「フライト・ゲーム」ネタバレ!あらすじと犯人や最後ラストの結末と見どころ

映画「フライト・ゲーム」ネタバレ あらすじ
ミステリー/サスペンス

映画「フライト・ゲーム」はリーアム・ニーソン主演、ジャウマ・コレット=セラ監督の2014年の作品です。

この映画「フライト・ゲーム」のネタバレやあらすじ、犯人、最後ラストの結末、見どころを紹介します。

フライト中の飛行機の全乗客乗員が容疑者となるサスペンスアクション「フライト・ゲーム」をお楽しみください。

 

「フライト・ゲーム」あらすじ

航空保安官として働くビル(リーアム・ニーソン)。

ビルは一般客に混ざってロンドン行きの便に乗り込みます。

機内に入る直前、一人で飛行機乗る少女ベッカ(ベッカ・マッコルガン)の落としたぬいぐるみを拾い、飛行機に緊張するベッカを優しく励ますビル。

それを見たCAのナンシー(ミシェル・ドッカリー)は、ありがとうとビルに目配せをします。

 
ビルの席の隣にはザック(ネイト・パーカー)が座っていましたが、どうしても窓側の席がいいと言うジェン(ジュリアン・ムーア)に頼まれて席を譲ることに。

ジェンは気さくな女性で、離陸するときに青いリボンを手のひらに巻きながら何かに耐えているビルに優しく語り掛けてくれました。

離陸が苦手だと話したビルは、昔、娘が飛行機を怖がってお守りにしていたリボンを今自分のお守りにしているのだとジェンに話して聞かせます。

 
少しして、ビルの携帯にメールが届きます。

そのメールには、ある口座に1億5000万ドルを振り込め、出来なければ20分後に乗客を殺すと書かれていました。

ビルは一番先に同じ機内にいる航空保安官のジャック(アンシン・マウント)を疑います。

なぜなら保安官が持つ携帯には専用の回線でしかメールが送れないのです。

このメールの事をジャックに問うと、ジャックは携帯をビルに見せ、自分ではないと話します。

イタズラだろとジャックは言いますが、ビルはどうしてもそうは思えませんでした。

 
独自に捜査するため、機長のデヴィッド(ライナス・ローチ)とナンシー、そして唯一乗客の中で信頼できるジェンに保安官だと言うことを明かし、協力を頼むのです。

しかし、乗客の名簿をチェックするにも、近くの空港に着陸するにも時間を要します。

ビルは、ナンシーとジェンに、今からメールを送信するから、機内の監視カメラで携帯を操作する人物をチェックしてもらうように頼むことに。

そして・・・

 

