「追跡者」ネタバレ!あらすじや最後ラストの結末と見どころ!

映画「追跡者」ネタバレ あらすじミステリー/サスペンス

映画「追跡者」はトミー・リー・ジョーンズ主演、スチュアート・ベアード監督の1998年の映画です。

この映画「追跡者」のネタバレ、あらすじや最後のラスト結末、見どころについて紹介します。

「逃亡者」の捜査官ジェラードを主役に配したサイドストーリー「追跡者」をご堪能ください。

 

「追跡者」あらすじ

サミュエル・ジェラード連邦保安官(トミー・リー・ジョーンズ)。

“ボス犬”と呼ばれる彼は、自他共に認めるじっとしていられない性分。

四人の副保安官とチームになって、毎度危険と隣り合わせの捜査にあたります。

 
ヒゲ面がトレードマークの、コズモー・レンフロ(ジョー・パントリアーノ)。

ゆるふわパーマの、ノア・ニューマン(トム・ウッド)。

男たちに負けない切れ者、紅一点のサバナ・クーパー(ラターニャ・リチャードソン)。

口ひげを生やしたボビー・ビッグズ(ダニエル・ローバック)は、ボス犬と同じ長身な男。

どんなに無茶でも、ジェラード(トミー・リー・ジョーンズ)の命令は絶対!

四人が「無理」って言っても聞かず、あーだこーだと喧嘩もするけど、ボス犬はチーム思いの熱い男です。

 
今日も、犯人を逮捕したのに『保安官が犯人を過剰にぶん殴った』と悪いイメージが!

怒り心頭の本部は、ニューヨークにある連邦刑務所まで、囚人護送に同行するよう命令。

ボス犬の上司キャサリン・ウォルシュ連邦保安官(ケイト・ネリガン)も、苦労が絶えません。

だけど、ジェラード(トミー・リー・ジョーンズ)は、事件を引き寄せる男!?

シカゴを飛び立った護送用飛行機、その機内で予期せぬ最悪の事態発生!

何者かがトイレに隠していたペン型銃、その存在を知る中国人の囚人リンが動きます。

 
ターゲットは、囚人のマーク・ロバーツ(ウェズリー・スナイプス)。

しかし、弾は逸れ機体に大きな穴が開くと、エンジントラブルまで起こり操縦不能に。

為す術がない飛行機は、川に突っ込みました。

命懸けで仕事するボス犬も九死に一生を得るけど、さすがに参った様子。

そこに、囚人が一人行方不明と言う連絡が!

「逃亡者か」と、思い巡らすジェラード(トミー・リー・ジョーンズ)の追跡が始まります。

 
「逃亡したのは、マーク・ロバーツ……あぁ地図は、まず道路の封鎖範囲は…えっと…?」

頼り無い郡保安官の仕切に、ウンザリするジェラード(トミー・リー・ジョーンズ)。

その座を奪うと「よーし、聞いてくれ!」と、先頭に立って捜査の指揮を執ります。

はたして・・・

もし、文章のネタバレではなく動画で見たい!なら U-NEXT で今すぐ無料で見る事が出来ます。
無料登録して、31日間のお試しの後で本契約をするかどうか決めれば良いです。

 

