「探偵はBARにいる2 ススキノ大交差点」ネタバレ!あらすじや最後ラストの結末と見どころ!

映画「探偵はBARにいる2 ススキノ大交差点」ネタバレ あらすじミステリー/サスペンス

映画「探偵はBARにいる2 ススキノ大交差点」は、大泉洋主演、橋本一監督の2013年の映画です。

この映画「探偵はBARにいる2 ススキノ大交差点」のネタバレ、あらすじや最後ラストの結末、見所や無料動画について紹介します。

札幌・ススキノを舞台にした探偵映画の第2弾「探偵はBARにいる2 ススキノ大交差点」をご堪能ください。

 

「探偵はBARにいる2 ススキノ大交差点」あらすじ

アジア最北の歓楽街北海道札幌市「すすきの」をホームグランドとし、バー「ケラーオオハタ」に入り浸る「探偵(名前は出てこない)」(大泉洋)。

何やら面倒なことに首を突っ込んでしまったらしく、スキーのジャンプ台の上で縛られて、突き落とされる寸前の状態になっていました。
 
時間が少し戻ります。

 
顔が広い探偵の友人の一人に、ゲイのショーパブ「トムボーイズ・パーティー」で働くマサコ(ガレッジセール ゴリ)がいました。

マサコは趣味の手品をコツコツ練習し、今やお店でショーが開かれるほどの腕前になっていました。

ある日、探偵はマサコに視聴者がマジックの腕を競うTV番組「マジコン」への出場を勧めます。

「アタシが有名になると、困る人がいるのよ」

と最初はためらっていたマサコでしたが、探偵に「何かあったら俺に言いな」と勇気づけられ、出場を決意します。

それからマサコは思わぬ快進撃を見せ、地区予選を通過して東京での決勝戦に出場する事になりました。

そして、店のママ フローラ(篠井英介)や「美しすぎるニューハーフ」として人気のヒロミ(佐藤かよ)が全国中継のTV越しに見守る中、見事に優勝したのです。

 
全国的に有名人となったマサコは、北海道に帰るなり仲間達から祝福を受け幸せの絶頂でした。

まさか、その2日後に殺され、ススキノの道端に転がっているとは誰も思っていませんでした。

「マサコちゃんは有名人だったから、警察も躍起になって捜査する。きっと犯人はすぐに捕まるさ」

探偵はフローラ達に言いました。

しかし、三か月たっても捜査は一向に進展せず、犯人は見つからないままでした。

折しも、ちょうどその頃に探偵には美人でグラマーな恋人が出来ました。

彼女との逢瀬にうつつを抜かし、探偵も事件の事は忘れかけていました。

しかし、恋人にフラれ、失意の中でマサコの事件を思い出します。

探偵はこの事件を解決することができるのでしょうか?

もし、文章のネタバレではなく動画で見たい!なら U-NEXT で今すぐ無料で見る事が出来ます。
無料登録して、31日間のお試しの後で本契約をするかどうか決めれば良いです。

 

「探偵はBARにいる2 ススキノ大交差点」ネタバレ

そして心機一転、北大農学部の助手の傍らで探偵の運転手兼ボディーガードの高田(松田龍平)を呼び出して犯人探しを始めます。

しかし、弔問客のリストを見せて欲しいとフローラに頼んでも、何処かよそよそしい態度でした。

「何だ?お前達、犯人を見つけたくないのか?それでも仲間か?」

探偵は思わず怒鳴りましたが、フローラから「じゃぁ、アンタは今まで何してたのよ⁈」と怒鳴り返されてしまいます。

ススキノの情報通である客引きの学生(近藤公園)、モツ(徳井優)、源ちゃん(マギー)にも当たってみますが、皆「マサコちゃん」の名前を出した途端に知らんぷりをしてしまいます。

不審に思った探偵が問い詰めると

「どうやらマサコちゃんは以前に政治家の愛人だった事があって、有名になったせいで、その政治家が過去を探られる事を恐れてマサコちゃんを消したらしい。関わらない方が身のためだよ」と源ちゃん達がコッソリ教えてくれました。

