「それだけが、僕の世界」ネタバレ!あらすじや最後ラストの結末と見どころ!

映画「それだけが、僕の世界」ネタバレ あらすじヒューマン

映画「それだけが、僕の世界」は、イ・ビョンホン主演、チェ・ソンヒョン監督の2018年の映画です。

この映画「それだけが、僕の世界」のネタバレ、あらすじやラスト最後の結末と見どころを紹介します。

「それだけが、僕の世界」はサヴァン症候群の弟と不器用な兄の絆の物語です。

 

「それだけが、僕の世界」あらすじ

かつては東洋チャンピオンだった元プロボクサーのジョハ(イ・ビョンホン)は、今や定職も住む場所もない荒れた生活を送っていました。

偶然17年前に別れた母親・インスク(ユン・ヨジョン)と再会したジョハは、今まで会ったこともないサヴァン症候群の弟・ジンテ(パク・ジョンミン)とひとつ屋根の下で暮らすことになり・・・

全く異なる世界で生きてきた兄弟と家族の絆を描いた感動の物語です。

もし、文章のネタバレではなく動画で見たい!なら U-NEXT で今すぐ無料ポイントで見る事が出来ます。
無料登録して、31日間のお試しの後で本契約をするかどうか決めれば良いです。

 

「それだけが、僕の世界」ネタバレ

40歳過ぎのボクサー、ジョハ(イ・ビョンホン)。

かつてはアジアチャンピオンにまで上り詰めましたが、今はロートルで若手のスパーリングをして稼ぎ、漫画喫茶で暮らす身の上でした。

ある日、国家代表の若手選手とスパーリングをして失神させてしまいます。

ジムの会長はカンカンで、ジョハは出入り禁止となってしまいました。

 
自閉症の青年・ジンテ(パク・ジョンミン)は、聖歌隊の一員である母・インスク(ユン・ヨジョン)に連れられて教会に行き、聖歌隊のピアノ演奏を行っていました。

ジンテは正式な音楽教育を受けた事はありませんでしたが、スマホでピアニストの演奏動画を見てその動きを覚え演奏を行っていたのです

しかし、讃美歌の演奏中にスマホを見ているのがインスクは気に入らず

「あなたの演奏は好きよ。でも、スマホは悪魔なの。ミサの途中に見るのは止めて」と何度も説得しますが、ジンテは何を言っても「ハーイ」と答えるだけで全く聞き入れようとしません。

 
ある日、深夜の仕事に出かけようとしたインスクは大家のホン社長と出くわします。

インスクの下の階に住むホン社長は、娘のスジョン(チェ・リ)の受験が終わるまでジンテにピアノを弾かせないで欲しいと言います。

インスクは「防音工事はちゃんとしたのに」(実は卵パックを敷き詰めただけ)「スジョンが別の部屋で勉強すればいいじゃない」と受け入れず、口論になってしまいます。

すっかりへそを曲げてしまったホン社長は「今度の契約更新の時から家賃を相場の額に引き上げます」「3ヶ月以内に保証金1000万ウォンを用意して」と無理な要求を突き付けてきました。

驚いたインスクが「この、教養のかけらもなさそうな商売女が」と悪態をつくと、運悪くそこを通りかかったスジョンに聞かれ「母は大学に行っていたので教養はあるわ!」と反論されてしまいます。

