「初恋のきた道」ネタバレ!あらすじやラスト最後の結末と見どころ!

映画「初恋のきた道」ネタバレ あらすじラブストーリー

映画「初恋のきた道」は、チャン・ツィイー主演、チャン・イーモウ監督の1999年の映画です。

この映画「初恋のきた道」のネタバレ、あらすじや最後のラスト結末、見どころを紹介します。

中国の農村地帯を舞台にしたピュアなラブストーリーです。

 

「初恋のきた道」あらすじ

1958年、中国の農村地帯。

静かな村に町から若い学校の教師ルオ・チャンユー(チョン・ハオ)が赴任してきます。

彼に恋心を抱いた18歳の少女チャオ・ディ(チャン・ツィイー)は、料理を作ったりして自分の想いをルオに伝えようとします。

やがて2人の気持ちは通じあうのですが、大きな時代の波が押し寄せてきて…。

チャン・ツィイーのデビュー作で中国の農村地帯を舞台にしたピュアなラブストーリーです。

もし、文章のネタバレではなく動画で見たい!なら U-NEXT で今すぐ無料で見る事が出来ます。
無料登録して、31日間のお試しの後で本契約をするかどうか決めれば良いです。

 

「初恋のきた道」ネタバレ

雪が残る田舎道を走る一台の車。

小さな村を出て都会で働く一人息子・ションズ(スン・ホンレイ)は父の訃報を受け、年老いた母(チャオ・ユエリン)がひとり待つ家へと急ぎました。

長年、教師として勤めた父を尊敬し、こころから愛していた母は、ションズの姿を見て泣き崩れるのでした。

校舎の立て直しに尽力していた父は、心臓の病で倒れ、村から離れた大きな病院に安置されていました。

 
葬儀のため、車で家に遺体を運ぶつもりが、母は昔ながらの風習“歩き、担いで家路を辿らせる”といって耳を貸しません。

しかし、現在の村には担いで運べるほど、男たちはいませんでした。

それでも母は、愛する夫が家路を忘れないように、そして棺に掛ける布も自らが織るというのです。

ちいさな体で、一心にはた織り機にむかう母。

部屋に飾ってある新婚当初のふたりの写真を見つめ、ションズは母たちから聞いた昔の話を想い巡らせるのでした。

 
1958年、春――

あどけない顔に赤い服、18歳の頃の母・ディ(チャン・ツィイー)。

村にやってきた教師ルオ・チャンユー(チョン・ハオ)も、まだ20歳と若い青年でした。

遠い町から小さな村へつづく一本道を、馬車に乗ってやってきたルオ先生を、村中が歓迎していました。

ディもはじめは“都会から来た人”という好奇心のようなものでしたが、ふと目が合った瞬間に、恥ずかしさと嬉しさに満たされるのでした。

 
しかし、この頃は自由恋愛などできない時代。

目が見えないディの母は、娘の変化を感じ取っていました。

校舎を建てるのは男たちの仕事。

女たちは昼食の準備など、陰となり支えるのでした。

ディは、校舎の梁に巻く赤い布を織ることになりました。

家にある大きく鮮やかな“青花の椀”に料理を盛りつけたり、出来上がった赤い布を学校まで届けたり。

不便だけど、ルオ先生がきてから遠くの井戸を使うのは学校が見えるから。

ディの恋心は募っていくのでした。

 
校舎が完成して、いよいよ授業がはじまりました。

朗読するルオ先生の声に、文字を知らないディも、心地良いしあわせを感じるのでした。

少しでもルオ先生に近づきたいディは、下校する子どもたちを送るルオ先生を待ち伏せすることに。

しかし、姿が見えてくると恥ずかしくなり、木陰に隠れて遠くから見つめるのが精一杯でした。

勇気を出したディはすれ違い、会釈を…。

その後も名前を憶えてもらい、やっと言葉を交わすことができました。

 
朝から食事の準備をするディ。

今日は、ルオ先生の食事当番をする日なのです。

玄関で待つディのうつくしい姿は、のちに夫となるルオ先生も「一幅の画のようで、一生忘れない」と息子・ションズに語るのでした。

“青花の椀”を憶えているか?と尋ねるディでしたが、どうやらルオ先生は学校建築中、昼食でディの料理は食べなかったようです。

好物の“きのこ餃子”をつくってあげる約束を交わすふたりに、ディの母は「身分違い、後悔する。」とディを咎めるのでした。

 
しばらくして、ディのもとに現れたルオ先生は突然、町に帰ると言うのです。

理由も聞かせてくれず不安なディは、村に戻る日を決めて約束を交わします。

“きのこ餃子”も発つ前に食べて行く…と。

そして、赤い服に似合うと、ルオ先生はディに髪留めを贈るのでした。

彼もまた、はじめてディを見た日のことを憶えていたのです。

 
赤い服に着替えて、髪留めを付けるディ。

その時、外から先生を見送ったという声が聞こえてきました。

ディはあわてて、“きのこ餃子”を入れた“青花の椀”を持ち飛び出すのでした。

ルオ先生を乗せた馬車はとても速く、ディは追いつくことが出来ません。

走りつづけるディ。

やっと遠くに見つけ追いかけるのですが、転んで椀も割れてしまいます。

その姿は小さくなり、消えて行くのでした。

涙を流すディは、ルオ先生からもらった髪留めがないことに気づきました。