「フライト・ゲーム」ネタバレ

航空保安官として働くビル(リーアム・ニーソン)。

ビルは一般客に混ざってロンドン行きの便に乗り込みます。

機内に入る直前、一人で飛行機乗る少女ベッカ(ベッカ・マッコルガン)の落としたぬいぐるみを拾い、飛行機に緊張するベッカを優しく励ますビル。

それを見たCAのナンシー(ミシェル・ドッカリー)は、ありがとうとビルに目配せをします。

 
ビルの席の隣にはザック(ネイト・パーカー)が座っていましたが、どうしても窓側の席がいいと言うジェン(ジュリアン・ムーア)に頼まれて席を譲ることに。

ジェンは気さくな女性で、離陸するときに青いリボンを手のひらに巻きながら何かに耐えているビルに優しく語り掛けてくれました。

離陸が苦手だと話したビルは、昔、娘が飛行機を怖がってお守りにしていたリボンを今自分のお守りにしているのだとジェンに話して聞かせます。

 
少しして、ビルの携帯にメールが届きます。

そのメールには、ある口座に1億5000万ドルを振り込め、出来なければ20分後に乗客を殺すと書かれていました。

ビルは一番先に同じ機内にいる航空保安官のジャック(アンシン・マウント)を疑います。

なぜなら保安官が持つ携帯には専用の回線でしかメールが送れないのです。

このメールの事をジャックに問うと、ジャックは携帯をビルに見せ、自分ではないと話します。

イタズラだろとジャックは言いますが、ビルはどうしてもそうは思えませんでした。

 
独自に捜査するため、機長のデヴィッド(ライナス・ローチ)とナンシー、そして唯一乗客の中で信頼できるジェンに保安官だと言うことを明かし、協力を頼むのです。

しかし、乗客の名簿をチェックするにも、近くの空港に着陸するにも時間を要します。

ビルは、ナンシーとジェンに、今からメールを送信するから、機内の監視カメラで携帯を操作する人物をチェックしてもらうように頼むことに。

 
いくつかのメールを送り、その時に携帯を操作していたのは数名。

その時、ビルの携帯に娘は元気かとメールが送られてきました。

娘がいることを知っているジャックが犯人だと睨んだビルは、トイレに入ろうとするジャックを止め問い詰めます。

しかし、ジャックは携帯を見せようとしません。

トイレの狭い空間の中でもみ合いの末、ビルは銃を向けてきたジャックから身を護ろうとジャックの首を折って殺害してしまうのです。

 
ジャックの携帯を手に入れその内容を見たビルは項垂れます。

事件の犯人はジャックではありませんでした。

ジャックがコソコソしていたのはコカインを運んでいたからなのです。

そのことがバレると勘違いしたジャックはビルの口を封じようと銃を向けたのでした。

しかしこれも犯人の計画のひとつだったのです。

ジャックの携帯を調べるとジャックも脅されていたことが分かります。

ビルは犯人の罠にかかりジャックを殺害し、最初の死人を自ら出してしまったのです。

 
その後、機長からは、調べてもらった送金先の口座はビルの物だと報告を受けます。

機長と上官であるマレニック(シェー・ウィガム)はビルの事を疑い銃とバッジを取り上げてしまうのです。

 
ナンシーにジャックを殺してしまった事がバレてしまいますが、犯人の罠にかかってしまったと説明し、乗客の中にいる犯人捜しを手伝ってくれと言います。

ビルは乗客らに自分が保安官だと言うことを明かし無作為に手荷物検査をすることがあると嘘をついて、犯人を捜すため手荷物検査を行うことに。

その検査の中心は先ほど携帯を操作していた数名です。

ビルの勝手な行動を疑問に思った機長は、TSA(アメリカ合衆国運輸保安局)にビルがハイジャック犯の可能性があると報告してしまいます。

 
中々犯人が見つからず、手荒な行動に出てしまうビル。

そこへまた犯人からメールが届きます。

しかし、見渡してみてもそこに携帯を操作している乗客はいません。

そんな時、飛行機に乗る前に話しかけてきた男が同じ便に乗っていることに気付きます。

その男はアムステルダムに行くと話していたのにロンドン行きの便に乗っていた為怪しいと思い尋問をするビル。

 
その男トム(スクート・マクネイリー)を拘束すると上官から連絡が入り、いますぐ拘束を解くよう言われますが、ビルはトムを調べてくれと訴えるのです。

しかし、トムは教師で家族に会うためロンドンに向かっていると話す上官は、ビル以外にその便に怪しい者はいない、今の行動を続けるならビルを任務から外すと言います。

ビルは電話を切り、トムに何故聞いてもいないのに行き先を言ったのか問い詰めると、話しかけたら100ドルやると言われたからだと訴えるのです。

ビルはトムを拘束したまま乗客の中にその人物がいるか探せと言って機内を歩かせますが、その様子をスマホで撮影していた人物がいました。

そんなことを気にも留めず犯人を見つけられないまま指定された時間が過ぎたとき、犯人から、乗客とは限らないとメッセージが来るのです。

 
乗務員の中に犯人がいるのかと疑ったその時飛行機が急降下を始め、席から立っていたビルは天井に叩きつけられた後、また床に叩きつけられます。

どうにか操縦室までやってきたビルとナンシー。

そこには発作を起こして倒れている機長がいました。

ビルは、先ほどの手荷物検査で医師だと言っていたファヒナム(オマー・メトワリー)に機長を見てもらうことに。

その時、オースティン(コリー・ストール)がビルにこの事態を説明するよう食いつきます。

一刻を争う時に邪魔をするオースティンを壁に押し付け、ビルは、「席に座って静かにしてろ、警官だろ?わかるよな?」そう言ってオースティンを黙らせるのです。

 
機長を診察したファヒナムは、もう手遅れだと言います。

犯人は「時間を無駄に使うのが上手いな、どんどん乗客がいなくなり俺とあんた二人だけになるだろう」とビルを煽るのです。

 
ファヒナムは、解剖しないと詳しい事は分からないが、毒とか何かかもしれないと話し、何かのアレルギー反応で心臓麻痺を起こして機長が死んだのではないかとビルに話します。