 
ゆく当てが無くなったジョハは、知り合いのバイク屋・ドンスと飲みに行きます。

店に入り、水を持ってきた店員の顔見て驚きます。

その店員はインスクでした。

彼女は、酒乱の父親とジョハを捨てて出て行った母親だったのです。

突然の再会に驚き、何も言わずに店を出て行ったジョハでしたが、インスクはすぐに追いかけてきて連れ戻しました。

「お前が兵役を終えてから、もう10年以上も経つのね・・・」

インスクは一方的に喋りますが、ジョハの表情は硬いまままでした。

 
その数時間後、ジョハはべろべろに酔っぱらっていました。

道をフラフラ歩いていた時、猛スピードで走ってきた外車に跳ね飛ばされてしまいます。

ジョハが次に目を覚ましたのは病院でした。

急に目を覚ましたことに驚いた看護師がすぐに担当医に連絡し、そこから更に何処かへ連絡が行きました。

取り敢えず退院したジョハは、迎えの車に乗せられて大きな屋敷に連れて行かれます。

立派な部屋に通されて、食事が振舞われます。

そこへ屋敷の当主らしき老齢の女性と、若い女性が入って来て同じテーブルに座りました。

まず口を開いたのは老齢の女性でした。

「これが何回目なの?いつもこんな事をしているの?」

どうやらジョハを金目的の当り屋と思っているようでした。

「刑務所送りにしないで病院に連れて行き、食事まで出しているのだから感謝しなさい」

流石に頭にきたジョハは「俺はただのボクサーだ」と言い捨ててその場を立ち去りました。

 
それからまた数日が経った時、ビラ配りのアルバイトをしていたジョハの前にインスクが現れました。

前に合った時に一緒にいたバイク屋からジョハの居所を聞き出してやって来たのでした。

屋台で向かい合って話すうち、インスクはジョハに「家に来ないか?」と話し始めます。

突然の申し出に最初は戸惑ったジョハでしたが、行く当てがいない事もあってついてゆく事にしました。

 
インスクに連れられて行った家で、ジョハは初めて自分にジンテと言う弟がいる事を知ります。

「今日からジンテの部屋を使って」

と言われて部屋に行ってみると、インスクと一緒に写っていたり、おもちゃで遊んでいたりする幼いジンテの写真が何枚も壁に貼ってありました。

自分を捨てた後、母親と弟がそれなりに幸せに暮らしていたと感じ複雑な気持ちになったものの、住む所とタダ飯にありつけるならと何も言わない事にしました。

 
ジムを出入り禁止になってしまったジョハは、ドンスの紹介で総合格闘技のスパーリングパートナーの仕事を得ます。

しかし、試合開始直後、キック1発でKOされてしまい、自己嫌悪に陥ってしまいます。

更に、家に戻ったジョハは、ジンテとゲームをしに来ていたスジョンと格闘ゲームで対戦しても負けてしまい「実際に顔面に蹴りを受けたら、こんなに早く反撃できるわけがない」と言い捨ててビラ配りのアルバイトに行ってしまいました。

 
ジョハがイライラしながらビラ配りをしていると、先日会った金持ちの女性(若い方)が近づいてきました。

彼女はハン・ガユル(ハン・ジミン)と名乗り、あの事故の時に車を運転していたのは自分だった。
なのに母が失礼な態度をとって申し訳なかったと謝罪します。

ジョハは「今更謝りに来るなんて、貧乏人をバカにするな」と突っぱねようとしますが「では、幾ら欲しいですか?」と聞かれて「・・・200万」と答えます。

ガユルは母の秘書に命じてすぐに持ってこさせようとします。

その時、ウェイトレスとぶつかって転倒してしまいます。

その時、ガユルの片足が義足である事に気付きます。

「以前、事故にあいました。飲酒運転の車で、発覚を恐れた運転手は2度も私を轢いて殺そうとしました。おかげで足を失ってしまいまいた」

ガユルの強張った表情をみて、ジョハは戸惑いながらも金を受け取ってしまいます。


 
  
家に帰ったジョハは
「用事があるから、代わりにジョハを福祉館に送って行ってほしい」とインスクに頼まれます。

 その夜、ジョハはドンスと飲みに行きますが「中学の時の俺を捨てて、最後にあったのは兵役を終えた時に道で偶然出会った時。あんな女は母親じゃない。もう少し金が溜まったら出てゆく」と言って「おばさんも酒乱の亭主に殴られ続けて辛かったんだ」とたしなめられます。

 
次の日、二人はバスに乗って福祉館に向かいますが、ジンテが「トイレに行きたい」と騒ぎ出したので途中下車する羽目になります。

降りるやいなやジンテは走り出し、近くにあったマンションの駐車場の片隅にある茂みに座り込むと「大」をしだしてしまいます。

ジョハは仕方なく付き添っていましたが、警備員に見とがめられ、警察に突き出されてしまいます。

 
その頃、インスクは病院にいました。

健康診断の結果を聞きに来たのですが、表情は深刻そうでした。

 
罰金を払い、「大」の後始末もして帰ったころには辺りはすっかり暗くなっていました。

家の前では、福祉館にジンテが来ていないと連絡を受けて心配したインスクが待っていました。

二人の姿を見つけるなり「どこに行っていたんだい?心配でしょうが無かったよ」と捲し立て、警察に行っていたと知ると「それでも兄さんなのかい!」とジョハを責めたてました。