「追跡者」ネタバレ

大破した護送用飛行機が浮かぶオハイオ川に集結した、ボス犬チームの四人。

機内にペン型銃を仕込んだ奴の割り出しや、中国人囚人の背後関係。

逃亡者マーク(ウェズリー・スナイプス)の足取りを、追おうとすると。

現れたのは外部の人間、国務省外交保安局のラム局長(パトリック・マラハイド)。

部下のバローズ特別捜査官と、ロイス特別捜査官(ロバート・ダウニーJr.)を引き連れて。

彼らは、逃亡者マーク・ロバーツ(ウェズリー・スナイプス)を早急に逮捕しろと言います。

 
──遡ること去年の1月、国連ビル駐車場で外交保安局の特別捜査官二人が謀殺された。

現場に残った指紋は、冷酷な殺人鬼マーク・ロバーツ(ウェズリー・スナイプス)のもの──

そんな事件があったなんて、聞いた事もないジェラード(トミー・リー・ジョーンズ)。

国家機密に当たると公表はされず、現場の防犯カメラ映像も持ち出し厳禁という徹底ぶり。

ラム局長(パトリック・マラハイド)は殺された特別捜査官二人の友人、ロイス(ロバート・ダウニーJr.)を強引にボス犬チームの捜査に加えます。

 
逃亡者マーク・ロバーツ(ウェズリー・スナイプス)、罪状は拳銃の違法所持と殺人。

マーク・“ロバーツ”そして、マーク・“ウォレン”といった、偽名を使うマーク(ウェズリー・スナイプス)。

実は、海兵隊の特殊部隊出身。

現在はレッカー車の運転手として、恋人マリー(イレーヌ・ジャコブ)と平凡な暮らし。

しかし、恋人も知らないCIA工作員だった過去が彼にはありました。

この事件に裏があるなんてジェラード(トミー・リー・ジョーンズ)も、まだ気づきません。

 
サングラスをかけ銀ピカの拳銃を愛用する、生意気そうなロイス(ロバート・ダウニーJr.)。

彼の拳銃を手に取り「銃は“グロック”がイイぞ」と、黒いグロック22を愛用するジェラード(トミー・リー・ジョーンズ)は助言します。

一方、囚人服を脱いだマーク(ウェズリー・スナイプス)は、初老の夫婦が乗るトラックに身を潜めていました。

そして、警察が敷く検問を突破、沼地へ逃亡すると森に潜伏。

ボス犬チームも現場に急行すると、事態はロイス(ロバート・ダウニーJr.)が捕まり人質に。

マーク(ウェズリー・スナイプス)は、奪った銀ピカの拳銃でジェラード(トミー・リー・ジョーンズ)に発砲。

その後、再び逃亡し拳銃を取り戻したロイス(ロバート・ダウニーJr.)は、無線で緊迫する状況を伝えます。

 
病院へ緊急搬送されたジェラード(トミー・リー・ジョーンズ)は、冷静でした。

「殺す気なら防弾チョッキじゃなく、頭を狙うはずさ」

ボス犬は対峙したマーク(ウェズリー・スナイプス)に、凶悪さを感じず疑問が残ります。

埒が明かないジェラード(トミー・リー・ジョーンズ)は、ロイス(ロバート・ダウニーJr.)に事件の防犯カメラ映像を入手しろと命令しました。

 
逃亡を続けるマーク(ウェズリー・スナイプス)は、公衆電話に駆け込み「…(国連ビルの事件)あれは正当防衛だった」

真実を恋人マリー(イレーヌ・ジャコブ)に伝え、彼女はその言葉を信じました。

あの日、国連ビルの駐車場で行われたのは取引。

マーク(ウェズリー・スナイプス)が取引相手と会った直後、突然現れたのが外交保安局特別捜査官の二人。

銃を向けられ更には発砲された彼は、命を守るため反撃しました。

 
ニューヨークに辿り着いたマーク(ウェズリー・スナイプス)が拠点にしたのは、国連ビルと隣り合うマンション。

命を狙われた理由、そして黒幕を暴くために取引相手だった中国人を捜します。

一方、事件を洗い直すボス犬チームも、中国人の存在に辿り着きました。

それは、一連の事件に関わる容疑者を追って、ジェラード(トミー・リー・ジョーンズ)が寂びれたジムに来た時の事。

すれ違った男は中国人(マイケル・ポール・チャン)で、そこで彼は殺人を犯していました。

その場は取り逃がしたものの、入手した国連ビル駐車場の防犯カメラに彼の姿が。

「こんがらがって来た!」と、ヒゲ面のコズモー(ジョー・パントリアーノ)も困惑します。

 
互いのブリーフケースを交換する、マーク(ウェズリー・スナイプス)と中国人(マイケル・ポール・チャン)。

その後は、先に現場に身を潜めていた(殺された)二人の特別捜査官が、マーク(ウェズリー・スナイプス)たちに攻撃。

防犯カメラの映像を見るジェラード(トミー・リー・ジョーンズ)にも、彼の反撃は正当防衛としか思えません。

更に、マーク(ウェズリー・スナイプス)は、手袋をしています。

外交保安局のラム局長(パトリック・マラハイド)が言っていた謀殺。

そして、“逮捕の決め手は現場に残された指紋が一致”なんて嘘!