 
どうせガセネタだろうと思っていた探偵でしたが、知り合いの敏腕記者 松尾(田口トモロヲ)に裏を取ってみると、まんざら出まかせでもない事が分かってきます。

昔、マサコが付き合っていたというのは北海道選出で野党の大物 橡脇(とちわき)孝一郎でした。

反原発運動の急先鋒としてメディアにもよく登場する人物で、スキャンダルは致命的です。

諦めきれない探偵は、裏事情を探ろうとバー「ケラーオオハタ」の電話を借りて、顔見知りの老舗ヤクザ「桐原組」組長に面会を申し込み、店を出ました。(探偵は携帯電話を持たない主義らしく、連絡は主に「ケラーオオハタ」の電話を借りて行っています)

 
その探偵の跡を、ずっとつけている人影がありました。

それに気が付いた探偵は、自分の家がある雑居ビルに誘い込み、捕まえて身元を吐かせようとします。

しかし、エレベーターに追い込んで取り押さえようとして抵抗され、相手を気絶させたものの、股間にスタンガンを押し付けられ悶絶します。

その上、「息子」の安否を確認しようとズボンを脱いだところでエレベーターのドアが開き、前で待っていた高田に見られてしまいます。(運の悪い事に、追跡者は女性でした)。

「(事情は分からないが)探偵が女性に襲い掛かろうとしている」

と咄嗟に判断した高田は、問答無用で探偵を殴り倒しました。

 
数時間後、事情を高田に説明した探偵は、2人で追跡者の女性から話を聞いていました。

女性は美人バイオリニストとして有名な川島弓子(尾野真千子)でした。

マサコは弓子の熱烈なファンで、何回もファンレターを送っていたそうです。

辛い時に支えてくれたマサコが殺されたと聞き、真相を知りたいとわざわざ北海道までやって来たのでした。

政治家がらみの危険な事件だと説明しても「誰かが勇気を持てば、必ず後に続く者が現れる」と弓子は意気込んでいました。

“たかだか1ファンの為だけに、そんなことまでするか?”と訝しがりながらも、探偵は「俺に依頼しな。必ず真相を探り出してやる」と調査を申し出たのでした。

 
暫くして、探偵の元に桐原組の若頭 相田(松重豊)がやって来ました。

橡脇議員の事で話が聞けると思っていた探偵でしたが、相田は問答無用で探偵を拘束し、ジャンプ台の上に連れて行ったのでした。

(場面は最初に戻る)

 
実は、桐原組長は過去に(権力のある誰かの依頼で)先代の橡脇議員を半殺しの目に合わせ、政界から引退させたことがありました。

今回「橡脇」の名が出た事で秘密が漏洩する事を恐れた桐原組長が、速やかに探偵の口を封じようとしたのです。

しかし、縛り上げられた探偵が必死で「俺はただ、今の橡脇議員について話を聞きたかっただけだー!!」と叫んだお陰で誤解は解け、探偵は解放されました。

(許してはもらったものの、相田の部下が引き揚げに失敗して縄が解けてしまい、探偵は命懸けの大ジャンプをすることになりました)

 
結局、桐原組長もマサコの死と橡脇議員の関係については何も知りませんでした。

ただ「オヤジの代からの取り巻きだったら、殺しぐらいやりかねん」

特に先代の愛人で後援会長の新堂艶子(筒井真理子)には気を付けろとアドバイスされます。

 
家に帰ると、学生・源ちゃん・モツ、高田が勝手に部屋に入り込んでしました。

「実は俺、あの夜見たんだ。マサコちゃんのマンションから橡脇孝一郎が出てくるところ・・・」と学生がおずおずと話し始めました。

「弓子の言った通りになったな。“後に続く者が出る”って」

 
新堂艶子の監視もはじめた探偵と高田は居酒屋で作戦会議をしていました。

探偵がトイレに立った時、いきなり後ろから掴まれ、外に連れ出されてしまいます。

外にはマスクで顔を隠した男達が何人も待ち構えており、その中の一人がバットで殴りつけてきました。

探偵は、ちょうど外に出てきた高田と共に男数人を殴り倒し、逃げようとします。

ちょうどやって来た路面電車に乗り込みますが、次の停留所で車内が満員になる程の追っ手が待ち構えていました。

そこへ、松尾から電話が掛かってきます。

どうやら、誰かが警察の記者クラブに事件に橡脇が関わっている証拠を見つけたと電話をしたらしいのです。

その情報は橡脇陣営、反橡脇陣営、橡脇に気に入られたいフリーの集団にリークされ、ススキノ中に追っ手がいる状況になっていたのです。

追い詰められた探偵と高田は、寸での所で相田若頭に救出され、追っ手を撒く事が出来ました。

 
バー「ケラーオオハタ」に逃げ込むと、弓子が待ち構えていました。

「お前が俺の名前を騙ったせいで殺されかけたぞ!」と探偵は文句を言いましたが「危険にさらしたことは悪かったと思う。でも、襲ってきた相手は捕まえた?どこの誰だか調べた?まさか、ただ逃げてきただけ?」
と怒鳴り返されてグゥの音も出ません。