しかし、ジョハが何も言わずに立ち去った後、ジンテのせいで警察に行く羽目になったと知って自分が失言したと悟ります。

自暴自棄になったジョハは、以前にスパーリングをした総合格闘技の道場に来ていました。

殴られ続けても立ち上がり、試合終了になっても続けようとして周りに制止されるほどに自棄になっていました。

 
同じ頃、インスクはジョハや夫と暮らしていた時の事を思い出していました。

毎日毎日、酒乱の夫に殴られ続け、部屋の隅でうずくまるジョハの方に行かないようにするだけで精一杯でした。

とうとう耐えられなくなり、衝動的に橋から身を投げようとします。

しかし、通りがかった人に止められて死ぬ事は出来ませんでした。

それ以来、家を出て戻っていなかったのです。

 
傷だらけになって帰ってきたジョハが家に入ると、丁度ジンテがトイレから出てきたところでした。

部屋に戻ろうとしたジンテを引き留め、部屋で一緒に寝ようとしますが寝入る事が出来ません。

一緒にラーメンを食べ、TVゲームをし始めます。

ジンテはゲームの達人でジョハは何度挑んでもコテンパンにやられて勝てません。

やがて、朝になってインスクが帰って来た時、二人はリビングで一緒に眠りこけていました。

  
昼間、ドンスの所で仕事の話をしていたジョハは、カナダに行ったジムの先輩が向こうでテコンドーの道場をしている事を知ります。

カナダに行けば仕事があるかもしれませんが、元手が500万程いると知って無理かもしれないと諦めかけます。

しかし、インスクから
「1か月ほど釜山の店を手伝いに行くから、その間ジンテの面倒を見て欲しい。そして、あの子をピアノコンクールに出したいから付き添って欲しい。優勝したら、賞金500万の半分はアンタにあげる」と言われて、渡りに船と引き受けます。

やがて、スジョンと買い物に出かけたジンテの帰りが遅い事を心配したジョハが探しに行くと、二人は公園で不良高校生数人に絡まれていました。

割って入ったジョハは「3分以内に俺を殴れたら1万やる。できなかったら一人1万ずつ払え」と持ち掛けます。

ジョハが元東洋チャンプだと言っても高校生たちは信じずに殴りかかって来ますが、フットワークに翻弄されて3分間が過ぎ、結局1人1万ずつむしり取られてしまいます。

今までジョハの事をチンピラ扱いしていたスジョンは、彼の事をすっかり見直していました。

  
インスクは出発する前日、3人はレストランに食事に行きます。

そこで、誕生日のサービスで写真を撮ってもらっている客を見たインスクは、自分達も撮ってほしいと店員に頼みます。

最初は「誕生日のお客様だけで…」と断られますが、ジョハが「今日は俺の誕生日だ」と嘘をつき、強引に写真を撮ってもらいました。

家に帰ると、インスクが
「この間はひどい事を言ってしまったね・・・」とジョハに話しかけてきました。

ジョハが気にしていないと言っても「私は昔、アンタにひどい事をした。だから恨まれていても仕方がない」と謝り続けました。

そして「ジンテの事を願いね。他人でも長い間一緒にいると情がわくっていうでしょう」と言い始めます。

1か月の不在ぐらいでと少し不審に思ったジョハでしたが、ムード作りの為にかけていた音楽にあわせてダンスを始めると、インスクはやっと笑ってくれました。

 
次の日、インスクを送り出したジョハはジンテを連れてビラ配りに出かけます。

最初は言われたとおりにビラ配りをしていたジンテですが、やがて姿を消してしまいます。

ジョハが慌てて探し回ると、広場に設置されたピアノの前で一心不乱にベートーヴェンの「月光」を演奏をしていました。

その演奏の見事さと、感動した周りの人達がくれたチップの多さにジョハは呆気に取られてしまいます。

そして、ジンテがピアノ覚えたと言う動画のピアニストが自分を引いたガユルである事に気付きます。

そこでジョハはジンテを連れてガユルの屋敷に向かいました。

 
迷惑顔ながら出迎えてくれたガユルでしたが、ジョハに「ジンテのピアノを見てやって欲しい」と言われても「もうピアノは弾かない」と拒否し続けるばかりでした。

しかし、ジンテは「ハン・ガユルはかわいい、彼女の弾くピアノはショパンの魂」と呟き、傍らにあったピアノの前に座ると、おもむろにショパンのピアノ協奏曲 第1番を演奏し始めました。

