「雨あがる」ネタバレ!あらすじや最後ラストの結末と見どころ!

映画「雨あがる」ネタバレ あらすじヒューマン

映画「雨あがる」は、寺尾聰主演、小泉堯史監督の1999年の映画です。

そんな、映画「雨あがる」のネタバレ、あらすじや最後ラスト、結末、見所について紹介します。

この「雨あがる」の脚本は黒澤明が遺したものです。

 

「雨あがる」あらすじ

武芸の達人でありながら、お人好しな性格が災いして仕官になれない三沢伊兵衛(寺尾聰)とその妻・たよ(宮崎美子)は、旅の途中、雨に降られてある安宿に泊まることに。

そんな折、若侍同士の果しあいを仲裁した三沢は、その腕を見込まれて藩主・永井和泉守(三船史郎)の城に招かれるが…。

心優しい武士とその妻の絆を描くハートフル時代劇です。

もし、文章のネタバレではなく動画で見たい!なら U-NEXT で今すぐ無料で見る事が出来ます。
無料登録して、31日間のお試しの後で本契約をするかどうか決めれば良いです。

 

「雨あがる」ネタバレ

河を眺める浪人・三沢伊兵衛(寺尾聰)は、妻・たよ(宮崎美子)と旅の途中でした。

小さな木賃宿・松葉屋。

ここ数日降り続く雨のせいで河を渡れない老若男女、大勢の客がいました。

ぶつぶつ文句が聞こえると「いずれ止みます、これまでも止んだから。」そう言って和ませ、伊兵衛は奥の部屋に入ります。

剣の達人でありながら、優しすぎるが故に大成出来ない伊兵衛。

たよは、柔らかい物腰と芯の強さがある女性。

何かとたよに頭が上がらない伊兵衛でした。

 
宿の女客・おきん(原田美枝子)が「泥棒が居る!」と騒いでいます。

「飯を食われた!」わめき散らすおきんは、皆の厄介者でした。

堪り兼ねた伊兵衛は止めに入ります。

その穏やかで控えめな口調に、おきんは居た堪れなくなり二階へ上がっていきました。

憂鬱な気持ちになる長雨、口には出しませんが皆おきんの気持ちは分かっていました。

 
外へ出ていた伊兵衛が、大量の酒、食べ物を持って帰ってきました。

豪勢な料理に皆が上機嫌です。

その時、おきんが現れピタリと静まり返りますが、飯をすすめる伊兵衛。

一人の男が歌い出し、その場はまた盛り上がるのでした。

 
奥の部屋で針仕事をしているたよ。

伊兵衛は御膳を持って行き、約束を破った事をたよに謝ります。

あの酒や食べ物は、皆のためにと“賭け試合”をして金を儲け手に入れたのでした。

正面に向き合い切々と許しを請い御膳をすすめる伊兵衛を見て、たよは思わず笑ってしまいます。

翌朝、雨が止み宿に居た客は大いに喜び、伊兵衛に感謝するのでした。

しかし、まだ河は渡れそうもありません。

 
稽古のため山道を歩く伊兵衛。

時折、自らの不甲斐無さがたよに苦労を掛けていると思いふけるのでした。

そこへ、数人の若い侍の声が聞こえてきます。

剣を交える二人の侍に駆け寄り仲裁する伊兵衛。

しかし「男の勝負だ!」と言ってやめようとしません。

向かってくる一人の侍を、柄で倒してしまう伊兵衛。

囲まれる伊兵衛でしたが、現れた藩の城主・永井和泉守重明(三船史郎)の一声で収まるのでした。

御法度である同士打ちを見事に止めた伊兵衛、重明は感心して城へ帰りました。

 
ある日、宿に戻った伊兵衛を重明の近習頭・榊原権之丞(吉岡秀隆)と、近習・野田又四郎(山口馬木也)が待っていました。

重明の待つ城へ出向いた伊兵衛、それを物陰から一人の男が見ています。

先日の伊兵衛の立ち回りを見て、城の“剣術指南番”を任せたいと言うのです。

重明は、まず伊兵衛の身の上話を聞くことにしました。

無外流の流祖・辻月丹(仲代達矢)との勝負、内弟子となり幾つかの藩の宮仕えになるも、うまくいかなかったと伊兵衛は言うのでした。

 
伊兵衛の人柄に触れ立派な差し料に惚れ込んだ重明は、家老・石山喜兵衛(井川比佐志)らに伊兵衛を引き合わせるのでした。

そこで、「剣術指南番を伊兵衛に決めた。」と伝えると難色を示す石山。

「家中の者を納得させる腕前を披露するのが慣例!」と伊兵衛に対し慎重になるのです。

後日、“御前試合”をする事となりました。

 
じつは、松葉屋に留まる客のためにやった伊兵衛の“賭け試合”の相手がこの城に仕える三人の道場主だったのです。

「我らこそ、剣術指南番だ!」と憤慨する彼らをよそに、伊兵衛は重明から手厚い待遇を受けるのでした。

宿に戻った伊兵衛は、たよに今日の出来事を報告します。

「決まったも同然です。」と興奮気味の伊兵衛の話を静かに聞くたよ。

宿の皆にも土産を振る舞う伊兵衛、頂いた土産を一人見つめるたよの心中は…。

 
御前試合当日。

伊兵衛の相手となる道場主の三人がいつまで待っても来ません。

二人の侍が挑むも全く相手になりませんでした。

そこで、重明は自らが相手になると言い出します。

