「ビルド・ア・ガール」ネタバレ!あらすじや最後ラストの結末と見どころ

映画「ビルド・ア・ガール」ネタバレ あらすじ
コメディ

映画「ビルド・ア・ガール」はビーニー・フェルドスタイン主演、コーキー・ギェドロイツ監督の2019年公開の作品です。

この映画「ビルド・ア・ガール」のネタバレ、あらすじや最後のラスト結末と見どころについて紹介します。

女子高生が辛口音楽ライターに転身して奮闘する姿を描く「ビルド・ア・ガール」をお楽しみください。

 

「ビルド・ア・ガール」あらすじ

1993年、イングランド・ウルヴァーハンプトン──

16歳の女子高生ジョアンナ・モリガン(ビーニー・フェルドスタイン)、将来の夢は作家。

『赤毛のアン』くらい想像力も豊かで、良き相談相手は敬愛する作家や歌手、偉人たち!?

壁に勢揃いする彼ら(の写真)に思いの丈をぶつけるジョアンナは、正直言ってイケてない。

だけど、国語教師も太鼓判を押す文才がある彼女に、生番組で詩を披露するチャンス到来!

夢に見た生まれ変わる瞬間、ド緊張して大失態を晒した彼女は学校の笑い者になります。

おまけに、モリガン家のパパが社会保障省に隠し続けて来た、不正受給がバレちゃった!

貴重な収入源が絶たれ、家族団らんの必需品テレビも没収されて責任を感じるジョアンナ。

すると、妹思いの兄は“募集!ロック・ミュージック・ライター”への挑戦を薦めます。

ジョアンナが熱い思いを伝えたい、好きな楽曲は『Tomorrow』(ミュージカル『アニー』)!

なんと、人生初の挑戦は、面接まで進むという奇跡を起こしました。

いざ!大都会ロンドンにある、音楽情報誌D&MEの編集部へ。

 
ところが、編集部の男たちは、賭けの対象である“16歳のアニー”の登場を笑います。

生まれ変わるチャンスをまた逃して、身をすくめるロック初心者のジョアンナ。

だけど、魔法のチカラで立ち直ると、もう一度編集部に乗り込んで自己PR開始!

彼女が書く文章を評価していた編集者は、一度だけチャンスを与えます。

 
バーゲンに突撃するジョアンナは、シルクハットやジャケットを購入。

髪を赤く染め、脚見せコーデにも挑戦して、思い描いた“ドリー・ワイルド”に大変身!

そして、人生初ロックバンドのライブに乗り込みます。

その熱狂を全身で受け止め、興奮冷めやらぬまま書いた文章は、音楽情報誌D&MEに掲載。

“16歳のアニー”を笑った編集部の男たちを見返して、採用となりました。

そして・・・

 

「ビルド・ア・ガール」ネタバレ

音楽ライターの新星ドリー・ワイルドは世間から注目され、ジョアンナはイケてる16歳に!

そんな生き生きしている娘を見て、パパは自分の事のように喜びます。

7人(パパ、ママ、兄とジョアンナ、弟3人(うち2人は赤ちゃん)で借家暮らしのモリガン家。

貧しさも、辛いことも、支え合って乗り越えてくれる家族はパパの自慢です。

そして、娘の才能を信じているパパは“自分もポップスター”になる準備が整いました。

夢を捨てきれず、今も曲作りを続けているポジティブなパパに、ジョアンナも微笑みます。

 
売れっ子のドリー・ワイルドの稼ぎで、モリガン家は安泰。

だけど、最初は喜んだ兄が、だんだん妹の様子に違和感を覚え始めます。

交代制だった家事をサボるジョアンナは「私が家賃を払ってる!」と、上から目線。

年上ばかりの編集部の男たちにも対等に物を言う16歳は、特集記事を任され有頂天でした。

 
目の前には、ロック・スターのジョン・カイト(アルフィー・アレン)。

初のインタビュー取材だと言うジョアンナの、突飛な質問に彼は思わず笑ってしまいます。

逆質問されるジョアンナは、初めて乗った飛行機からの眺め、その驚きを幸せそうに答えました。

ジョアンナの豊かな感性に惹かれたジョンは街を案内し、自身のライブに誘います。

そして、優しくも切ないジョンの歌声に、瞬く間に恋に落ちたジョアンナ。

 
妹が書き上げた文章(愛の詩)を、苦い顔をしながらも聞いてやる兄。

ところが、編集部の男たちは“ロック・スターに恋するお子ちゃま”をクビ!

音楽ライターとして人気を博したドリー・ワイルドは、世間から消え去りました。

 
魔法が解け気力を失うジョアンナに、語り掛ける(バス停に貼られたポスター広告の)ジョン。

彼の言葉を信じて再び編集部へと乗り込んだジョアンナは、仕事の厳しさに直面します。

実際、音楽で食べていけるのは一握り。

本物を見極めて“その他は蹴散らす”のが、音楽ライター・ドリー・ワイルドの仕事。

恋心も封印して、徹底的に“ビッチ”の道を突き進むと決意したジョアンナ。

ミュージシャンをぶった斬る、辛口批評家ドリー・ワイルドとして生まれ変わり人気再燃!

