「武士の献立」ネタバレ!あらすじや最後ラストの結末と見どころ!

映画「武士の献立」ネタバレ あらすじヒューマン

映画「武士の献立」は、上戸彩主演、朝原雄三監督の2013年の映画です。

この映画「武士の献立」のネタバレ、あらすじや最後ラストの結末、見所について紹介します。

加賀藩に実在した包丁侍が残した献立書を基に描かれた「武士の献立」をお楽しみください。

 

「武士の献立」あらすじ

優れた舌と料理の腕を持ちながら、気の強さから夫に離縁されたお春(上戸彩)。

加賀藩に代々料理人として仕える舟木伝内(西田敏行)に才能を買われた彼女は、舟木家の跡取り息子・安信(高良健吾)の嫁となります。

しかし安信は料理がからっきし苦手で仕事にも興味を持てないできそこないの包丁侍だったのです。

お春と安信はお互いに反発しますが・・・

これは江戸時代、“刀”ではなく“包丁”で加賀藩に仕えた実在の侍一家を描く時代劇です。

もし、文章のネタバレではなく動画で見たい!なら U-NEXT で今すぐ無料で見る事が出来ます。
無料登録して、31日間のお試しの後で本契約をするかどうか決めれば良いです。

 

「武士の献立」ネタバレ

加賀藩6代藩主である前田吉徳(猪野学)の側室お貞の方(夏川結衣)に仕える春(上戸彩)。

幼いころからお貞の方に仕え、料理の腕前もあることからお貞の方にはとてもかわいがられていました。

そんな春は結婚して城から出るも一年もせずに離縁しまた城に仕える日々を送っています。

ある日、城で行われた宴の際、城で台所方を務める料理人・舟木伝内(西田敏行)が作った「鶴もどき」の調理法を見事言い当て、伝内からその才能を認められ自分の息子の嫁になって欲しいと縁談を持ち掛けられるのです。

 
舟木家は代々藩主の台所方を務める包丁侍の家でしたが、伝内の息子安信(高良健吾)は料理の腕がありませんでした。

伝内は春に安信の料理の腕を伝授して欲しいと思っていましたが、春は自分よりも四歳も年下の安信との結婚に慎重になり、その縁談を断ってしまいます。

しかし、伝内の思いを知り安信との結婚を決意した春は舟木家へと嫁ぐことに。

 
安信の兄が亡くなったことで安信が跡取りとなりますが、料理の才能がない安信は台所方の仕事も適当にする始末。

そんな中舟木家では親戚を集め料理を振る舞う食事会が行われます。

そこで出された安信の料理はどの客にも不評でした。

見かねた春は、こっそりと汁物の味付けを変えて客に振る舞います。

 
春が味付けを変えた汁物は皆に好評でしたが、プライドを傷つけられた安信は春に怒りを露わにし、春に向かって「この古だぬき」と暴言を吐くのです。

安信に頭を下げて今回の勝手な振る舞いを謝罪していた春でしたが、「包丁侍などつまらぬ役目だ」と言った安信の言葉に腹を立て、料理で勝負をしましょうと提案し「安信が負けたら春からの料理指南を受ける、負けたら離縁する」という条件で勝負することに。