ガユルはその演奏をしばらく聞いていましたが、やがてジンテの横にきて鍵盤をたたき始め、ブラームス「ハンガリー舞曲 第5番」を二人で弾き始めました。

いつの間にか帰ってきていた会長(ガユルの母)も何も言わずに二人の連弾に聞き入っていました。

 
コンクールの日がやって来ました。

一般の部でエントリーしたジンテは、最初はもたついたものの、演奏が始まると会場はその音色に引き込まれました。

演奏が終わると、ジョハは早速インスクに電話し「絶対にジンテが優勝する」と興奮しながら報告しました。

しかし、結局ジンテは入賞すらしませんでした。

 
その日、審査員長である音楽学院のイン院長が帰宅しようと車に乗ると、横にガユルが座っていました。(二人は師弟関係のようです)ガユルが、ジンテが入賞できなかった理由を尋ねると「高い技術を持っているが、リズム・テンポ共に君にそっくりだ。創意工夫や曲を読み解く力がない」と院長は答えました。

ガユルは
「彼がボンヤリとしていてスター性がないからではありませんか?ジンテは正式な音楽教育を受けた事がありません。でも、鍵盤で全てを表現できます。それに引き換え、私はあなたに何を学んだのでしょう」と言って車を降りました。

 
ジンテは再びジョハに連れられてビラ配りを始めました。

その姿を見ていたジョハは、ジンテの来ているシャツの襟が伸び切っている事に気付きます。

そこで、ビラ配りの合間に新しいシャツを買いに行きました。

しかし、その間にジンテは姿が見えなくなってしまいました。

一人で戻っていないかとジョハが家に帰ってみると、釜山にいるはずのインスクが探し物をしていました。

「家の賃貸契約更新の時期を忘れていてね。連絡を受けて大慌てで戻って来たんだよ」

しかし、すぐにジンテが一緒にいない事に気付き「ジンテは何処だい?」と慌て始めます。

ジョハが「帰ってくるかもしれないから家で待ってろ」
「そのうち帰って来るさ。一人でも心配いらないだろう」と言っても「あの子は知らないところへは行かない。絶対に連絡をくれる」と聞き入れず、ジンテを探しに街に飛び出してゆきました。

 
ジョハもあちこち探しまわり、CDショップで音楽を試聴していたジンテを見つけます。

「心配させやがって!」と殴りかかろうとした時、インスクが横から飛び出てきました。

「守るべき弟を殴ろうとするなんて、何様の積りだい!?」

インスクは、ジンテから目を離したジョハを非難し続けました。

その時、帽子をかぶって隠してはいるものの、インスクの髪が異常に少なくなっている事にジョハは気づいてしまいました。

 
その日の夜、ジョハはインスクの勤め先である食堂に行ってみました。

思った通り、釜山に仕事で行っていると言うのは嘘でした。

更に、事情を知っているらしい大家のホン社長を問い詰め、インスクが病に冒されている事を知ります。

教えてもらったインスクの入院先にこっそりやって来たジョハが目にしたのは、ベッドの上で苦しんでいるインスクの姿でした。

その夜、どうしようもない悲しみと怒りに襲われたジョハは、ただサンドバックを殴り続けるしかありませんでした。

 
数日後、ジョハはバスに乗っていました。

行先は父親が収監されている刑務所でした。

面会室で何年かぶりにあった父親でしたが「あの女は、まだ頭のおかしな息子と暮らしているのか?」「俺がここから出たら、覚えていろよ」と全く反省している様子はなく、ジョハは心底落胆します。

そして「今日限り、親子の縁を切る。二度とここから出てくる。もし姿を見せたら、俺と母さんを殴った分だけ殴り返してやる」と泣きながら怒鳴りました。

  
その頃、ガユルの母がイン院長の元を訪れていました。

そして、半ば脅すようにして次の公演でジンテが演奏する事を承諾させます。

彼女もガユルのピアノに対する情熱を呼び覚ましたジンテの才能を認めていたのです。

 
夜、病室を訪れたジョハは、インスクにカナダに行く事を告げます。

そんなジョハに、インスクは「私がいなくなった後、アンタがジンテの面倒を見てくれる気がしていた。勝手だね」と言います。

ジョハが「なんで俺を捨てた。あれ以来、何をするにも独りぼっちだった。オヤジが酔っ払っている時は板の間で寝るしかなかった。オヤジの事も、アンタの事も、俺は絶対に許さない」と言うと、インスクは「もし生まれ変わったら、今度はアンタの為に生きる。これまで出来なかった事を全部してあげる。ごめんね、ジョハ」と泣き出しました。