重明の槍攻めを受け流す伊兵衛、ところが勢いで重明を池に落としてしまうのでした。

興奮している重明が奥へと去ってしまい、落ち込む伊兵衛。

権之丞は「殿には、いい薬です。」と言って慰めてくれます。

 
その帰り道、三人の道場主が男たちを連れ立って現れました。

「剣術指南番は、あきらめようと…。」と言う伊兵衛、しかし男たちは問答無用に襲い掛かってきたのです。

重明の顔に泥を塗ってしまった自分が許せない伊兵衛は、気が立っていて荒々しい態度で受けるのでした。

 
一方、重明は池に落ちた後、伊兵衛から丁重な詫びをされ自尊心が傷ついたと奥方(檀ふみ)に話していました。

そして、奥方は「お強い方も大変ですこと。」と腕が立ちすぎると図らずも誰かを傷つけてしまうものと思い至るのでした。

重明は、伊兵衛と話した時に言っていた「宮仕えは、うまくいかない。」という言葉を思い出します。

宿に戻った伊兵衛。

客たちは出立してしまい、賑わいを失った宿で静かに酒を飲むのでした。

 
たよは、暮らしが満足でなくても互いを思いやれる皆と過ごした日々をしみじみ思い出します。

他人の事を思いやり自分の苦労は口にしないたよ、伊兵衛は甲斐性なしの自分を痛切に感じるのでした。

「剣術指南番は、ほぼ内定。」と伝える伊兵衛。

これまでも叶わず仕舞いだったと言うたよに、伊兵衛は「今度こそは…。」と思いを強くするのでした。

 
翌日、落ち着かない様子の伊兵衛、重明からの知らせを待っていました。

河を渡るには好日、どちらにしても、たよは荷造りを始めます。

その時、硬い表情の石山と権之丞がやってきました。

石山は、重明に対する不作法は差し許すが“賭け試合”をした事は見過ごせないと言いました。

剣術指南番の話は無くなり、重明から旅費の足しにと預かった餞別を渡す権之丞。

受け取らない伊兵衛を見兼ねて、たよが口を挟んできました。

 

「雨あがる」最後ラストの結末

たよは、伊兵衛が賭け試合に手を出すことを固く禁じていました。

やむを得ない事情とは言え、約束を破ってしまい自責の念を感じていた伊兵衛。

しかし、あの宴を喜び前向きになった客の姿から、たよは伊兵衛を責めるのは間違いだと気づいたのでした。

 
長雨で足止めを食う羽目になった客たちを、気の毒に思った伊兵衛が決心した事。

たよは、その気持ちを初めて理解し「何をしたかでは無く、何のためにしたのか。」と言いました。

「でくの坊のあなた方では、わからないでしょう。」と穏やかに、且つ凛々しい表情で。

「やめなさい。」と止める伊兵衛に、たよは「あなたが望む時、賭け試合をして周りの皆を喜ばせてあげて。」と優しく伝えるのでした。

その様子を見て石山と権之丞は、宿を後にしました。

 
いよいよ松葉屋を発つ伊兵衛とたよ、れん台に乗り河を渡ります。

殿をけなす人夫に伊兵衛は「殿様は、いい方だよ。」となだめるのでした。

城では権之丞が、宿でたよに言われた言葉を重明に伝えます。

石山には、たよの言葉が全く響いていないようで重明は「お前たちのような、でくの坊には任せられぬ!」と権之丞を連れ伊兵衛を追うのでした。

 
山道を歩く伊兵衛とたよ。

たよに休憩をさせ、伊兵衛は稽古をするため水辺へ向かいます。

剣術指南番への未練は切ったと、清々しい顔をして戻った伊兵衛が「元気を出して下さい。」と言うと「私は、元気ですよ。」とたよは微笑みます。

馬を走らせ伊兵衛の元へ急ぐ重明。

伊兵衛とたよは、雄大な風景に心が晴れやかになるのでした。

 

「雨あがる」見どころ

山本周五郎の短編小説『雨あがる』を基に、1998年に亡くなった黒澤明が未完のまま最後に遺した脚本を、翌年“黒澤組スタッフ”によって制作を開始し、映画化を成し遂げた作品です。

主人公・三沢伊兵衛と妻・たよ。

見事な腕前なのに思うように発揮できない夫と、世渡りが下手な旦那様を支える妻。

享保時代、1720年頃の物語ですが、現代にも通じるところがある作品です。

 
なかなか出世できないけど、穏やかな優しい性格が魅力的でついつい許してしまう奥様。

でも、しっかり手綱を握り夫を導いてあげる。

寺尾聰、そして宮崎美子は、適役だったと思わせる夫婦を演じています。

二人が醸し出す雰囲気は、まさに“伊兵衛”と“たよ”そのものです。

 
時代劇に欠かせない息を呑む殺陣のシーンは控えめですが、どんな時でも人を思いやる事を優先し、皆に等しく情を掛ける伊兵衛が“本当の強さ”を教えてくれているようです。

さいごは伊兵衛、たよと一緒にスッキリと心が晴れ渡り“黒澤明監督も、きっと笑顔で観てくれている”と思える、優しい気持ちになれる時代劇です。

この「雨あがる」はU-NEXT ですぐ見る事が出来ます。
今なら、無料トライアルが31日間ですよ!

みんなの感想

テキストのコピーはできません。