ロイス(ロバート・ダウニーJr.)にも訳が分からず、怒りが込み上げるジェラード(トミー・リー・ジョーンズ)。

事件解明の鍵となる証拠を見つけた、ボス犬とチームの面々はニューヨークへ。

 
一方、マリー(イレーヌ・ジャコブ)は、コインロッカーに隠したブリーフケースを持ち出すようマーク(ウェズリー・スナイプス)に頼まれます。

その計画は保安官たちが盗聴しボス犬にも報告、彼らはニューヨークで顔を合わせる事に。

取引したブリーフケースの中身は、一つはカネ、もう一つは極秘文書でした。

顔色が変わる外交保安局ラム局長(パトリック・マラハイド)に、詰め寄るジェラード(トミー・リー・ジョーンズ)。

「マークも殺された二人と同じ、保安局の“仕事”をしてたんだろ?」

 
マーク(ウェズリー・スナイプス)の本名は、マーク・シェリダン。

そして、取引相手の中国人の名前は、シアン・チャン(マイケル・ポール・チャン)。

表向きは中国国連派遣員だけど、実は諜報員というのが彼の正体です。

過去の経歴から外交保安局に雇われたマーク(ウェズリー・スナイプス)は、“凧”と呼ばれる危険な任務に従事していました。

「問題を起こせば凧の糸はプツリと切る…」と、教えるラム局長(パトリック・マラハイド)。

そのマーク(ウェズリー・スナイプス)に、国防省の機密を中国に漏洩したスパイ疑惑が浮上。

外交保安局がスパイ行為の証拠を押さえようとしたあの日、あんな事態になってしまった。

彼の指紋を使って偽装した事も、正直に認めたラム局長(パトリック・マラハイド)。

全ては、凄腕の追跡者ジェラード(トミー・リー・ジョーンズ)に彼を逮捕させ、公になる前に解決したかったと。

事情を知ったボス犬は、罪を犯したマーク(ウェズリー・スナイプス)を「捕まえる!」と、動き出します。

 
ボス犬チームは、マーク(ウェズリー・スナイプス)のアジトとなるマンションを発見。

そこに、中国人チャン(マイケル・ポール・チャン)を捉える、監視カメラ映像が流れます。

中国領事館を出たチャン(マイケル・ポール・チャン)を、手分けして尾行するボス犬チーム。

「奴の近くに、マーク・シェリダンも居るはずだ!」

人混みの中、チャン(マイケル・ポール・チャン)と、鞄を交換する見知らぬ黒人男性が。

それを見ていたジェラード(トミー・リー・ジョーンズ)は、ゆるふわパーマのニューマン(トム・ウッド)と尾行を続けます。

 
辿り着いたのは墓地、更にそこを進んだ先にある教会が目的地。

中では密かに取引が行われ、黒人男性は仕事を終えると手ぶらで出て行きました。

数分後、教会に入ったのは、外交保安局のバローズ特別捜査官。

護送用飛行機の墜落後、ロイス(ロバート・ダウニーJr.)たちとボス犬チームの前に現れた男。

あまりのタイミングに、ジェラード(トミー・リー・ジョーンズ)とボス犬チームの三人は教会を包囲。

すると、マーク(ウェズリー・スナイプス)まで現れ教会に入った彼は、バローズ特別捜査官に銃口を向け詰め寄ります。

 
マーク(ウェズリー・スナイプス)を犯人に仕立てた事を白状する、真犯人のバローズ特別捜査官。

「機密情報を流している事がラム局長にバレそうで…“俺たち”は身代わりが欲しかったんだ」

あの日、いつものように外交保安局からの指示に従い、ブリーフケースを交換しただけ。

悪事に加担していたなんて、マーク(ウェズリー・スナイプス)は知りませんでした。

教会に現れた、諜報員の中国人チャン(マイケル・ポール・チャン)を確保したボス犬チーム。

しかし激しい銃撃戦の末、マーク(ウェズリー・スナイプス)は逃亡します。

 
ロイス(ロバート・ダウニーJr.)とジェラード(トミー・リー・ジョーンズ)は、彼が逃げ込んだ老人ホームへ。

ゆるふわパーマのニューマン(トム・ウッド)も合流しますが、予期せぬ悲劇が起きます。

マーク(ウェズリー・スナイプス)を追い詰めた、ロイス(ロバート・ダウニーJr.)。

愛用する銀ピカ銃の銃口は、何故か後を追って来たニューマン(トム・ウッド)に向けられ発砲。

事情を知らないジェラード(トミー・リー・ジョーンズ)は、血を流す彼に混乱します。