副操縦士のカイル(ジェイソン・バトラー・ハーナー)に、機長が自分と話した後に何か口に入れたか、誰か操縦室に入ったかと問いますが、何もなかったと話すカイル。

ビルは機長が死んだことを上官に報告します。

ジャックに確認するという上官にジャックも死んだと報告し、犯人を捜すための時間を稼ぐから、口座に金を送金するよう要求するのです。

しかし、ビルを疑っている上官は、そんなことはできないとビルの要求を突っぱねます。

ビルは、着陸したら口座を凍結し自分を逮捕すればいいと言い150人の乗客の命が危険だと訴えますが、回線を切っていないため乗客が家族に連絡してパニックになっていると言う上官。

テロリストとこれ以上話していられないと言われ通話を切られてしまうのです。

 
一旦席に戻ったビルは、ジェンに席を譲ったザックがプログラマーだと知り、スマホのサイレントモードを解除できるかと問います。

ウィルスを貼り付けて送信すれば出来るというザックに、自分の携帯を渡し今すぐそれを実行して欲しいと頼むビル。

ザックは犯人とのやり取りを見て危険だと言いますが、ビルの頼みを引き受けることに。

 
次の殺人まで残りの時間は8分ほど。

ビルはビジネスクラスに移動しこれからしばらくの間ビジネスクラスへの立ち入りを禁止するアナウンスを流します。

しかし、乗客は黙っていません。

どうにかなだめるために、ビルは一年間国際線の料金を無料にすると言って乗客らを黙らせるのでした。

 
その時、飛行機が旋回していることに気付いたビル。

カイルに聞くと、指示されたと言いビルの話を聞こうとしません。

5分だけ回線を切らないでくれ、絶対に犯人を探し出すからと訴えるビルに、カイルは5分だけだと答えるのです。

 
ザックがウィルスを貼り付けることに成功し、メールを送信するとチャールズ(フランク・ディール)の胸ポケットに入っていたスマホが鳴りました。

しかし、チャールズは自分の携帯ではないと訴えます。

ビルは尋問を続けますが、チャールズは泡を吹いて倒れてしまうのです。

 
乗客はビルをテロ犯だと疑い一人ずつ乗客を殺して機体を墜落させるつもりなのではと噂し始めます。

その頃、ビルは気持ちを落ち着かせるためトイレでたばこを吸い、酒を飲もうとしていました。

その時、たばこの煙が吸い込まれる場所がある事に気付きます。

そこを開けてみると小さな穴が開いており、その先は操縦室で穴の先には機長が座る席がありました。

トイレのダストボックスから吹き矢のようなものを見つけたビル。

その吹き矢に薬物を仕込んで機長を殺害したのではないかと推理します。

チャールズの遺体を調べると、胸元から針のようなものが発見されるのです。

 
ビルは、トイレを使った乗客に話を聞きに行き、トイレを使用した後に誰か入った人はいるかと質問します。

するとその乗客はジェンが通路に立っていたと話すのです。

ジェンを疑ったビルは、ジェンに何故窓際の席に拘ったのかと質問します。

疑われていると思ったジェンはビルに抗議しますが、7年前に弓部大動脈瘤で43分心臓が止まって手術を受けた事、次に心臓が止まったらもう助からないかもしれないから飛行機では座席の背もたれではなく窓の外を眺めていたいのだと話すのです。

 
そんな中、テレビニュースではビルが飛行機をハイジャックしたと報道され、機内でもそのニュースが流れたため乗客たちは騒然とします。

ビルの経歴も報道され、ビルに不利な情報が流れてしまうのです。

ビルはジェンと犯人の携帯を捜査するためパスワードを解いてみようと試みていましたが、勝手に画面が変わり、ビルが送信したかのように装い“もうこれしか手段がない”というメッセージがホワイトハウスやFBIなどに送信されてしまいます。

