「ザ・フォーリナー 復讐者」ネタバレ!あらすじやラスト最後の結末と見どころ!

映画「ザ・フォーリナー 復讐者」ネタバレ あらすじアクション

映画「ザ・フォーリナー 復讐者」は、ジャッキー・チェン主演、マーティン・キャンベル監督の2017年の映画です。

この映画「ザ・フォーリナー 復讐者」のネタバレ、あらすじや黒幕、最後ラストの結末や見どころを紹介します。

これで「ザ・フォーリナー 復讐者」のすべてがわかります。

 

「ザ・フォーリナー 復讐者」あらすじ

ロンドンでレストランのオーナーとしてつつましい生活を送るクァン(ジャッキー・チェン)は、ある日突然、無差別テロにより高校生の娘の命を奪われてしまいます。

犯人捜しを続けるクァンは、かつて過激派組織の活動家だったが現在は北アイルランドの副首相、リアム・ヘネシー(ピアース・ブロスナン)にたどり着きます。

クァンは、リアム・ヘネシーとコンタクトを取り、犯人の名前を教えるようにリアムに迫りますが、リアムは無関係を主張し彼に協力すらしません。

復讐に燃えるクァンは自ら行動を開始します。

彼の正体は実は・・・・

もし、文章のネタバレではなく動画で見たい!なら U-NEXT で今すぐ無料ポイントで見る事が出来ます。
無料登録して31日間のお試しの後で本契約をするかどうか決めれば良いです。この間、お金はかかりません。

 

「ザ・フォーリナー 復讐者」ネタバレ

イギリス ロンドンで中華料理店「ハッピー・ピーコック」を経営するクァン(ジャッキー・チェン)は娘・ファンを洋服店に送って行きました。

ファンはまもなく卒業式で、パーティで着るドレスを買いに来たのです。

ファンが店に入った直後、突然大きな爆発が起こりました。

吹き飛ばされ、傷だらけになりながらもクァンは瓦礫の中でファンを探してさ迷っていました。

数時間後、警察や消防が集まってきた頃にはクァンは真っ黒になったファンの遺体を抱きしめて呆然自失となってしました。

 
同じ頃、ロンドン警視庁に匿名の電話が掛かってきました。

声の主はアイルランド独立を求める武装組織「UDI」を名乗りナイツブリッジのOBT銀行を爆破したことについて触れ、コード名は『フェニックス』で、北アイルランド占領を利する融資を続ける銀行は爆破すると宣言しました。

テロの実行犯である若者パトリック・オライリー(ニール・マクナミー)は、アジトで被害の続報を聞いていました。

死者が12名、ケガ人はその3倍になったと聞いてアジトを移動しようとしますが、反対され、しばらくそこへ潜伏しておこうと考えます。

 
北アイルランドの首都・ベルファスト

北アイルランド副首相リアム・ヘネシー(ピアース・ブロスナン)は、愛人のマギー(チャーリー・マーフィ)と一緒に居るときにテロの連絡を受けます。

慌てて自宅に電話すると妻・メアリー(オーラ・ブラディ)から昨夜帰ってこなかった事をなじられてから、爆破はかつて彼が所属していた、アイルランド統一を目指す過激派テロ組織UDIの犯行だと聞きます。

続けてメアリーは、今度の日曜日には自分の弟の20回忌であることも告げますが、リアムはろくに応じずに電話を切ってしまいます。

 
事件発生からしばらく後

ロンドン警視庁に5日連続で足を運び、テロ対策部本部長のブロムリー(レイ・フィアロン)との面会を希望するクァンの姿がありました。

渋々面会に応じたブロムリーに、クァンは容疑者の情報を教えてほしいと言い続けます。

いくら言っても引き下がろうとはせず「全財産です」と2万ドルの札束を差し出してさえきました。

ブロムリーは困惑しながら、全て警察に任せてほしいとクァンを説き伏せるのでした。

 
どこに気持ちを持って行ったらいいか分からない中、クァンはTVでリアムの存在を知ります。

リアムは、イギリス政府の閣僚キャサリンに、現在テロリストとして捕まっているリアムの従弟を含めた40人に恩赦を与えれば、テロ犯人の逮捕に結びつくかもと含みを持たせるのでした。