「マークが銃を構えていると、ニューマンが入って来た…それで」

ロイス(ロバート・ダウニーJr.)は嘘を吐き、ニューマン(トム・ウッド)は息絶えました。

 
犯人だと追われ続け、誰も信じる事が出来ないマーク(ウェズリー・スナイプス)。

そして、彼が選んだのは船での国外逃亡です。

残された手掛かりで、マーク(ウェズリー・スナイプス)が乗るであろう貨物船を見つけたボス犬チーム。

大事なチームのメンバーを殺され、怒りに震えるジェラード(トミー・リー・ジョーンズ)。

貨物船を追うヘリコプター、一緒に乗るのはロイス(ロバート・ダウニーJr.)です。

 
船内でマーク(ウェズリー・スナイプス)を見つけた、ジェラード(トミー・リー・ジョーンズ)。

そして、マーク(ウェズリー・スナイプス)に銃弾を撃ち込んだのは、ロイス(ロバート・ダウニーJr.)。

拳銃を構える彼、その手には愛用する銀ピカでは無く、ボス犬が薦めた黒いグロックが握られていました。

それを見たジェラード(トミー・リー・ジョーンズ)は、違和感を覚えます。

 

「追跡者」最後ラストの結末は?

一命を取り留めた、マーク(ウェズリー・スナイプス)。

彼が眠る病室の前で、話すジェラード(トミー・リー・ジョーンズ)たち。

「ボス犬に従って、グロックに変えた」

そう言って、笑ってみせるロイス(ロバート・ダウニーJr.)。

実際は、ニューマン(トム・ウッド)殺しが自分だとバレないために、愛用する銀ピカの拳銃に偽装。

その拳銃を、マーク(ウェズリー・スナイプス)の所持品に仕立てました。

 
しかし、ボス犬の目は誤魔化せません。

教えに従ったと、嬉しそうにロイス(ロバート・ダウニーJr.)のグロックを、“手に取る”ジェラード(トミー・リー・ジョーンズ)。

その場を去り、動き出すロイス(ロバート・ダウニーJr.)の様子を見ます。

そして、本性を見せた彼が、マーク(ウェズリー・スナイプス)を殺そうとするとボス犬が!

“国防省の機密を中国に漏洩した”、真の黒幕はロイス(ロバート・ダウニーJr.)。

全てを見抜かれた彼は、ジェラード(トミー・リー・ジョーンズ)に銃口を向け、引き金を引きます。

しかし、ロイス(ロバート・ダウニーJr.)のグロックに装填された弾は、“あの時”ボス犬に抜かれていました。

背を向けるロイス(ロバート・ダウニーJr.)は、隠し持つ拳銃で反撃するも、ボス犬の早撃ちには敵わず撃たれます。

 
裁判所で行われた審問によって、マーク・シェリダン(ウェズリー・スナイプス)は、疑いが晴れて自由の身に。

一連の事件が解決すると、溜息を吐くジェラード(トミー・リー・ジョーンズ)。

そんなボス犬を待っているのは、チームの三人でした。

俯く顔を上げて、いつものようにガヤガヤと騒がしくなる彼らは、ニューマン(トム・ウッド)を偲んで飲みに行きます。

THE END

 

「追跡者」見どころ

『逃亡者』(1993年、主演ハリソン・フォード)のスピンオフ作品として、1998年に公開された今作。
※『逃亡者』を彷彿させる場面もあって、知っていれば尚面白いといった感じですが、観たことが無い方でも何の問題もありません!

サミュエル・ジェラード連邦保安官が、ハマり役となったトミー・リー・ジョーンズは『逃亡者』でアカデミー助演男優賞を受賞しました。

 
今作では、ボス犬ことジェラードの登場は、いきなりニワトリ!?

着ぐるみ姿で「コケ~コッコッコッ~…」的な鳴き声をあげて。

狙っていた犯人グループが現れると、試食のチキンをポイしてズカズカと歩き出す!

黄色いタイツを履いて胴体はモフモフ羽毛、それで顔は真剣なトミー・リー・ジョーンズ。

某コーヒーCM で見るような姿で、逮捕劇を繰り広げます。

 
そして、マーク・シェリダン(ウェズリー・スナイプス)の登場はと言うと。

レッカー車でけん引の仕事中に、わき見運転の車に突っ込まれて横転事故。

今作の始まりは、上記のようなその後のストーリーに関係ない事ばかり。(『逃亡者』とはまた違った感じですね)

その映画が面白いかは最初の10分で、更には5分でわかるなんて言われたりしますが、なかなかコケそうな匂いが!?