携帯の画面には30分のタイマーが現れ爆発までの時間を刻み始めてしまいました。

ビルは急いで爆弾を探します。

上官に連絡してもビルをテロリストだと決めつけているため全く話が通じません。

ジェンも爆弾を探す協力をしていますが、機内で流れている報道を見て唖然とします。

ビルもやっとその報道を見て自分が犯人にされているこの事態に気付くのです。

 
しかし、報道の中で発せられた一言でピンと来たビルは、ジャックが運んでいたコカインの中から爆弾を見つけ出します。

航空保安官はセキュリティーチェックを受けなくても登場できるため、コカインも持ち込めたのです。

それを使って犯人はコカインの中に爆弾を仕込むことが出来たのです。

 
乗客らはビルを捕まえようとビルに掴みかかります。

揉み合いの末、取り押さえられてしまったビルは、トイレの中に死体がある、そこに爆弾もあると説明しますが、誰もその話を聞こうとしません。

そこにビルが落とした銃を拾ったトムがやって来てビルらに銃を向けます。

事態を説明しろと言うトムに、ビルは仕方なく今までの経緯を説明することに。

乗客の中にいる犯人が1億5000万ドル支払わなければ乗客を20分ごとに殺すと脅してきている事、そのせいでもう3人が死んだ事を話し、30分したら爆弾が爆発すると訴えます。

「娘が5歳の時に急性白血病になったが、娘を失うことが怖くて看病もせずに仕事に没頭した。父親としても人間としても失格だが、皆さんを救いたいんだ。私はハイジャックなんてしない。だから協力してくれ」

そう強く訴えるのです。

 

「フライト・ゲーム」犯人は?

その話を聞いてトムは銃をビルに返します。

警官のオースティンもビルの話を信じ、乗客を救うためビルに協力することに。

先ずは最悪の事態に備え飛行機の後部に全ての荷物を集めるようナンシーに指示し、爆発した時のショックを抑える準備をするのです。

しかし、8000フィートまで高度を下げないと爆弾の衝撃で機体はバラバラになってしまいます。

ビルはカイルに高度を下げるよう指示しますが、飛行機は英国空軍が包囲していてその指示に従うよう連絡が来ていました。

8000フィート高度を下げ気圧を最小限にしてくれというビルに、空軍からの命令に背けないというカイル。

しかし、ビルは爆弾があるんだと説得し、カイルは急に速度を落とす事はできないから10分時間をくれと言います。

 
爆弾の種類を調べたビルは、犯人が軍人だろうと推測し、乗客の協力を得て機体後部に置いた爆弾の上に荷物を置いていくのです。

乗客みんなが動く中、怖がって隠れてしまったベッカ。

ビルは、自分の娘が飛行機を怖がった時にこの青いリボンを握っていたんだと話して、ベッカの手に青いリボンを握らせ安心させるのでした。

 
カイルが機体を降下させるとアナウンスし乗客がそれぞれの席に戻っている時、上官からビルの口座に金を振り込んだと連絡が入ります。

上官は、乗客が撮影した動画が、ビルが犯人なのだという証拠になっていると話すのです。

ビルはその乗客からスマホを借りてアップロードした動画を確認します。

何度もチェックしていると、トムがビルに拘束されながら歩いている時にチャールズの席の前を通りながら携帯をチャールズの胸ポケットに忍び込ませている所が写っていました。

気付かれたと察したトムは、オースティンに飛び掛かり銃を奪って撃とうとします。

しかし、その銃には弾が入っていませんでした。

オースティンは弾が入っていない銃を持たされたことに腹を立てますが、ビルは自分の席にあるから取ってこいと言われ銃弾を持ちに座席へと向かいます。

 
しかし、銃弾はザックに奪われていました。

ザックもトムの共犯者だったのです。

オースティンから銃を奪ったザックは弾を入れ発砲します。

銃声に驚き隙が出来てしまったビルは、座席の隙間に隠れていたトムに腕を刺されてしまうのです。

 

