「猫の恩返し」ネタバレ!あらすじや最後ラストの結末と見どころ!

映画「猫の恩返し」ネタバレ あらすじアニメ

映画「猫の恩返し」はスタジオジブリ制作、森田宏幸監督の2002年のアニメ映画です。

この映画「猫の恩返し」のネタバレ、あらすじや最後のラスト結末、見どころについて紹介します。

ジブリが描いた女子高生が猫の国を大冒険する物語、「猫の恩返し」をご堪能ください。

 

「猫の恩返し」あらすじ

朝起きるのが苦手、ラクロス部に所属する女子高生の吉岡ハル(池脇千鶴)。

その日も寝坊した上にスカートを枝に引っ掛けて遅刻したハルは、好きな町田にも笑われてしまいます。

友人のひろみ(佐藤仁美)と下校する際中、ハルは不思議な黒猫を見かけます。

かわいらしい箱を加えてたその黒猫は、トラックにひかれそうになります。

その黒猫(山田孝之)をハルは、ひろみのラクロスのラケットですくいあげ助けます。

するとその黒猫はなんと立ち上がり、体についたほこりを払いだしたのです。

そしてハルに「大変危なところを助けていただきありがとうございました」と言う黒猫。

黒猫は「今は急いでいるからお礼は改めて」と言ってそのまま去ってしまいました。

 
そんな黒猫にハルはびっくり。

猫がお辞儀した、と言ってひろみに驚かれてしまいます。

「猫って話せるの?」と母親に今日の出来事を告げ、昔猫と会話していたことを思い出したハル。

小学生の時にハルは薄汚れた白猫に、魚型のクッキーを分けてやったのです。

その時、ハルは「世の中生きているのは大変だよ」と猫が言ってたと母親に言ったのでした。

 
明日は寝坊しまいとベッドに入ったハル。

その夜更け、外で猫達が騒いでいます。

なんと猫が立って歩き、大名行列をしているのです。

その列の中に1匹エラそうな猫がいます。

そして行列がハルの家の前で止まり、驚いたハルが見に行くと行列によって運ばれてきた猫の国の王様、猫王(丹波哲郎)の姿がありました。

実はハルが助けたのは猫の国の王子、ルーンだったのです。

そしてそのお礼をするために直々にやって来たという猫王。

ハルに目録が差し出され、「明日よりあなた様にたくさんの幸福が」と連れの猫が言います。

それから・・・

 