 
事故後、警察の取り調べを受ける事になると、マークの手つきは完全に一般市民じゃない。

そのシーンも、その後も色々と伏線を張り巡らせますが、どれも雑な感じが否めません。

致命的なのが、真相に近づいて行く過程の描き方が下手…。(個人の感想です)

それでも、やっぱり観ちゃう理由は、ジェラードとチームの仲間の関係が最高だから。
(ニューマンの殉職は、本当に無念です。ロイス(ロバート・ダウニーJr.)の野郎!)

そして、基本的に緊迫のシーンはドキドキの展開で、見応えあるサスペンスを楽しめます。

 
本編開始13分ほどで囚人たちが護送用飛行機に乗り、ジェラードも命令に逆らえず搭乗。

すると、破壊力抜群のペン型銃で、機内に穴が開いて大パニック!

緊急着陸を試みるも「マズい!」って、機長も気づかなかった事態が起きてしまいます。

あまりの恐怖体験に囚人たちが大絶叫すると、あなたも一気に観入っちゃうかも!

 
最後まで諦めないで人命救助に尽力する、ジェラードがかっこいいです。

だけど、濡れた服を脱いで、ブタのイラストが描かれたTシャツを着るジェラード。

ナゼそうなったか?や、ヒゲ面のコズモー(ジョー・パントリアーノ)と服のセンスが合わないジェラードのやり取り。

好き放題言い合うボス犬チームの、他愛もない会話も楽しんで欲しいです。

ヒゲ面のコズモーといえば『逃亡者』では、犯人が放った鉄の塊が顔面ヒットで負傷してました。

今作でも追跡中、車に衝突されて骨折しちゃうので、相変わらず体張ってます。

 
そして、無実の罪を着せられ逃亡者となった、マークを演じたウェズリー・スナイプス。

舞台をニューヨークに移し、ボス犬チームのニューマン(トム・ウッド)殺しにされたマークは、屋上でジェラードに追い詰められます。

下では警察が待ち構えて絶体絶命!彼が見ているのは真横にある駅に近づいてくる電車!!

もう何が起こるかは想像できるでしょうが、アクションスターの本領発揮は注目ですよ。

今作では豪快なアクションしてるな~って印象は少ないですが、やっぱり魅せてくれます。おまけに、ロン毛姿も披露するのでお楽しみに。

 
“必死に追って、必死に逃げて”、そんなジェラードとマークの真の敵は、外交保安局のロイス特別捜査官だった!

演じたロバート・ダウニーJr.の当時の顔が、ヒゲが無くてツルッとしてるからか、現在の顔よりだいぶカワイイですよ。

でも、大事な黒幕なのに十分に活かしきれない見せ方しちゃって、盛り上がりも半減してるような?!

個人的には、ヒリヒリする緊張感を保って、最後の最後ジェラードとの対峙で「えっ?ロイス、お前が黒幕だったのかー!」って驚きたかったです。

ロイスの初登場シーンを観て黒幕認定する方も多いようですが、あなたはどうでしょう?

先にも言ったように伏線が微妙で、ストーリー的に最後は尻つぼみ感が否めません。(※本当に、勝手な個人の感想です!)

それでも、良い俳優が勢揃いだし、ボス犬チームの魅力を知って欲しい!

薬局でまさかの暴挙に出るジェラード、その職権乱用ぶりも是非観て頂きたいんです。

 
今作で、チームの大事な仲間ニューマン(トム・ウッド)を失ったジェラード(トミー・リー・ジョーンズ)の表情は、あまりにも悲し過ぎました。

でも、最後には笑顔が見れるので、あなたも「ミルクで献杯」して下さいね。(詳しくは本編で)

トミー・リー・ジョーンズの吹き替えといえば、小林清志?それとも菅生隆之?

字幕でも吹き替えでも、かっこいいトミーを堪能できる『追跡者』どうぞお楽しみ下さい。

この「追跡者」はU-NEXT ですぐ無料で見る事が出来ます。
今なら31日間、他にも無料でいろいろな作品が見れますよ!

みんなの感想

テキストのコピーはできません。