UDI幹部を揃えての会議で、リアムはテロに使用された爆薬が自分たちの所有物だったのは間違いないとし、それら大半の搬入を担っているヒュー・マクグラス(ダーモット・クロウリー)に他に紛失物があるか調べるよう命じます。

 
一方、クァンは店の権利を従業員の女性ラムに渡し、亡き妻や娘の写真を焼き捨てると、彼女が引き止めるのを振り切って、リアムのオフィスがある北アイルランドの首都ベルファストに単身向かうのでした。

手荷物を持ってリアムのオフィスを訪れたクァンは、改めて情報の提供を求めます。

しかしリアムは現在はイギリスとアイルランドの橋渡し役をしているから協力のしようがないと返答します。

クァンは「そのうち気が変わるかもしれない」と告げてオフィスを出てすぐ、手荷物のアルコールやタバコを使って室内のトイレを爆破します。

怒り狂うリアムの元にクァンから再び「気は変わったか?」と電話が掛かってきます。

リアムは、クァンが只者ではないと気づきます。

 
クァンが厄介な人物になりそうだと踏んだリアムはメアリーと共に所有する農場に逃げ、甥っ子のショーン・モリソン(ロリー・フレック・バーンズ)に電話をかけて、呼び寄せます。

そして、部下達に宿を調べさせ、クァンが泊まっている宿を見つけると、部下達を行かせました。

しかし、クァンの身体能力は思った以上に高く、逃げられてしまいます。

 
同じ頃、ロンドンに飛んだショーンはテロ対策指令部指揮官・ブロムリー(レイ・フィアロン)と接触し、先の爆破テロにUDI本体は無関係で、あくまでも本体に不満のある武力推進派が行ったことと説明します。

彼らをあぶりだす作戦として、推進派は本部の許可を得ずに爆薬と犯行声明時に発する合言葉を使っているので、その合言葉をリアムが秘密裏に変えてしまえば、次に声明を出した際に真犯人が分かると提案します。

それは、リアムが今回の件の黒幕でないことの証明でもありました。

 
農場に逃げて安心していたリアムでしたが、クァンは、リアムの別荘の厩舎を爆破したり、愛人マギーとの密会現場を撮ったりするなど、恐喝はさらにエスカレートしてゆきます。

ロンドンにメアリーを逃がそうとしますが、その直後に警護の者たちが乗った車が爆破されます。

部下のミックは森にクァンが潜んでいると考え、捜索を始めます。

思った通りクァンは森に潜んでいましたがリアムの部下が襲うも、森中に仕掛けられた罠により、一人、また一人と撃退されてしまいました。

業を煮やしたリアムでしたが、これ以上の人員を投入すると不審がられる恐れがあります。

森に精通した人物として最適なのはロンドンにいるショーンでした。そこで、彼に戻ってくるよう連絡します。

 
その頃、娘に会うと言ってロンドンに戻っていたメアリーは、鏡を見ながら誰かを待っていました。

やがてベルが鳴り、喜びの表情で出迎えたのはショーンでした。
二人は密会を重ねる仲だったのです。

二人が抱き合おうとした時、電話が鳴ります。
リアムからでした。

何も知らない彼は、ショーンにクァンの追跡を頼みます。

電話を切った後、リアムは慌てている様子だったとメアリーに伝えると「ここで爆破の犯人を割り出さないと、彼の政治生命は終わってしまう。彼にはもう権力を使う勇気はない。弟の時もそうだった。犯人は分かっていたのに、リアムは殺すのではく逮捕を選んだ」と殺害された弟の敵討ちをしない夫を許せないと、メアリーは憤ります。

