「アンリミテッド」ネタバレ!あらすじや最後ラストの結末と見どころ

映画「アンリミテッド」ネタバレ あらすじアクション

映画「アンリミテッド」は、テイラー・ロートナー主演、ダニエル・ベンメイヤー監督の2014年のアメリカ映画です。

この映画「アンリミテッド」のネタバレ、あらすじや最後ラストの結末、見所について紹介します。

パルクールと言われるアクションをふんだんに取り入れたアクション映画です。

■ スタッフ
監督: ダニエル・ベンメイヤー
製作: マーティ・ボーウェン、ウィク・ゴッドフリー、D・スコット・ランプキン
脚本: マット・ジョンソン
撮影: ネルソン・クラッグ
音楽: ルーカス・ビダル

■ 主要キャスト
カム:テイラー・ロートナー
ニキ:マリー・アブゲロプロス
ミラー:アダム・レイナー
ディラン:ラフィ・ガブロン

 

「アンリミテッド」あらすじ

ニューヨークでメッセンジャーをしているカム(テイラー・ロートナー)。

配達の途中でニキ(マリー・アヴゲロプロス)と接触事故を起こしたことがきっかけで、彼女がメンバーになっているパルクールのグループに入ります。

次第に才能が開花するカム(テイラー・ロートナー)。

グループの中心人物・ミラー(アダム・レイナー)やニキの兄・ディラン(ラフィ・ガヴロン)にも実力を認められ、彼らがやっているプロの運び屋の仲間入りを果たします。

しかし、付き合い始めたニキ(マリー・アヴゲロプロス)は、実はミラー(アダム・レイナー)の恋人でした。

やがて、カム(テイラー・ロートナー)は、ミラー(アダム・レイナー)の悪事に引き込まれてしまいます。

そんな時にロシアの大物の隠れ家への強盗計画という大仕事が舞い込みます。

計画ははたして上手くいくのか?

カム(テイラー・ロートナー)とニキ(マリー・アヴゲロプロス)の運命は?・・・

 

「アンリミテッド」ネタバレ、最後のラスト結末は?

カム(テイラー・ロートナー)とニキ(マリー・アヴゲロプロス)は、惹かれあいますがミラー(アダム・レイナー)との関係があってうまくいきません。

ふたりはニューヨークを去ろうとしますが、ミラー(アダム・レイナー)がニラミをきかしています。

そして逆にカム(テイラー・ロートナー)を犯罪に引き込みます。

お金に困って中国マフィアに借金のあるカムは不本意ながらも仕事をするのです。

 
ある時、デカイ仕事だと言われて入った場所には、お金はなく逆に襲われてしまいます。

パルクールを駆使して逃げるカム(テイラー・ロートナー)達・・・

しかし、仲間は撃たれ、カムも警察に捕まってしまいます。

その警察署に現れたのがミラー(アダム・レイナー)でした。

実は、ミラーは刑事で、しかも金儲けで裏の仕事もする悪徳警官だったのです。

そのことを知らなかったのはカム(テイラー・ロートナー)だけでした・・・


次にロシアのマフィアの隠れ家を襲いダイヤを奪いますが、そのダイヤを手に入れたのはカムでした。

逃げるカム。
それを追うミラー・・・

ここからがパルクール全開です。

そして最後にカム(テイラー・ロートナー)が逃げ込んだのがチャイナタウンです。

ここの女ボスに借金があったカムは、そのダイヤを渡し、借金をチャラに・・・

 
ミラー(アダム・レイナー)はマフィアに捕らわれてしまいます。

もともと敵対していた関係のようです。

そしてカム(テイラー・ロートナー)は、中国マフィアに取り上げられていた自分に車を返してもらい、ニキ(アダム・レイナー)と走り去るところでTHE ENDです。

 

「アンリミテッド」見所ポイント!

映画の冒頭で、カムがチャイナ系の男に借金の取りたてにあったり、カムの車を借金の肩代わりに持って行ってしまったのは、このラストのための布石だったんですね。

借金取りたてをしてカムをイビッていた男も、最後はいいヤツになってましたね。

ちゃんと車まで直して返してくれて・・・

 
ミラー(アダム・レイナー)とニキ(アダム・レイナー)の関係も恋人というよりは、仕事の為に仕方なくと言った感じでした。

十分カム(テイラー・ロートナー)の付け入るスキはあったわけです(笑)

ミラーが悪徳警官だったというオチはいまいちでした。

あまり意味がなかった・・・

 
やはりこの映画「アンリミテッド」は、ストーリーうんぬんより、パルクールアクションにつきます。

スタントなしですから、テイラー・ロートナーもたいしたものです。

どちらかと言うと、日本受けしないテイラー・ロートナーですが、今後に期待ですね。

テキストのコピーはできません。