次に、探偵達はフローラの元に向かいました。

誰が彼等(彼女達?)を脅しているか、何に怯えているかを教えてもらおうとしたのです。

探偵が粘り強く頼むと、昔マサコが仲の良かったトオルと言う子が“昔、マサコと橡脇が付きあっていた”と聞いた事があったらしいと明かしてくれました。

トオルはその話をウッカリ店でしてしまい、それ以来姿を消していました。

フローラ達は「橡脇に消されたに違いない」と怯えていたのです。

 
探偵達がトオルの故郷 室蘭に行ってみると、彼は美容室で助手として働いていました。

どうやら、トオルが店で話をした途端、不審な男達に脅され、金を渡されて姿を消すように言われたようでした。

そして、東京生まれだと思っていたマサコが実は室蘭生まれだったと知ります。

 
室蘭に向かった探偵達は、マサコが幼い頃に母を亡くし、それ以来父親は生活が荒れ、最後は借金を作って失踪したと言う子供時代を過ごしていたと知ります。

その帰り道、以前から探偵をつけ狙っていた佐山(ヤクザとつながりのあるニセ右翼団体「則天道場」の副長だった男。前作「探偵はBarにいる」で探偵と因縁があり、鼻を折られて恨みを抱いている)が車で追いかけてきました。

マシンガンまで持って追いかけてきましたが、探偵達は高田のボロ車で逃げ回り、畑にあった干し草の山に突っ込み、ちょうど通りかかったパトカーに「車がエンコして困ってました」と保護してもらい、難を逃れました。

 
有名バイオリニストが襲われたとあって、マスコミが取材に集まってきました。

そして、弓子はその場で引退もほのめかします。

「引退しようと思っているの。才能、ないし」

何となく自暴自棄になっているような感じでした。

  
次の手を考えていた時、「トムボーイズ・パーティー」から電話が掛かってきます。

駆けつけてみると、店が男達に占拠され、フローラやヒロミは殴られていました。

探偵は果敢に男達に挑んでいきましたが、当てにしていた高田が何故か現れず、多勢に無勢でボコボコにされそうになります。

寸での所で、裏口に積まれていたビールケースをやっと払いのけた高田が飛び込んできて、男達を次々と倒して形勢が逆転します。

探偵はリーダー格の男が持っていたバットを取り上げ、殴りつけようとしました。

しかし、男はただの運送屋で、原発に反対する橡脇議員の助けになりたいと自発的に動いていただけでした。その事を知った探偵は殴る意欲を失ってしまいます。

 
埒が明かないと思った探偵は、橡脇議員の事務所に乗り込んでゆきます。

新堂艶子には留められましたが、騒ぎを聞きつけた橡脇議員が奥から出てきて招き入れてくれました。

探偵は早速、マサコとの関係を問い詰めました。

橡脇議員は、マサコとかつて関係があった事と、事件の夜に花束を持って会いに行った事を認めました。

しかし、古い友人として会いに行っただけで、すぐに別れたと話しました。

探偵は納得できませんでしたが「脱原発を実現する為、今が正念場なんだ。命懸けで取り組まなくてはいけないんだ」という橡脇議員の心意気は本物だと感じ、その場は引き下がるしかありませんでした。

そして、弓子には刑事告発を提案しました。

「告訴されれば、橡脇も法廷に出てくるしかない。こちらには証人もいるし、知らんぷりは出来ない筈だ」

「・・・それは面白くなりそう。今までありがとう」

弓子はそう呟いて帰ってゆきました。

 
ススキノの街を歩いていると、ビルの大型ビジョンが橡脇の街頭演説を生中継で映し出していました。

探偵が渋い顔をしていると、客引きの学生が「橡脇の件、どうなりそうですか?」と近寄ってきました。

探偵、高田、学生は気分直しに吞み始めます。

やがて、学生が橡脇を見掛た時のことを話し始めました。

「気取った赤いバラなんて持ちやがって・・・」

その時、探偵が話の矛盾に気付きます。

 

「探偵はBARにいる2 ススキノ大交差点」最後ラストの結末は?