「フライト・ゲーム」最後ラストの結末

トムとザック、この二人に銃を奪われ機内はパニックに。

トムは9.11のテロでで家族を亡くしていました。

テロを許せず軍に入隊したものの、何も変わらない世界にうんざりしてこのテロを計画したのです。

二人はパラシュートで外に逃げる計画でしたが、ビルは9.11以降軍の司令に背き降下したハイジャック機は撃墜されると話します。

自分も死ぬとは考えていなかったザックは、トムに爆弾を解除するよう言いますが、トムはそれを聞き入れません。

ビルから自分を救うことを考えるんだと言われたザックが爆弾を解除しようとしたところをトムが銃で撃ちます。

そしてトムはビルに銃を向けたその時、予告通りカイルが高度を一気に下げ始めました。

 
ビルは高度が下がる事を知っていた為、吹っ飛ばないようベルトを握っていましたが、そんなことを知らないトムはそのまま機体の天井に打ち付けられてしまいます。

それでもビルに向け発砲するトム。

ビルは浮いてきた銃をどうにか掴んでトムを射殺することに成功します。

しかし、撃たれても死んでいなかったザックがビルをナイフで襲ってくるのです。

元警官のビルはどうにかザックを倒し、乗客らに頭を低くするよう叫びます。

その直後、爆弾はザックを巻き込みながら爆発しました。

機体の後部に穴は開きましたが、激しく損傷しながらもカイルが無事に機体を着陸させることに成功するのです。

 
乗客も乗員も無事でした。

先ほどまでビルを犯人扱いしていたマスコミはこぞってビルを、乗客を救った英雄だと報じるのです。

上官も、誤解していたことをビルに謝り、すべての証言をすると約束してくれました。

ビルは協力してくれたジェンに感謝の気持ちを伝え、最後に微笑み合うのでした。

THE END

 

「フライト・ゲーム」見どころ

終盤まで誰が犯人か分からず、協力者だと疑わなかったザックまで犯人だという大どんでん返しがたまらなく面白かった作品です。

ビルにとって最悪の状況が続く中、着々と犯人を特定していく姿がとてもカッコよかったのと、乗客がビルの味方になっていく過程も面白かったですね。

どのシーンも見逃せないところばかりで、もう一度最初から見返したくなる作品でした。

 
個人的には「98時間」シリーズのリーアム・ニーソンよりも今作の方が好きです。

「96時間」ネタバレ!あらすじや最後ラストの結末と見どころ!
映画「96時間」はリーアム・ニーソン主演、 ピエール・モレル監督の2008年の映画です。 この映画「96時間」のネタバレ、あらすじや最後のラスト結末、見どころについて紹介します。 誘拐された娘を救うべく元CIAの父親が立ちあがるアクション「96時間」をご堪能ください。
「96時間 リベンジ」ネタバレ!あらすじや最後ラストの結末は?
映画「96時間 リベンジ」は、 リーアム・ニーソン主演、オリヴィエ・メガトン監督の2012年フランス映画です。 2008年の映画『96時間』の続編になります。 そんな、映画「96時間 リベンジ」のネタバレ、あらすじや最後ラスト、結末について紹介します。

シチュエーション的には「トレイン・ミッション」に似ていて、今作が気に入った人ならこちらも必ず好きにるハズですよ。

「トレイン・ミッション」ネタバレ!あらすじや最後ラストの結末と見どころ!
映画「トレイン・ミッション」はリーアム・ニーソン主演、ジャウマ・コレット=セラ監督の2018年の映画です。 この映画「トレイン・ミッション」のネタバレ、あらすじや最後のラスト結末、見どころについて紹介します。 通勤電車を舞台にしたノンストップ先の読めないノンストップ・サスペンスアクション「トレイン・ミッション」をご堪能ください。

調べてみたら両方ともジャウマ・コレット=セラ監督作品で、この監督とリーアム・ニーソンのコンビはハズレがありません。

もちろんアクションシーンもありますが、謎解きミステリーが抜群に面白いです。

よく練られた秀作でおすすめです!

みんなの感想

テキストのコピーはできません。