「恋愛適齢期」ネタバレ!あらすじや最後ラストの結末と見どころ!

映画「恋愛適齢期」ネタバレ あらすじラブストーリー

映画「恋愛適齢期」は、ジャック・ニコルソン主演、ナンシー・マイヤーズ監督の2003年の映画です。

この映画「恋愛適齢期」のネタバレ、あらすじや最後ラストの結末、見所や無料動画について紹介します。

63歳のプレイボーイ、中年の女性作家、青年医師が織り成す恋をユーモラスに描く「恋愛適齢期」をご堪能ください。

 

「恋愛適齢期」あらすじ

良く晴れた週末、カップルが乗るオープンカーは、高級別荘地に向かっていました。

彼女の母が所有するプール付きの別荘で、彼と二人きりの時間を過ごすつもりです。

助手席で笑顔を見せる彼女は、若く美しいマリン(アマンダ・ピート)。

音楽業界で活躍する実業家、63歳のハリー・サンボーン(ジャック・ニコルソン)も上機嫌。

親子ほど年の離れた二人は、まだプラトニックな関係ですが紛れもない恋人同士です。

ハリーは「タイプなど無い!」と、言いつつ “付き合う女性は30歳以下” ばかり。

若い女性がパワーの源!少々疲れた老体にムチを打ち、恋や仕事を愉しむ独身貴族です。

 
別荘に着くと積極的に誘うマリン、二人はベッドに飛び込みますがハリーは急ぎません。

ビーチへ行くため彼女は水着に着替え中、彼はシャンパンを冷やそうと冷蔵庫を開けます。

そこに、家主であるマリンの母・エリカ(ダイアン・キートン)がやって来たから大変!

腕が立つエリカの妹・ゾーイ(フランシス・マクドーマンド)は、ナイフを手に戦闘態勢です。

ハリーが冷静に事情を話して、不審者では無くマリンの “彼氏” だと誤解は解けました。

それでも、娘の彼氏がこんなオジさん、しかも自分より年齢が上なんてエリカは複雑です。

ジャック・ニコルソン、ダイアン・キートン、キアヌ・リーヴスが魅せる大人の三角関係の始まりです・・・

もし、文章のネタバレではなく動画で見たい!なら U-NEXT で今すぐ無料で見る事が出来ます。
無料登録して、31日間のお試しの後で本契約をするかどうか決めれば良いです。

 

「恋愛適齢期」ネタバレ

エリカ・バリー54歳、彼女は人気劇作家でフランス語も堪能な才女、離婚歴あり。

演出家の元夫・デイブ(ポール・マイケル・グレイザー)とは、今は仕事上のパートナーです。

愛なんて…と否定しつつ、長らく “ときめいていない” 自分に寂しさも感じていました。

 
ハリーとは、娘のマリンよりも年齢が近いエリカですが、趣味や価値観は全然合わない!

四人で過ごすディナーは色々な意味で盛り上がり、エリカは二人が長続きしない事を熱望。

部屋で二人きりの恋人同士、聴こえてくるのはエリカが苦手なマーヴィン・ゲイの楽曲!?

ノリが軽い妹・ゾーイに茶化されていると「ママ、早く!」と慌てるマリンの声がします。

急いで部屋に行くと、ハリーが心臓発作を起こし、床で朦朧としているではありませんか!

今にも呼吸が止まりそうなハリーに、エリカは強引に人工呼吸。

こんな時でも、30歳以上の女性と唇を重ねる事に、彼は抵抗する仕草を見せるのでした。

 
救急搬送されたハリーの主治医は、ジュリアン・マーサー(キアヌ・リーヴス)。

36歳、甘いマスクの好青年です。

「美女とキスはしたが…まだ未遂」と、笑いながら話すハリーにも優しいジュリアン。

マリンに容体を伝える時も「お父さんは…(違う!)…おじいさんは大丈夫」と爽やか!