「学生、お前が見たのって、橡脇がマサコちゃんのマンションから出てくるところだろう?その時にバラは持ってないだろう?」

段々と学生の顔が真っ赤になってゆきました。

「・・・お前か?お前がマサコちゃんを殺したのか?」

そう言った途端、学生は探偵に襲い掛かってゆきました。

「何が悪いんだよ!街のゴミを始末しただけだろうが!!オカマのくせに、チョット有名になったからっていい気になりやがって!俺なんか、バカなガキと不細工な女房と狭い部屋に暮らしているっていうのによ!」
興奮した学生は外に飛び出してゆき、道路を渡ろうとしてトラックに撥ねられ、即死してしまいました。

 
余りの事に茫然としている所に、マサコの事を調査していた松尾から連絡が入ります。

松尾の調べで、マサコには妹がいた事が分かりました。

父親が失踪した後、東京の親戚に引き取られたマサコは、その家になじむ事が出来ず、やがてそこを飛び出してしまいます。

そして、時には体を売って金を稼ぎ、大阪に引き取られた妹に仕送りしていました。

その金のおかげで妹はバイオリンのレッスンを受け続ける事が出来、今はバイオリニストとして大活躍していたのです。

そう、河島弓子はマサコの妹だったのです。

 
嫌な予感がした探偵は、勘に従って橡脇議員の演説が行われている会場に駆けつけました。

会場には沢山の支持者が詰めかけていましたが、探偵と高田は手分けして弓子を探しました。

そして、会場を埋め尽くす人込みの中から弓子を見つけると、人込みをかき分けて近寄ってゆきました。

弓子は一心不乱に橡脇議員に向かって行っており、手にはナイフが握られていました。

そして弓子が橡脇を刺そうとした時、やっと追い付いた探偵が間に入り、橡脇議員の代わりにナイフを腹に受けて止めました。

 
数日後、退院した探偵がバー「ケラーオオハタ」にやって来ると、弓子が待っていました。

弓子は、マサコに散々援助してもらいながら、結局世間にはその事を隠し続けた事を悔やんでいました。

探偵は償う気持ちがあるのなら、バイオリニストを続けるよう諭します。

そして、弓子は再びステージの上に立ちました。

吹っ切れた弓子の演奏は力を取り戻していました。

同じ頃、ススキノの街で飲んで帰る探偵と高田の肩に初雪が積り始めていました。

完。

 

「探偵はBARにいる2 ススキノ大交差点」見どころ

北海道の繁華街 ススキノを舞台に活躍する「探偵」を描いた作品の第2弾です。

今回は、街の片隅で突然殺され、真犯人も分からずに忘れ去られようとするオカマの友達の為に奮闘します。

真相を探るうち、新進気鋭の若手政治家とマサコの関係が浮かび上がってきます。

スキャンダルを握りつぶそうとする者達の妨害工作にもめげずに立ち向かってゆき、意外な真相を知る事になります。

 
ハードボイルドを気取っているものの、何処か3枚目が抜けない「探偵」が絶妙で面白く、軽妙なストーリー展開でグイグイ引き込まれてしまいます。

コミカルに動き回る探偵と、無表情だけど腕の立つ男 高田のコンビでの活躍、特に大人数を相手にした乱闘シーンは見応えがありました。

普段は美人バイオリニストとして活躍しながら、素はコテコテの大阪人体質丸出しの川島弓子もいい味を出していました。 

マスコミの前では清楚な美人バイオリニストを演じていますが、素は関西弁丸出しでしゃべり倒すギャップに笑えました。

 
時にはピンチに陥りながらも、相棒の高田と軽妙に乗り越えてゆく軽妙なテンポは素晴らしく、犯人探しの謎解きと同時進行で楽しむ事が出来ました。

3枚目っぽいけれど実は頼りになる探偵を演じる大泉洋さんはイメージにピッタリではまり役でした。

コミカルで笑いがいっぱい詰まっていながら、所々にススキノで懸命に生きる人達の哀愁や悔し涙も感じられる奥深い作品でした。

この「探偵はBARにいる2 ススキノ大交差点」はU-NEXT ですぐ無料で見る事が出来ます。
今なら31日間、無料でいろいろな作品が見れますよ!

みんなの感想

テキストのコピーはできません。