「バッドボーイズ 2バッド」ネタバレ!あらすじや最後ラストの結末と見どころ!

映画「バッドボーイズ 2バッド」ネタバレ あらすじアクション

映画「バッドボーイズ 2バッド」は、ウィル・スミス主演、マイケル・ベイ監督の2003年の映画です。

そんな映画「バッドボーイズ 2バッド」のネタバレやあらすじ、最後ラストの結末、見どころについて紹介します。

「バッドボーイズ 2バッド」のド派手アクションと名コンビの掛け合いをお楽しみください。

 

「バッドボーイズ 2バッド」あらすじ

マイアミ市警は、米国内への麻薬密輸の取り締まりを強化するため、特捜チームを編成します。

敏腕刑事コンビのマーカス・バーネット(マーティン・ローレンス)とマイク・ローリー(ウィル・スミス)もチームに加わり、巨大シンジケートの壊滅に乗り出すのです。

しかし、彼らは互いにある秘密を抱えていて…。

1995年の前作「バッドボーイズ」の続編です。

 

「バッドボーイズ 2バッド」ネタバレ

マイアミ市警のバッドボーイズことマーカス・バーネッド(マーティン・ローレンス)とマイク・ラーリー(ウィル・スミス)。

大量の合成麻薬“エクスタシー”が取引されると言う情報を入手したマイアミ市警は捜査に乗り出します。

KKKの集会に潜入捜査の末、麻薬が取引された瞬間を抑えたマーカスとマイクでしたが、無線が壊れ応援を呼べません。

そんな時、麻薬取引をしていた集団との銃撃戦が始まってしまい、マーカスの危険を救おうとしたマイクの撃った弾がマーカスの臀部を直撃してしまうのです。

その傷のせいで男性機能に問題が発生してしまったマーカス。

そのことを妻のテレサ(テレサ・ランドル)が妹のシド(ガブリエル・ユニオン)にバラしてしまったため、不機嫌に休暇を過ごすのでした。

 
そこへマイクが訪ねてきます。

マイクはシドと付き合っていましたが、それをマーカスに言い出せずにいました。

またマーカスも転属の話が出ていることをマイクに打ち明けられずにいたのです。

マーカス家族との食事中にシドとのことを話そうと緊張するマイクでしたが、結局言い出せないまま、シドは用事が出来たと帰ってしまいます。

 
シドはDEA連邦麻薬取締局の捜査官でした。

おとり捜査で運び屋に扮したシドは、麻薬王であるロシアマフィアのボス・アレクセイ(ピーター・ストーメア)と接触していたのです。

アレクセイとの偽の取引で現金を運んでいたシドと同僚捜査官。

しかし、その車をハイチのギャングに襲撃されてしまいます。

 
その頃、ハイチのギャングたちが犯罪を企んでいるという情報を掴んだマーカスとマイクは現場に急行していました。

そこへ襲撃された車を運転し、ギャングたちとカーチェイスするシドを目撃し後を追います。

車が吹っ飛ぶような激しいカーチェイスを繰り広げたシドやマーカスたち。

どうにかギャングたちを制します。

シドがDEAの捜査官だと言うことは、マイクは勿論、兄のマーカスですら知りませんでした。

そのことに腹を立てるマーカス。

マイクは初めての任務で危険な目に遭ったシドを優しく慰めたのでした。

署に戻ったマーカスとマイクは、カーチェイスの被害を上司のハワード警部(ジョー・パントリアーノ)にどやされてしまいます。

大きな被害を出したにも関わらず何も得てこなかったマーカスとマイクは、何をしてもいいから麻薬密売の犯人を見つけ出せと命令されたのでした。

 
マーカスとマイクは情報屋からカール通りのピンクの家の情報を聞き出します。

ピンクの家へ潜入した二人は陰から銃撃を受け、そのまま銃撃戦を繰り広げることに。

その家にいたほとんどのギャングを射殺したマーカスとマイクは生き残ったギャングからビデオカメラを入手します。

カメラに映っていた葬儀社を調べると、捜査線上にジョニー・タピア(ジョルディ・モリャ)という男が浮かぶのです。

 
2人は害虫駆除業者を装いタピアの家に潜入することに。

タピアの家に盗聴器を仕掛けるため、監視カメラの線を切っていたマイクは、盗聴器を仕掛けながらシュレッダーで切られた書類をこっそり盗みます。

しかし、監視カメラが切られている事に気付いたタピアの手下がマイクらを不審に思い始めていました。

 
その頃、タピアの家にアレクセイがやってきていました。

アレクセイはタピアとの取引を助手のジョセフ(オレッグ・クニンスカビッチ)に任せていましたが、アレクセイの前にバラバラになったジョセフの死体が置かれます。

アレクセイはタピアに、妻と息子がどうなってもいいのかと脅され、持っていた全てのクラブを奪われてしまいます。

キッチンに潜入したマイクは血だらけのキッチンからジョセフの指を見つけ、それを持ち帰ることに。

そこへタピアの手下がやってきたため、屋根裏に居るマーカスに無線で逃げるよう連絡し、マイクもタピアの屋敷から逃げ出しました。

 
署に戻ったマーカスとマイクは持ち帰った指の指紋と、シュレッダーにかけられた紙を復元するよう鑑識に渡します。

シュレッダーの中にあった紙を復元すると、KKKのフロイド・ポティート(マイケル・シャノン)が所有する船デキシー7の写真だということが分かるのです。

タピアの家に仕掛けた盗聴器を調べると、シドとタピアの会話が録音されていました。

シドはタピアと接近し証拠を押さえようとしていました。

シドの元へ向かったマーカスとマイク。