そんなジュリアンは、劇作家・エリカ・バリーの大ファンでした。

若く美しいマリンにも興味はなく、上目遣いでパチパチ瞬きするゾーイもスルー。

エリカを見て少年のように目を輝かせる彼、誰が見ても彼女に夢中なのは明白です。

でも、当のエリカは、そんな素振りは全くナシで「私なんて…」と消極的でした。

 
程なくしてハリーの退院日…だったのですが、病院を出た直後ぶっ倒れてしまいます。

再入院の危機に、ソレだけは勘弁!「家に帰してくれ」と頼むハリー。

主治医・ジュリアンは、病院の近所に滞在する事を条件に退院を許可します。

でも、ハリーの家は離れているし、近所に知り合いなんて…エリカが居ました!

 
娘・マリンの年の離れた彼氏・ハリーと、二人きりの暮らしをスタートさせたエリカ。

“老眼鏡” しか共通点が無い二人、さっそく初日からハプニングが起こります!

深夜、ハリーが寝静まったのを見計らい、エリカは服を脱ぎ捨てバスルームへ。

その途中、ふと目を向けると彼が居て「オウッ!」「アーッ!」と互いに絶叫が止みません。

 
翌日、往診に来たジュリアンは、好意を寄せるエリカの事が気になっている様子。

ハリーは、真夏でもタートルネックを着る、堅物オンナのどこが良いのか理解できません。

そんな事よりも、ハリーの気掛かりは、未遂で終わってしまったアノ続きをいつ出来るか?

あと2週間は我慢と言われガックリ、でも「階段を上れるようなら大丈夫」と希望の光が!

早速、ビーチの階段でリハビリを始め、ハリーは体力の回復を急ぎます。

 
その頃、ジュリアンは憧れのエリカと会話を楽しみ、積極的にアプローチ!

素敵な男性から久しぶりにディナーに誘われ、彼女もトキメキを感じたようです。

忘れていた乙女心が戻った?

何だか今日は、ハリーの優しさも素直に嬉しいエリカ、二人はビーチを散歩します。

足元にある白い石を拾い嬉しそうなエリカは、きれいだからと白い石を集めていました。

ハリーは、黒い石を拾うと「僕を、思い出すように」そう言って渡し微笑みます。

夕日が二人を照らし始めると、エリカはジュリアンとディナーに行く事を伝えました。

その恋を応援してくれるハリーに「ただの食事」と言うエリカは、頬が緩みっぱなしです!

 
玄関で、ジュリアンを出迎えたのはハリーでした。

そして、エリカがシックな黒のワンピースで現れると、ジュリアンは心奪われます。

この時、笑顔で送り出すハリーも彼女に見惚れていました…。

一人きりで寂しさを感じるハリーは、あの黒い石が飾られているのに気づき少し嬉しそう。

アルバムの写真を眺め、いつの間にかエリカのベッドで眠っていました。

一方、レストランでは、エリカとジュリアンの年齢差の話題に。

20歳近くも離れている彼女に、真剣な目で「…構わない」と言い切るジュリアン。

 
車の音で目が覚めたハリーは、慌てて自分の寝室へ戻ります。

帰宅した彼女は、寝室の彼に「面白かった…おやすみ」と声だけ掛け行ってしまいました。

ハリーは、胸に残るもどかしい気持ちをチャットに託します。

【ハリー37より 今、何してる?】

それが、ハリーからだと気づいたエリカは他愛もない会話を続けました。

【ハリー37より 腹空かない?】

二人は、キッチンでパジャマパーティーをする事にします!