その泣き声に背をむけ、ジョハは病室から足早に去って行きました。

 

「それだけが、僕の世界」最後ラスト結末

カナダに向かう為に飛行場にいたジョハは、TVのニュースでジョハが審査員特別賞の受賞者としてピアノ演奏をする事を知ります。

すぐに病院に行ってインスクを連れ出したジョハは、共にコンサート会場へ向かいます。

会場にはガユルも来ていました。

オーケストラをバックに舞台の上に立ったジンテは、ジョハやインスク、そして大観衆の見守る前で見事にチャイコフスキーのピアノ協奏曲を弾きこなしました。

会場の誰もが惜しみない拍手をジンテに送りました。

そんな中、車いすの上で泣きながら拍手をしていたインスクは容体が急変し、すぐに病院に運ばれました。

 
暫くして、ジョハとジンテが病室に駆けつけてきました。

インスクはジンテを自分の横に寝かせ「天国にきた時に『大切な人を探して』と言われたら、最初に誰を探す?」と問いかけ、ジンテが「ハン・ガユル・・・」と答えた事に少し驚きながらも「お母さんも探してね・・・」と頼みました。

 
やがてインスクは亡くなり、葬儀が執り行われました。

葬儀場にガユルやホン社長、ドンスがやって来る中、ジンテがいない事に気付きます。

ジョハが探しに出てみると、広場に設置されたピアノの前に座るジンテを見つけました。

ジンテが演奏を追えるのを見届け、ジョハは歩き出しました。

ジンテもジョハに気付き、後をついてきました。

やがて横断歩道に差し掛かって二人は立ち止まりました。

そして、信号が変わる前に歩き出そうとしたジンテをジョハが止め、その手を取って二人で歩き始めました。

 

「それだけが、僕の世界」見どころ

ピークを過ぎ、孤独に生きる中年ボクサーが自分を捨てた母親と偶然に再会し、初めて会った自閉症(サヴァン症候群)で天才的なピアノ演奏の才能を持つ弟と共に過ごすうちに家族の大切を知ってゆく、心温まる作品です。

韓国のみならずハリウッドでも活躍するイ・ビョンホンが、これまでのイメージを一新し、武骨ながら心の底に優しさを秘めた元ボクサーを好演しています。

また、パク・ジョンミン演じる青年・ジョハも、障害を抱えながらも美しい心と類稀なるピアノ演奏の才能で周りを幸せな気持ちにしてくれます。

また、作品中のジンテのピアノは吹替なしでパク・ジョンミン本人が演奏していると言うのも驚きです。プロ顔負けの演奏もまた本作品の見どころです。

  
この作品の主要人物である元ボクサーのジョハ、シンテ、事故で片足を失ったピアニスト ハン・ガユル、大家の娘・スジョンにはそれぞれ個性的な母親がいます。

もしかしたら、厳しい世間を子供を抱えて生きてゆくために必要以上にタフで攻撃気的にならざるを得なかったのかもしれませんが、時にはそれが子供にとって迷惑だったり、知らない間に成長を妨げる事に繋がったりもしていました。

特にインスクはジンテへの深い愛情ゆえに、同じ息子のジョハを一方的に罵る場面が何回かありました。

口では「ジョハ、御免ね」と言っていますが、頭に血が上ると同じ事を繰り返してしまっています。

いきなり母に捨てられ、長年愛情を渇望してきたジョハもその事に気付き「母さんは、やはりジンテの方が大切なんだ・・・」と、より深く失望しているように見えました。

  
ボクシングであったり、ピアノであったり、子供であったり、この作品に登場する誰もが大切な何かを持っており、その世界に浸って孤独になっていました。

しかし、お互いが一歩踏み込み、時に傷つきながらも世界を重ね合わせる事でこれまでとは違う人生が動き出します。

横断歩道でジョハとジンテが手をつなぐラストシーンは「それだけの僕の世界」が混ざり、重なり合って「それも僕の世界」と広がってゆく事の象徴に思えて胸を打たれました。

心に響く、ステキな感動作品でした。

この「町田くんの世界」はU-NEXT で、今すぐ無料ポイントで見る事が出来ます。
今なら、無料トライアルが31日間で他にもたくさんの作品が見れますよ。

みんなの感想

テキストのコピーはできません。