捕まえに来たのだと気づくエイジ。

パテマと手を握り家を飛び出したエイジは、パテマにぶら下がっている事で身体が軽くなりふわふわと飛ぶように移動できることに感動します。

しかし、治安警察が放った網に捕われ、エイジが気を失っている間にパテマは捕まり塔に監禁されてしまいました。

 
目を覚ましたエイジは治安警察から暴行を加えられ、サカサマ人を見たことは忘れるんだと言われます。

一方、捕らわれてしまったパテマはイザムラから、過去の恐ろしい実験が失敗したせいで、アイガの祖先以外は重力が逆転してしまいあらゆるものが空へと消えたと聞かされます。

そして、その時サカサマになっても落下を免れ地下で暮らすようになったのがパテマ達地下世界の人間なのだと。

パテマと同じ地下世界の人間が以前にも現れたと言い、イザムラが見せたのはラゴスの死体でした。

 
パテマを守れなかった事を悔やみ落ち込んだエイジはパテマと出会ったフェンスのある場所へと向かいます。

するとそこにロープが伸びパテマと同じようにサカサマになって表れた人物が。

パテマの幼馴染のポルタでした。

ポルタはパテマを捜しに来たのです。

地下世界にエイジを連れ帰ったポルタ。

ジィに会ったエイジは、管理センターの捕らえられているパテマを助けるために力を貸して欲しいと訴えます。

 
地下世界の危険区域と管理センターが繋がっていると聞いたエイジとポルタは、塚世界と命綱を繋ぎながら互いの重力を使って管理センターの最上階を目指すことに。

しかし、管理センターの中は多くの監視カメラで厳しく管理されていて中々上手く進めません。

どうにか監視カメラから逃れた先はポルタが進めない場所だったため別れて最上階を目指し、エイジはパテマが監禁されている部屋を見つけます。

パテマを抱きしめ一人にしてしまったことを謝るエイジでしたが、そこへ治安警察を連れてイザムラがやってきます。

逃げ道のないエイジは部屋の天井にあるガラス窓を椅子で割り外へ出ることに。

しかし、パテマの足にはおもりがついていたためエイジの体重では支えられず空へ吸い込まれそうになってしまいます。

 
二人が手間取っている間にイザムラはエイジからパテマを奪い返します。

そして部下にエイジを銃で撃つよう指示するのです。

それをみたパテマはイザムラを振り切りエイジに向かって手を伸ばします。

抱き合った二人は空へと消えていきました。

 
上昇を続けたエイジとパテマ。

星空へと近づいていると思っていたエイジたちでしたが、星の光だと思っていたのはビルの光でした。

無数にビルが立ち並ぶ場所に着地した二人はパテマがアイガに来た時に失くしたリュックを見つけます。

そしてその先には、エイジの父親が作った空を飛ぶ乗り物もありました。

 
その乗り物の中で父親の日記を見つけたエイジは、父親とラゴスがアイガで出会い友人としてつき合いがあった事、そして自分の夢を実現させるためにラゴスに協力をしてもらった事が綴られていたのです。

エイジの父親は、アイガ、地下世界、どちらの人間も共に共存していきたいというラゴスの夢も叶えたいと書かれていました。

日記に書かれた機械の使い方を読んで、空飛ぶ機械を動かすことに成功したエイジとパテマは地上へとゆっくり落下していきます。

しかし、それを見つけたイザムラは治安部隊を出動させ、エイジたちを狙い撃とうとします。

 
乗り物から治安警察を確認したエイジはパテマと抱き合い乗り物から降りて地下世界と通じる穴へと降りていきます。

そこでは、地下世界に戻ったポルタの報告でパテマと最後のお別れをするため、みんなが集まっていました。

パテマが生きていたことを喜ぶポルタたちでしたが、空飛ぶ乗り物でイザムラたちも地下世界へとやってきてしまうのです。

乗り物が落ちてきた衝撃で地下世界の奥へと落とされてしまったパテマとエイジ。

そして、イザムラが乗る乗り物に飛び乗ったポルタと共にイザムラも地下の奥へと落下していくのでした。

 

「サカサマのパテマ」最後ラストの結末は?

最奥まで落ちた四人。

イザムラはパテマを渡すようエイジに銃を向けます。

エイジはそれを拒否しますが、右足を撃たれてしまいます。

それでも必死でパテマを抱きしめるエイジ。

そんなイザムラに飛びついてエイジを助けようとしたポルタでしたが、振り切られ最奥から地上へと落下してしまいました。

 
ポルタを振り落とした際に銃を失ったイザムラはナイフを取り出します。

これではエイジが危険だと感じたパテマは、エイジに「さようなら」と囁きイザムラへと飛びつきます。

イザムラが掴まれたパテマの手をはなそうとしたその時、床が崩れます。

そこに現れたのは青空でした。

ゆっくりと青空へと上昇していたイザムラでしたが、崩れた振動で落ちてきた空飛ぶ乗り物に当たり、パテマを残して空へと急上昇していきます。

 
手を離されたパテマは気絶していましたが、エイジが咄嗟に抱きしめ急下降を食い止めます。

しかし、エイジの方が体重が重いため、空へと上昇してしまいますが、それを食い止めたのはイザムラの部下ジャク(声:安元洋貴)でした。

発射されたネット銃で助かった二人、ポルタもこのネット銃によって助かっていたのです。

 
助けられた時の衝撃で気を失っていたエイジでしたが、パテマの声で目覚め、その目に映ったのは広がる青空と緑の大地、そして、実験以前の街でした。

実験を行った研究者たちは、被災した人たちが生活できるように重力を反転させた世界を作り、それがアイガになったのです。

エイジたちが今見ているサカサマの世界がかつての世界で、アイガの世界こそがサカサマの世界でした。

リュックでおもりをつけたパテマはそっとサカサマのエイジを抱きしめ、本来の世界を見つめるのでした。

THE END

 

「サカサマのパテマ」見どころ

どんでん返しのラストに驚きでした。

厳しく人間を管理し、空を見る事を禁止してきたアイガの世界が地下世界を抑圧しているように見えるストーリーでしたが、実はパテマたちが暮らす地下世界こそがかつての世界だったというラストは凄かったです。

エイジたちが暮らしているアイガが、実験を失敗してしまった研究者たちが被災者のために作った人工的な世界というサカサマのストーリーは、ラストを知ってからもう一度見返すとまた違ったストーリーが見えてきます。

大人から子供まで楽しめるアニメ映画でした。

この「サカサマのパテマ」はU-NEXT ですぐ無料で見る事が出来ます。
今なら31日間、無料でいろいろな作品が見れますよ!

みんなの感想

テキストのコピーはできません。