 
酸いも甘いも知り尽くした、63歳の男と54歳の女。

パンケーキを作る準備をしながら、話は “独りの夜” について。

どんなに女性と過ごしても、眠るときは独りが良いハリー。

離婚したエリカは、広いベッドの真ん中に寝れば虚しさは感じないと言います。

そんな彼女に「頑なな君が魅力的…嫌うもんか」と微笑み、二人は見つめ合いました。

「ママ?」と突然やって来た娘・マリンに、笑顔を取り繕うエリカ。

娘に嫉妬にも似た感情が芽生える彼女は、遠慮がちに部屋へ戻り、ハリーも目を伏せます。

 
二人の様子がおかしい…!
じつは少しずつハリーの優しさに、エリカは惹かれていました。

気づいたマリンは、母とハリーの恋を応援しますが、エリカには一つ気掛かりが…。

親子で同じ男と…
マリンは「神に誓って、していない!」と母に断言します。

 
ハリーとマリンは “友達” になり、エリカも心の準備が出来ました。

そこに、彼女に夢中なジュリアンから「会いたい!」と電話が来ます。

もちろん、ハリーを想うエリカ、でも純粋なジュリアンに何と言って良いか分かりません。

次の金曜日、夜8時にジュリアンと会う約束を交わします。

 
ビーチへ出掛けた、ハリーとエリカ。

彼のお喋りに、エリカは顔をクシャクシャにして笑い、心から楽しそうです。

二人で石を拾っていると急な雷雨!びしょ濡れになっても幸せでした。

別荘に戻ると、今度は停電になりロウソクに火を灯します。

ロマンチック♪…二人の気持ちは同じで、どちらからともなくキス!

情熱的なキスに「まだ、使えたのね」と “実戦” できた自分の唇に彼女は感動します。

もちろん、ハリーも準備OK!二人はベッドへ…。

久しぶりのコトに燃え上がるエリカは、息が上がり胸が高鳴り…心臓のドキドキ!?

「血圧を測らなきゃ…何かあったら大変!」

ハリーの上にまたがり彼の血圧を測るエリカですが、老眼で数字が読めません。

枕元にある、彼の老眼鏡を借りて「120の80~!やった!」と大興奮でフィニッシュ!

ハリーに腕枕されエリカは泣き出します「こんなコトは、もう無縁だと思っていた…」

滅多に泣かない彼も、感極まって自然と涙が流れます「生きている…デキた!」

 
彼の誕生日が2月だと知り「それまで知り合いだったら…!」

1月生まれのエリカは、パリで一緒にお祝いしようと提案します。

“結婚に向かない男・ハリー” 彼自身がそう言い、エリカも分かっているつもりでした。

久しぶりの事で舞い上がる彼女に、彼は「そろそろ、部屋に戻るよ」と立ち上がります。

まだ一緒に居たかったエリカですが、ハリーは “…眠るときは独りが良い” 人。

「…今夜は…素敵だった」

そんな事を言うエリカに、ハリーの答えは「僕もだ…君は “心の友” だ…」

気を落とし独りでベッドに入るエリカ、そこに「君と眠ってみたい」とハリーが来ます。

はにかむ彼に、ベッドの片側を空け一緒に眠ります…心臓発作から3日後の出来事でした。

 
翌日、目を覚まし遅い朝食の準備をするエリカに、ハリーはこんな事を言います。

「エリカ、君は愛すべき女だよ」一体どんな意味なのでしょうか?

病院で診察を受けるハリーは、主治医・ジュリアンに “自分の変化” を伝えます。

大病の後だから!?涙もろくなり、苦手なモノが好きになった。

でも、いつかは元に戻ってしまうのかな…。

 
ハリーは順調に回復し、この日エリカの別荘を出て行きました。

二人がオトナの別れをした直後、電話が鳴り…ハリー!?からでは無く、娘のマリンです。

「パパが、3週間前に会ったばかりの人と結婚するって!私と2つしか年が違わないの!」

結局、父・デイブと若い婚約者とマリンの食事会に、母・エリカも同席する羽目に。

ソレは金曜日の夜の事で、エリカとの食事を楽しみにしているジュリアンは…待ちぼうけ。

一方、そんな約束をすっかり忘れているエリカは、偶然ハリーに再会!

でも、彼と一緒に居るのは若く美しい女性、やはり彼にとってアレは一夜の過ちだった…。

耐え切れずエリカがレストランを出ると、ハリーは後を追い「彼女は友達」と説明します。

エリカは泣きながら、彼に伝えました「イヤなの…好きなんだもの…本気で愛しているの!」

彼と会い、初めて知ってしまった “愛する痛み” に、どうして良いか分からないエリカ。

そんな彼女に「…恋人になるすべを知らない」と、それは嘘では無いハリーの本心でした。

 
分かり合えないまま二人が別れた直後、ハリーは “愛の痛み” を感じ病院に救急搬送!