必死に探しまわるディでしたが、その表情は、日に日にちからを無くしていくのでした。

家に着いたディがふと庭先に目をやると、そこに髪留めが落ちていました。

手に取り、鏡を見つめ付けたその表情には、笑顔が戻ったと同時にさびしさも押し寄せるのでした。

 
季節はもうすぐ冬。

ディの家に瀬戸物修理屋が呼ばれました。

貼り合わせた“青花の椀”の修理代は決して安くはありません。

母は言いました、「使った人が、娘の心を持っていった。」

それは、心にぽっかり穴が空いた娘に母がしてやれる愛情でした。

ディは食器棚から“青花の椀”を見つけ、そっと涙をながしました。

 
村は雪深くなってきました。

使われず朽ちていく校舎を、ひとり掃除するディ。

机を拭き、障子も貼り替えました。

ただ、黒板に残されたルオ先生が書いた文字だけはそのままに…。

 
ルオ先生が戻ってくる約束の日がきました。

ディは、村と町を結ぶ一本道をみつめていました。

一面の雪景色、吹雪は、容赦なくディを襲うのでした。

それでも、ルオ先生を迎えに行くと、冷え切った体で歩きはじめるディ。

町に着く前に力尽き倒れてしまったディでしたが、道行く人に助けられ一命を取り留めるのでした。

 
娘の姿に、母はルオ先生にディのことを伝えてほしいと訴えます。

「一目だけでも、会いに帰ってほしい!」と――

ようやく目を覚ましたディに母は、ルオ先生が帰ってきたと伝えました。

ディが好きな朗読の声。

大粒の涙をながし、ディは学校へと走るのでした。

 
学校には大勢の村人があつまっていました。

「ディが来た!」という声にルオ先生が教室から現れ、ふたりは再会を果たしたのです。

ディを心配したルオ先生は、無断で町を飛び出していたので、その日の夕刻には再び別れが。

その後、2年の歳月を離ればなれに過ごしたのです。

 
時がながれ、冬の晴れた日。

雪で真っ白な一本道を見つめる、赤い服を着たディがいました。

ルオ先生との再会です。

そして、その日以来ふたりは決して離れることはありませんでした――

 

「初恋のきた道」ラスト最後の結末

ションズは、“最期に、愛する夫と一本道を辿りたい”という母の願いを叶えたいと思いました。

村長に掛け合い、担ぐための人を雇ってほしいと懇願します。

母のためなら大金もいとわないションズでした。

 
町の病院には大勢の人があつまっていました。

いよいよ、父が村へ帰る日です。

視界を遮るほどの雪が舞うなか、列は進みました。

100人はいるであろう列は皆、父の教え子たちだったのです。

ションズは、父の偉大さをあらためて知るのでした。

誰もが、ルオ先生のためにあつまったのです。

 
ながいながい列が村へ着き、父は学校を見渡せる井戸の隣に眠りました。

その井戸は、母が父の姿を見に通った井戸です。

村に、父の念願だった新しい校舎を建てることも決まり、ションズも町へ戻る日が近づいていました。

古くなった校舎では、授業がおこなわれていました。

ションズです。

1時間だけの授業でしたが、“教師になってほしい”と思っていた父そして、母の願いを叶えたのでした。

朗読するションズに涙を浮かべる母。

初恋に出会ったあの頃を懐かしく想うディでした。

 

「初恋のきた道」見どころ

「初恋のきた道」
まさにタイトル通り、 若いふたりに訪れた“初恋”。

物語がはじまる大切な道が結んだ、心あたたまるピュアな作品です。(原題「我的父親母親」こちらも納得!)

チャン・ツィイー演じるディの、“恋に落ちた女の子”の表情は、同性から見てもたまらなく可愛いです。

うれしくて小走りする後ろ姿。

少しでも近づきたくて、重い水汲みもこなし、料理もこころを込めて!

帰り道を“待ち伏せ”してしまうほど、ルオ先生に心を奪われる女の子(本作はストーカー映画ではありません。純愛映画です!)

 
微笑ましい日々から一転、別れのシーンは涙が止まらない、号泣必死です!

追いかけて追いかけて…居なくなってしまった彼を想い、涙するチャン・ツィイーに泣かされます。

1958年当時の政治的な時代背景が、物語に影を落とすのです。

ふたりのように、時代に翻弄された人々が多くいたことでしょう。

そんな経験をして一緒になったふたりだから、おばあちゃんになったディが嘆き悲しむ姿にまた涙。

 
さいごは、村までの道を一緒に帰ることが出来て、ほんとうに良かったですね。

モノクロームで描かれる、愛する夫を亡くした世界。

赤やピンクで彩られた、“初恋”がやってきた世界。

中国の悠久の大地を、最大限に映し出した瑞々しい物語です。

created by Rinker
ソニーピクチャーズエンタテインメント

この「初恋のきた道」はU-NEXT で無料で見れます。
さらに31日間無料体験できますので、思う存分色々な作品を見ても、期間内に解約すれば一切お金はかかりません。

みんなの感想

テキストのコピーはできません。
31日間も無料で映画を見放題!
U-NEXTで無料視聴!
31日間無料で映画見放題!
無料視聴する!