その勢いで、これまで想像だけに留まっていた(主に性的)欲望も満たして行きます。

 
すると、派手に着飾るジョアンナに刺激を受けるパパも、動き出しました。

ジョアンナが購入した新車を勝手に売却、そのお金を自主製作レコードに使い果たします。

人気者のドリー・ワイルドが、有名人にしてくれると信じているパパ。

結果、(ジョアンナのパパだと知らない)編集部の男たちにボロクソ批判され、彼女も便乗。

ジョンに愛の告白をしても受け入れてもらえなかった、ジョアンナのビッチ度は増幅。

世間は知らないジョアンナだけが知るジョンの秘密を、音楽情報誌D&MEで暴露。

イラつくだけの学校を辞め、仲良しだった家族にも鬱憤をぶちまけます。

 
自分を必要として褒めてくれる編集部の男たちに、しがみ付く16歳のジョアンナ。

それが全部間違いだったと気づくのは、再びパパの音楽を馬鹿にされた時でした。

 
ジョアンナではなく、利益を生む辛口批評家ドリー・ワイルドが好きな編集部の男たち。

必死に生きている人を突き落として嘲笑う、ゲス野郎たちをジョアンナは論破。

家族を傷つけた事を後悔し、16歳の自分にジョンが如何に誠実だったのかを思い知ります。

 

「ビルド・ア・ガール」最後のラストの結末は?

自分が書いた酷い記事に隠されて、ただのピンナップになった作家や歌手、偉人たち。

すると、どん底のジョアンナの頭を(お尻を模した!?)トロフィーが直撃、気絶した彼女は病院へ!

皮肉にも、D&MEアワードで受賞した“クソったれ・オブ・ザ・イヤー”が家族の絆をより強くしてくれました。

「ジョアンナ、寂しかった!」と再び賑やかに話し出す、敬愛する作家や歌手、偉人たち。

本当の自分を取り戻した彼女は、彼らと笑い合います。

 
酷い記事を書いてしまったミュージシャンたちに、謝罪の電話を掛けたジョアンナ。

そして、16歳で経験した目まぐるしい日々を、文章にして出版社に送りました。

編集長アマンダ・ワトソン(エマ・トンプソン)は、ジョアンナの才能に惚れ込み採用。

人の悪口なんかより、自分自身が輝ける未来を想像して、素晴らしい文章を書けると信じています。

 
誰よりも誠実に、16歳のジョアンナと向き合ってくれたジョン・カイト。

ボツになり伝わる事はなかった“愛の詩”を持って、彼女は滞在先を訪ねました。

そして、ジョンを裏切った事、あの日の告白でキスしようとした事も謝るジョアンナ。

すると「恋に落ちない訳ない だけど、俺が君には幼過ぎる…」と、やはりジョンは真心を持って向き合います。

 
もうすぐ17歳になるジョアンナには、まだまだ知らない世界、挑戦したい事が山ほどある!

刺激をもらい高め合える大切な友人に出会えたジョンも、未来を見据え挑戦し続けます!

THE END

 

「ビルド・ア・ガール」見どころ

「一生懸命がんばったけど、今日も散々だった……どうすれば抜け出せるの?」

刺激がない町で暮らすジョアンナは、メラメラと湧き上がる欲求をもう抑えられない!

ヒロイン向きじゃない事は自覚しているけど、身を焦がすような恋だって渇望する16歳。

そんな強烈な女子高生を、あのビーニー・フェルドスタインがまたまた熱演しちゃいます!

『レディー・バード』(日本公開2018年・主演シアーシャ・ローナン)では、主人公の親友ジュリアン。

ケイトリン・デヴァーとのW主演作『ブックスマート 卒業前夜のパーティーデビュー』(同2020年)では、生徒会長でガリ勉のモリー。

「ブックスマート 卒業前夜のパーティーデビュー」ネタバレ!あらすじや最後ラストの結末と見どころ!
映画「ブックスマート 卒業前夜のパーティーデビュー」は、ケイトリン・デヴァー主演、オリヴィア・ワイルド監督の2019年の映画です。 この映画「ブックスマート 卒業前夜のパーティーデビュー」のネタバレ、あらすじや最後のラスト結末、見所について紹介します。 2人の女子高生が起こす大騒動から、過去のいとしさと未来の美しさを再認識できるコメディ「ブックスマート 卒業前夜のパーティーデビュー」をご堪能ください。

いわゆる、擦り傷だらけの10代を描いたこの2本も、鮮烈な印象を残す作品です。

 
本作も含め、どれも惜しげもなく下ネタが描かれますが、10代のうちに観てもらいたい映画ですね。

自分自身は子供じゃないと思っているけど、親や先生に大人だとは認めてもらえない。

色んな壁にぶち当たる高校生が、自らの心と真っ直ぐに向き合い辿り着くエンディング。きっと、清々しさを感じることが出来るしょう。

 
本作『ビルド・ア・ガール How to Build a Girl』は、“実話に基づく…ほぼ”です。

脚本を担当したキャトリン・モラン自身が、まさに16歳で音楽雑誌のロック評論家デビューしたそうです。

さて、冒頭から想像を膨らませるジョアンナ(ビーニー・フェルドスタイン)は、満たされない日々に心が渇きまくっています。

親友は愛犬ビアンカ、そして神の壁“GOD WALL”と名付けられた作家や歌手、偉人たちに泣き言を漏らす。

個性豊かな“神の壁”のメンバーは、是非本編で!