エリカが原因で胸が痛む事に戸惑う彼の手元には、何故か彼女の老眼鏡だけが残りました。

号泣するエリカは帰宅し、やっとジュリアンとの約束に気づいてまた号泣。

掛けていた老眼鏡がハリーのだと気づき、またまた号泣!涙が止まらない夜を過ごします。

 
あの日以来、仕事に没頭するエリカ、涙は底なしに流れ続けていました。

そして “ありのままを話すわ” と、ハリーとの出会いから別れを描いた超大作を書き始めます。

それは、泣きながら少し笑える!?ようになった頃でした。

【ハリー37より BGMはシャンソン?】彼から、突然のメッセージにエリカは驚きます!

嬉し泣きの楽しいやり取り、でも僅かに空いた間に胸がざわつくエリカは【出かけるとこなの…】と送信。

その言葉に、ハリーはメッセージを打ち直し【…元気で】と、オトナらしく終わらせます。

終わってしまった…と、泣きじゃくるエリカ。

そんな彼女に、送れなかったメッセージ【君に会いたい】彼の正直な気持ちでした…。

 
ある日、町の市場で医師・ジュリアンと、エリカの妹・ゾーイが再会します。

そして、エリカの別荘に彼を招き、三人は一緒に夕食を食べました。

もちろん、ジュリアンはエリカを変わらず想っています。

エリカは、一途に自分を見てくれる彼を、少しずつ受け入れ始めるのでした。

 
エリカの次の上演作品が、彼女と自分の物語だと知ったハリーはエリカを訪ねます。

舞台で演じられるハリーに “似た人物” は、エリカ次第で最後は殺されてしまうかも!

すっかり失恋から立ち直ったエリカと引きずるハリー、立場が逆転していました。

ハリーは「君を心配しなくてすむ」と強がり、また “愛の痛み” を感じ病院に救急搬送!

二度もソレで担ぎ込まれたオジさん、救命医は目を閉じたハリーに想像させます…。

 
6か月後──新作舞台『愛すべき女』は大ヒット!

ハリーは、かつての恋人を訪ね歩く旅をしていました。

この日は、エリカの娘で元カノのマリンと久しぶりの再会です。

彼女は、ダニーという好青年と結婚し妊娠3か月、とても幸せそうでした。

「ママは、誕生日を祝うためパリに行っている」と、マリンは言います。

 
あの夜に交わした約束を叶えるため、ハリーは早速パリへ向かいました。

そうとは知らず、突然あらわれた彼にエリカは困惑!

彼女の誕生日を過ごす相手はハリーでは無く、彼の元主治医・ジュリアンだからです。

ジュリアンはまだ店に来ておらず、エリカの向かいに座りお喋りを始めるハリー。

何ヵ月も “かつての恋人を訪ね歩く旅” をして、自分を知ることが出来たようです。

そして「一番遠かったのが、君だ」と、ハリーはエリカを見つめ微笑みました。

いいムードに持っていくハズでしたが、突然ジュリアンがやって来てハリーは驚きます!

さらに、彼はエリカの隣に座りキス!肩を抱き寄せるのでした。

 

「恋愛適齢期」最後ラストの結末は?

二人の関係に気づいたハリーは、オトナの対応で彼女の誕生日を一緒に祝います…。

ジュリアンに愛される彼女が、ハリーにはとても幸せそうに見えました。

でも、上機嫌なエリカが普段とは違う表情をしている事が、ジュリアンは気になります。

老眼で時計がよく見えない似た者同士のハリーとエリカは、お互いの顔を見てビックリ!