その勝負は勿論春が勝利し、春からの厳しい指導を受けた安信は少しずつ料理の腕を上げていきます。

料理の腕が上がった安信は出世していき、安信の親友・今井定之進(柄本佑)とその妻・佐代(成海璃子)も安信の出世を祝うのです。

その際、佐代から言われた「春様のおかげで私の心の荷がやっと下りたような気がします。」という言葉が気になっていた春。

姑の満(余貴美子)から、幼馴染だった安信と佐代が互いに思いを寄せ合っていたことを聞きます。

そのことは春の心に重くのしかかるのです。

 
結婚して一年が経ち、藩主の善徳が急死し藩内では保守派と改革派の争いが激しくなります。

保守派の代表前田直躬(鹿賀丈史)は、改革派の代表である大槻伝蔵(緒田直人)を失脚させることに成功するのです。

改革派を一掃せよという命によって定之進の家もお取り潰しになってしまいます。

その後も新藩主が病死し、その弟の毒殺未遂が起き、その容疑がお貞の方にかかってしまうのです。

 
育ての母のような存在のお貞の方の幽閉を知り動揺した春でしたが、安信の計らいでお貞の方に会うことができます。

お貞の方から、大槻と愛し合っていたという告白を聞き驚く春。

お貞の方は今までの人生で悔いがあるとすれば、愛する人と一緒になれなかったことだと寂し気に呟くのです。

その後、大槻が自害し、お貞の方も後を追うように亡くなるのでした。

 
それから数ヶ月後、新藩主が江戸に戻ってきます。

その藩主の着任祝いの場での料理を頼まれた舟木家。

しかし、安信は安之進のこともありこの仕事を手伝いたくないと伝内に反発するのです。

安信は改革派の計画に参加する決心をしていました。

そんな安信の決心に気付いていた春は安信の刀を隠してしまうのです。

 
春のせいで計画に参加できず、自分はなにも出来ず仲間たちが亡くなった事を知った安信は春に激しい怒りをぶつけます。

春は「私はあなたに生きて欲しかったのです。」と涙ながらに訴えますが、安信は春のしたことが許せず春に刀を向けます。

それを目撃した満は安信を抑え「春の機転のおかげで舟木家がお取り潰しにならずにすんだのだ。お前まで私を置いていこうとするのか。」と安信を責めるのでした。

そこへ伝内が倒れたという知らせが入ります。

 
床に伏せる伝内は安信に「私の体はもう自由がきかない。我ら包丁侍の誇りを持て。」と厳しい言葉を向けるのです。

そして春に安信と一緒に新藩主着任祝いの宴で使う食材を見つけに行って欲しいと頼みます。

安信は渋々食材探しの旅に出ますが、体調を崩しても弱音を吐かずにいる春に少しずつ惹かれていくのです。

 

「武士の献立」最後ラストの結末は?

しかしその頃、佐代が帰ってきているという知らせを聞いて複雑な思いになる安信。

春もまたその話を聞いて表情を暗くします。

 
着任祝いの宴は、安信が中心となって用意された数々の料理が振る舞われ無事成功に終わるのです。

晴れやかな気持ちで家に帰った安信は、家に春がいないことに気付きます。

満から春が手紙を残して出て行ってしまったと聞かされるのです。

春は安信と佐代が思いあっている同志一緒になった方が良いと思っていました。

定之進を亡くし、江戸に帰ってきた佐代を思い自分が身を引こうと考えたのです。

 
春は海辺のある町にいました。

春の事を探していた安信がやっと春のこと見つけ「俺と一生を共にしてくれないか。」と正直な気持ちを春に告白し夫婦としての危機を乗り越えます。

それからしばらくして、安信は伝内も届かなかった御料理頭にまで出世するのです。

そして伝内と共に「料理無言抄」などの献立集を残すのでした。

完。

 

「武士の献立」見どころ

静かにほのぼのとしているので家族で楽しめる映画です。

武士になりたかった安信が、兄が亡くなったことで料理侍として生きていく葛藤や、妻である春の安信への思いが繊細に描かれていてじんわりと心が温かくなりました。

 
また、安信と春の夫婦としての絆、伝内や満との家族の絆なども描かれているストーリーなのでホロリと泣ける場面も多いです。

現在で言うレシピ集を作った親子に焦点を当てたストーリーも面白かったです!

この「武士の献立」はU-NEXT で無料で見る事が出来ます。
31日間無料体験できますので、その期間中にいろいろな作品を見る事ができます。
期間内の解約であればお金は一切かかりません。

みんなの感想

テキストのコピーはできません。