「猫の恩返し」ネタバレ

翌朝、夢落ちかと思ったハルにひろみから電話がかかってきました。

自宅にラクロスのラケットが大量に届いたそうです。

そしてハルの家の庭には無数の猫じゃらし、学校に行く途中にどんどん集まってくる猫、そして下駄箱にはネズミが。

猫たちが持ってきた目録から、朝から続く不審な出来事は全て猫の仕業と確信したハル。

イラストから見るにネズミや猫じゃらしの他にも何か残っているようです。

 
ひろみに代わって掃除当番になったハル、ゴミ捨てに行ったハルはそこで町田が彼女といるところに遭遇します。

そちらに気が行っていたハルは転んでゴミを撒き散らかしてしまいました。

そんなハルの前に猫王の秘書でたくさんの幸福が訪れると言っていた猫、ナトル(濱田マリ)が現れます。

最大級のお礼というナトルに文句を言うハル。

そんなハルにナトルは「猫の国においでください」と言います。

 
猫の国は自然が豊かで食べ物がおいしい、さらに猫王がハルを王子ルーンの妃にしようとしていると聞いたハル。

猫とは言えルーンはかっこいいと言われたハルちょっと考え込み、「猫の国もいいかな」と言いつつも猫と結婚する気はないと言いますが、すでにナトルの姿はありません。

あの猫達なら本当に自分を猫の国に連れていくとおびえるハル。

そんなハルに不思議な声がどこからか聞こえてきました。

「猫の事務所を探すように」という声、猫の事務所への案内は白くて大きな猫がしてくれるそうです。

 
猫を探して街にやって来たハルは白猫、ムタ(渡辺哲)を見つけます。

「ついてきな」とどんどん進むムタ、そして突然立ち上がりました。

そこは小さな映画のセットのような街で、椅子に座って新聞を読むおっさんのようなムタ。

その時ハルはムタの後ろにある建物に飾られた猫の置物に気が付きます。

ここが猫の事務所だったのです。

 
夕日が差し込んだ猫の事務所。

「バロン出番だぜ」とムタが声をかけると、中からスーツ姿にステッキを持ったバロン(袴田吉彦)がやってきました。

またカラスのガーゴイル、トト(斉藤洋介)もいます。

小さな猫の事務所に何とか収まったハル、ミニチュアのような小さなマグカップで紅茶をごちそうになります。

猫の国は自分の時間を生きられない奴が行くところ、と言うムタ。

バロンは「しっかり自分の時間を生きられれば大丈夫」と言います。

 
ハルの為に策を練るバロン達でしたが、猫の事務所にやって来たナトル達によってハルは連れ去られてしまいました。

沢山の猫に連れていかれるハル、壁に開けられた不思議な穴に飛び込んで人間の世界へ、そしてそこから何度か穴に飛び込むのを繰り返しついに猫の国へやってきました。

そしてハルといっしょに猫の国へやって来たムタ。

穴に飛び込めなかったバロンとトトは、空からハルたちを追いかけます。

 
猫の国に到着し、小さくなってしまったハル。

ふんわりとした猫の国でくつろぎ始めたハルの前に、かわいらしい白猫のユキ(前田亜季)が現れました。

「はるちゃんはここにいたらいけない」となぜかハルの名前を知っているユキ。

ユキはハルがお城に行くのを止めますが、ハルは王様に挨拶くらいはとお城に向かいます。

 
お城で大歓迎されるハル。

ドレスに着替えさせられてあれよあれよという間に結婚式の準備が進み、さらにハルの体がどんどん猫になっていきます。

一緒にやってきたムタはゼリーに閉じ込められて頼りになりません。

そして広間ではごちそうがふるまわれ、ハルを元気付けようと次々とショーが行われます。

マジックやかくし芸が行われる中、仮面をかぶった猫が現れハルと共に踊り出します。

実はこの猫こそハルを助けに来たバロンだったのです。

 
しかしバロンの正体がばれてしまいます。

兵士に囲まれたハルとバロン、そこをゼリーから抜け出したムタによってその場を切り抜けます。

給仕係として広間にいたユキは、夜明けまでにここを抜けられれば大丈夫だと言います。

そして、ユキはバロンとハルを広間から連れ出し、向こうの塔のてっぺんに行けば外に出られ、姿も元に戻ると教えます。

ハルを猫の事務所に導いたのもユキだろう、と言うバロン。

しかし、ハルたちは塔へ行くための迷路が抜けることができません。

実は迷路は偽物の壁を背負った手下によって、道が変えられていたのです。

しかし、一直線に並んだ手下が転んだことで無事、塔につくことができました。

 
やっと塔までやって来たハルたちでしたが、今度は塔が爆破されてしまいます。

そして猫王と手下に囲まれてしまいました。

あきらめモードのハル。

ここで公務に出かけていた王子、ルーンが帰ってきました。

ハルが嫁ならうれしいだろうという猫王にユキちゃんと結婚するというルーン。

そしてルーンはあの時くわえていた箱をユキに渡します。

それはクッキーでした。

ルーンがハルの街にやって来たのは、このクッキーのためだったのです。

 
実はユキはハルが子供の頃に会話したという猫で、ユキはその時にもらったクッキーが大好きだったのです。

そしてルーンはそのクッキーをユキへのプロポーズのプレゼントするため、人間の世界にやって来たところをハルに助けられたのです。

結婚することとなったルーンとユキ。

ルーンはふたりの命の恩人にお礼を、と言いますがハルは「私も嬉しいからお礼なんていらない」と言います。

ルーンの結婚が決まり猫王はハルに「ならわしの妃に」と言いますが、あっさりふられてしまいます。

ふられた猫王は怒ってハルを捕まえようとしますが、ハルはムタに投げ飛ばされて上の階へ。

そこから走り出します。

一方、猫王はバロンと対決することに。

そして一発で決めるバロン。

 

「猫の恩返し」最後ラストの結末は?

塔のてっぺんについたハルでしたが、爆破によって出口はわからない場所になっていました。

幸い姿は人間に戻ってきたハル。

落ちそうになったハルをムタが何とか手をつかんで助けてくれましたが、やって来たバロンと三人で落ちてしまいました。

そこにトトとその仲間達が現れ、ハル達を助けてくれました。

 
無事に学校へと戻って来たハル。

トトが猫の事務所に置いてきたかばんも届けてくれました。

「バロン、わたしあなたのこと好きになっちゃったかも」というハル。

本当に必要となったら猫の事務所に来れる、それまでしばし別れとバロンは去っていきました。

 
朝、母親が起きるとキッチンでくつろぐハルの姿が。

今日は日曜日です。

ひろみと出かけるというハルが、朝ごはんも作ってくれています。

 
町田が別れた、とハルに伝えるヒロミ。

しかしそうなんだとハルは興味なさそうです。

もういいんだよというハルを不思議そうにヒロミが見ます。

完。

 

「猫の恩返し」見どころ

ジブリ、猫、バロンというキーワードで気付いた人もいるかもしれませんがこれは「耳をすませば」のスピンオフです。

「耳をすませば」で主人公の中学生、月島雫が小説を書いていますが「猫の恩返し」がその小説なのです。

【耳をすませば】ネタバレ!あらすじや最後の結末と見所!
アニメ映画「耳をすませば」は、近藤喜文監督の1995年のスタジオジブリのアニメ映画です。 原作は柊あおいの漫画です。 そんな、映画「耳をすませば」のネタバレ、あらすじや最後ラスト、結末、見所について紹介します。

「耳をすませば」と同様に「猫の恩返し」の作者は柊あおいさんです。

普段のジブリ作品とはちょっと異なった普通の女子高生が不思議な世界に行く物語。

猫の国での出来事を通してハルも成長したようです。

created by Rinker
ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社

みんなの感想

テキストのコピーはできません。