二人は、いつの間にか入れ替わっていた老眼鏡を大事に使っていました。

ハリーは「よく似合っている」と言い「ずっと、探してたのよ」と笑うエリカ。

ジュリアンは胸騒ぎを抑えて何も言わず、三人に別れの時が来ます。

老眼鏡を元の持ち主に返して、ハリーも恋の整理が出来たようでした。

 
最後まで、紳士なジュリアンはハリーとハグをしてタクシーへ。

でも、やはり不安は消えず、心細い表情でハリーと別れを交わすエリカを見つめています。

「エリカ、よかったら…」と何か言いたげなハリーに、彼女はブレーキを掛けました。

うしろを振り返り、ジュリアンの顔を見たエリカは「元気でね…」とタクシーに乗ります。

こうして、エリカとジュリアンは二人で帰り、ハリーは独りパリの街を散歩…。

 
1月、パリの夜風は冷たく、舞い散る雪も彼の心を一層凍えさせます。

「女々しいな…」と笑って見せるも、涙まで出てくるハリー。

そこに、一台のタクシーが近づき、振り返るとエリカが立っていました。

「エリカが、本当に愛しているのはハリー」

そう気づき、受け入れたジュリアンが彼女の背中を押したようです。

ハリーは、63歳でやっと “恋” を知り “愛の痛み” を治せるのはエリカしかいません!

あんなに凍えた心が温かくなり、舞い散る雪も抱き合う二人には幸せに思えるのでした…。

 
──笑顔のエリカ、娘・マリンは女の子を抱き、優しく微笑む夫・ダニー。

もちろん、エリカの隣にはハリー!四人と半分(赤ちゃん)は、愛しい時間を過ごしています。

THE END

 

「恋愛適齢期」見どころ

恋する気持ちに、年齢なんて関係ない!

クールじゃいられない、大人の可愛いラブストーリーに胸が温かくなるでしょう。

言わずと知れた、ハリウッドの名優・ジャック・ニコルソンとダイアン・キートン。

年齢を重ねた二人が、まさかの恋に右往左往する姿をコミカルかつセクシーに魅せます!

 
二人の恋の物語は、良作として人気があるので、あらゆる世代に見て欲しいですが…

特に色々な経験を経てイイ感じに肩の力が抜けた熟年、またはソノ領域に達した方にオススメです。

絶対的に若いのは、マリン役のアマンダ・ピートや、ジュリアン役のキアヌ・リーヴス。

でも、それ以上にジャック・ニコルソンとダイアン・キートンの内面が若々しい。

ダイアン・キートンが感情をむき出しにする “久々の燃える恋” や “愛の痛み” は、もの凄いです!

その姿に、自分にもあったであろう “恋心” を思い出し “たそがれる”…。

彼らの感情に触れて笑い合えれば、この映画の素晴らしさを心から楽しめるでしょう。

 
ユーモアに富んだ今作は、大人だからこそ笑えるシーンが満載です!

ジャック・ニコルソンのおしりに、ダイアン・キートンの正面からの全裸も軽~く登場。

若い女性とデキる事を生きがいにしたり、年下のイケメンに迫られ怯んだり。

苦手な相手のチョットいいに部分に気づいて、ドキッとなって昔のようにキス!

ハサミで服を切り裂いて、もう避妊なんて関係ない♪と楽しむハリーとエリカ。

随所にお色気シーンが出てきますが、どれも潔さがありイヤらしくないのです。

それは、ジャック・ニコルソンとダイアン・キートンという俳優の魅力。

そして、監督・ナンシー・マイヤーズが滑稽で人間味ある人々を、愛らしく描いたからでしょう。

 
登場シーンは少しですが、エリカの妹・ゾーイを演じたフランシス・マクドーマンドも◎

大失恋したエリカがビーチで黒い石(=ハリー)を拾うと、彼女はソレを男前にポイ捨て!

その後、転換した場面で娘・マリンとエリカが、母娘で愛を語るのも同じビーチです。

今作で、このビーチは様々なシーンで登場します。

 
若者の甘酸っぱい恋にも劣らない!むしろ、それ以上にピュアです。

チャーミングな63歳と54歳の、もどかしい恋の行方をお楽しみください!

この「恋愛適齢期」はU-NEXT で見れます。
さらに31日間無料体験できますので、思う存分色々な作品を見ても、期間内に解約すれば一切お金はかかりません。

みんなの感想

テキストのコピーはできません。