 
失敗ばかり続くジョアンナに、光が差すキッカケをくれたのは、音楽好きの兄クリッシー。

演じているローリー・キナストンは、正直言って本作が「初めまして」の私。

だけど、トゲもありつつ優しさを感じられる兄は、かなりの推しキャラです。

大家族で慎ましく暮らすモリガン家は、2階のひと部屋をドアで間仕切りして兄妹の寝室に。

兄は妹の嘆きや、音楽ライター・ドリー・ワイルドに大変身して経験できた、性的なアレコレを聞かされます。

ジョアンナ曰く「ベルリンの壁」は、いつでもドアを開けられ、兄妹を分断していた訳じゃありません。

だけど、彼女の変貌と共に、対立の象徴へと変わって行きます。

本編36分以降から描かれるジョアンナ、そして音楽情報誌D&MEの男たちは本当に胸糞悪いです!

 
16歳のジョアンナは、大人の口車に乗せられて落とし穴にハマったとは言え、彼女の言動はゾッとするものばかり。

その一方で、ちょっと頼りない夢追い人のパパ(パディ・コンシダイン)をはじめ、本当は家族を想っている娘の苦しさも伝わってくるんですよね。

半端ないビーニー・フェルドスタインの怪演に、まんまと引きずり込まれてしまいました。

 
本作で、「アルフィー・アレンに惚れた!」という方も多いようです。

ジョアンナの本質を一瞬にして見抜いたジョン・カイトは、とにかく紳士的です。

ガチガチの堅物ではなく遊び心も持っているし、16歳のジョアンナを軽視なんてしません。

共鳴できる部分を持つ彼女と心が通じる友人の立場を守り、彼女の未来を応援するジョン。

そのカッコ良すぎる態度に、恋心を封印するどころか「ますます好きになっちゃう!」なんて、観る者を惑わす罪な奴!?

これから恋愛を経験する方には、編集部のゲス野郎じゃなくジョンのような誠実な方と出会って欲しいですね!

 
先にも言いましたが、これから輝かしい未来が待っている、10代や若者に是非観てもらいたい映画です。

自分を肯定する者の真意、その見極めがとても大事ってことも学べる!

「もし私のように、あなたが“自分づくり”を間違えてしまったら・・・」

エンディングは、ジョアンナがあなたに語り掛けます!

どうぞ、最後までお楽しみください。

みんなの感想

テキストのコピーはできません。

Warning: Undefined array key "position" in /home/xserver26/oyasumi-movie.jp/public_html/wp-content/plugins/quick-adsense-reloaded/includes/template-functions.php on line 3341

Warning: Undefined array key "position" in /home/xserver26/oyasumi-movie.jp/public_html/wp-content/plugins/quick-adsense-reloaded/includes/template-functions.php on line 3341

Warning: Undefined array key "position" in /home/xserver26/oyasumi-movie.jp/public_html/wp-content/plugins/quick-adsense-reloaded/includes/template-functions.php on line 3341

Warning: Undefined array key "position" in /home/xserver26/oyasumi-movie.jp/public_html/wp-content/plugins/quick-adsense-reloaded/includes/template-functions.php on line 3341

Warning: Undefined array key "position" in /home/xserver26/oyasumi-movie.jp/public_html/wp-content/plugins/quick-adsense-reloaded/includes/template-functions.php on line 3341

Warning: Undefined array key "position" in /home/xserver26/oyasumi-movie.jp/public_html/wp-content/plugins/quick-adsense-reloaded/includes/template-functions.php on line 3341

Warning: Undefined array key "position" in /home/xserver26/oyasumi-movie.jp/public_html/wp-content/plugins/quick-adsense-reloaded/includes/template-functions.php on line 3341

Warning: Undefined array key "position" in /home/xserver26/oyasumi-movie.jp/public_html/wp-content/plugins/quick-adsense-reloaded/includes/template-functions.php on line 3341

Warning: Undefined array key "position" in /home/xserver26/oyasumi-movie.jp/public_html/wp-content/plugins/quick-adsense-reloaded/includes/template-functions.php on line 3341

Warning: Undefined array key "position" in /home/xserver26/oyasumi-movie.jp/public_html/wp-content/plugins/quick-adsense-reloaded/includes/template-functions.php on line 3341