捜査を邪魔しないでとシドに追い返されそうになりますが、数日で証拠を掴めるというマーカスとマイクにシドも同行することで追い返されずにすみます。

 
マーカスとマイクは、フロイドを釈放させて取引が行われる場所へと案内させることに。

取引を待つ間、マイクはマーカスにシドと付き合っていることをようやく打ち明けます。

それを知ったマーカスは「お前とはもう話したくない。」と腹を立てマイクと喧嘩になってしまうのです。

 
取引が始まり、船に積まれた棺桶がどこへ行くのか尾行を始めるマーカスたち。

しかし、尾行していることがタピアの手下にバレ、またしても激しいカーチェイスを繰り広げます。

市民を巻き込んだ銃撃戦の末、車を運転していた犯人はモノレールへと逃げ込みます。

そこで犯人と激しく格闘したマイクは犯人を殺してしまうのでした。

 
カーチェイスの時に葬儀屋の車から落ちた死体はどれも内臓が取り出され空っぽな状態でまた縫い合わされていました。

そこへハワード警部が現れマーカスとマイクを激しく叱ります。

マーカスはマイクの暴走に呆れ、「もう限界だ。タピアを上げたらお前との相棒は解消する。」と言って転属願を出してあることをマイクに告げます。

 
マーカスたちのチームは葬儀社の令状を取る為、正式に許可証を取り葬儀場に潜入することに。

棺桶を調べると、その中には大金がかくされていました。

そして死体の中にはエクスタシーが詰め込まれていたのです。

死体を見て気分が悪くなったマーカスはその場で吐いてしまいます。

マーカスは、マイクが投げてよこしたエクスタシーの袋からコップに薬が漏れたことを知らずに、そのコップで水を飲んでしまいました。

 
そこへ葬儀屋の職員がやってきたため、慌てて隠れたマーカスは死体の乗ったカートに隠れてしまい、そのまま連れ出されてしまいます。

マイクは外で待機している刑事に車ごと建物に突っ込むよう指示を出します。

騒ぎになっている隙にマーカスを連れ建物から逃げ出すことに成功したマイク。

証拠を映したカメラとビデオを持ってそのままハワード警部の家を訪れ捜査令状を出してもらえるよう頼むマイクでしたが、エクスタシーを誤飲してしまったマーカスはハワード警部の家でおかしな行動を続けるのでした。

 
令状が降り、いよいよ突入が始まります。

その頃、シドはアタピアと接触していました。

タピアの手下がマーカスとマイクが刑事だと気づき、シドを守るために屋敷へ潜入したのだとタピアに報告をします。

それを聞いたタピアはシドの頭に銃を突きつけます。

そこへタピアに恨みを持ったアレクセイがタピアの屋敷を襲撃します。

しかしすぐに警官に射殺されてしまいました。

 
葬儀社へ突入したマーカスとマイクでしたが、既に死体や金は運び出されボートへと積まれていました。

マーカスとマイクはすぐにヘリでボートを追いかけます。

空と海で激しい銃撃戦の末、犯人を捕らえることに成功するのでした。

その時、シドを人質に取ったタピアからマーカスとマイクに連絡が入ります。

タピアはキューバに向かっていました。

 

「バッドボーイズ 2バッド」最後ラストの結末は?

アメリカは人質を取った犯人との交渉には応じないと上司から言われ絶望するマイク。

しかし、同僚やCIAに協力してもらいヘリでキューバに向かうマーカスとマイク。

キューバにあるタピアの屋敷の前にある家を隠れにしたマーカスたちは、そこからタピアの屋敷を見張ります。

 
あらゆる情報を集め、綿密に屋敷に潜入する計画を立てるマーカスたち。

準備が整いいよいよシド救出作戦が始まります。

棺桶に身を隠して屋敷内に潜入したマイクは、タピアの屋敷の司令塔が爆破されたのを合図に外にいる手下たちを射殺します。

そこからは屋敷にいる人物たちとの激しい銃撃戦が繰り広げられますが無事シドを救出することに成功します。

 
マーカスらが屋敷から脱出した直後、屋敷は激しい爆音とともに爆破したのでした。

車に乗ってタピアたちから逃げるマーカスらはアメリカ軍基地へ逃げ込む作戦に出ます。

しかし、そのすぐ後を追ってきたタピア。

マイクは、またしても激しいカーチェイスを繰り広げます。

 
アメリカ軍基地に車のまま突入したマイクの車とタピアの車は軍の兵に射撃され、車の外で互いにけん制を始めます。

一瞬の隙をついてマイクの頭に銃を突きつけたタピア。

兵士の呼びかけで地雷原に立っていることに気付いたシドは、持っていた銃を地雷に投げ爆破させます。

その隙にマーカスはタピアの頭を撃ち抜きました。

全てを終え、マイクはシドにキスをします。

マーカスはそんな2人を複雑な表情で見つめるのでした。

THE END
 

 

「バッドボーイズ 2バッド」見どころ

個性的なキャラクターたちが登場するのは前作からも引き続きで、期待以上の作品になっています。

マーカスとマイクのバッドボーイズたちは相変わらずやりたい方で、2人の掛け合いが本当に面白いです!

演じているマーティン・ローレンスとウィル・スミスの息の合った演技が素晴らしい!

緊迫したシーンでも2人のコミカルな会話についつい笑いが止まらなくなってしまいます。

 
アクションシーンも派手で、とにかく銃撃戦とカーチェイスが所かまわず出てくるのも見どころの一つです。

爆破、銃撃、格闘、カーチェイス等々、ありとあらゆるアクションシーンが詰め込まれているのでスカッと爽快な気分になりたい時におすすめの映画です。

みんなの感想

テキストのコピーはできません。