 
森に潜んでいるクァンが、戦いの時に付けられた傷を消毒しようと焼けたナイフを押し当てます。

余りの苦しみと疲労でクァンは気絶してしまい、シンガポールから逃れた時の夢を見ました。

シンガポールから船で逃げ出そうとしたクァン達でしたが、その船が海賊達に襲われてしまいます。

妻達を物陰に隠しましたが見つかり、娘3人は殺されてしまいました。

逃げた妻も機関銃の弾が当たって死んだのでした。

 
夜、リアムの元にイギリス政府閣僚のキャサリンから、クァンの身元調査結果が届いていました。

リアムは、クァンがアメリカ陸軍省で活躍した特殊部隊で、優秀であった事や海賊に妻子を殺されていた過去を知ります。

その時、唯一生き残った娘・ファンがこの間爆弾により死んだと気付きます。

 
その時、UDIの部下ヒュー・マクグラス(ダーモット・クロウリー)が、リアムの家を訪ねてきました。

リアムは、UDIの武器保管庫から10キロ分の爆薬セムテックスHが消えていることを告げますが、マクグラスは気に留めず、目障りな中国人を代わりに捕まえてやってもいいとも言い出します。

その代わり、同志を説得してくれと、リアムに再びUDIの指揮を執れと示唆します。

しかし、リアムは昔のような荒っぽい手段に訴える気はありませんでした。

その気持ちに気付いたマクグラスはリアムが大義を失っているのではないかと疑い始めます。

彼等の間にはいつしか溝が出来ていたのです。

「私は義理の弟、父、従兄弟を闘争で亡くした。アイルランド統一の大義を忘れるわけがない。爆発騒ぎを自分の評価を上げる為に利用するはずがないだろう!」とリアムはマクグラスを帰らせます。

そして先ほどの会話を思いだし、彼が部下さえ知らない何故メアリーの居所を知っているのか不審に思い始めます。

 
部屋に戻ったリアムは、部屋の隅で眠っていた愛犬を起こして寝室に行こうとします。

しかし、犬は目を覚ましません。

異変を察知したリアムは机の引き出しを開けますが、そこに入っていた筈の拳銃はケースだけになっていました。

その時、部屋の隅にドアが開き、銃を構えたクァンが出てきました。

体には爆弾がまかれています。

クァンはリアムの額に銃を突きつけ、娘を殺した犯人の名前を要求します。

リアムが「本当に知らない。しかし、犯行を行う時のコード名を変えた。次の爆破が起これば誰か分かる」と言うと、1日だけ待つと言ってクァンは姿を消しました。

 

「ザ・フォーリナー 復讐者」黒幕は?

次の日、ロンドンのランベス橋でバス爆破事件が発生。

ブロムリーから電話を受けたリアムは、実行犯と思しきアイルランド訛りの男から、今後は合言葉を使わないことと、使用した爆薬量を伝える電話があったことを知ります。

合言葉変更の計画が漏れていたと知ったリアムは、とりあえず戻ってきたショーンにクァンの始末を命じます。

そこへ、メアリーの護衛として付いていた部下が現れ、彼女とショーンがホテルで会っていたことと、その後で彼女がマクグラスに電話していたと報告します。

 
一方、ブロムリーもまた、爆弾を仕掛けた犯人の映像解析を行い、実行犯がパトリック・オライリーと言う男であるのを突き止めました。

彼は警察が長年監視していたダブリンのカフェでマクグラスが会話している映像も入手しました。

爆破事件の黒幕はマクグラスだったのです。

ブロムリーはリアムに電話をしてその事実を伝え、更にGPSからマクグラスがリアム邸のすぐそばまで来ている事、それを追ってヘリに乗った部隊が上空で待機している事、30分以内に実行犯たち全員の名前とアジトが何処かを吐かせないと部隊が突入してマクグラスの共犯として身柄を拘束する事を伝えます。

裏切り者がマクグラスだと知ってリアムは激高します。

先ほど部下から聞いたメアリーの話と今回の電話が頭の中で繋がったからです。

 
何も知らずにやって来たマクグラスを部下から引き離し、部屋に入れた途端に銃を突き付けて尋問を始めました。

はじめは知らないと言っていたマクグラスでしたが、ひざを撃ち抜かれ、部隊が上空で待機している事を伝えると観念して黒幕だったと白状しました。

マクグラスに書かせた犯人一味の名前を見てリアムは驚愕します。

リストの中に愛人のマギー・ダンの名前があったからです。

「お前がおじけづいた時の保険だよ。愛人の存在をばらすと脅して計画を続けさせる積りだった。さぁどうする。彼女が捕まればお前の名前を吐くぞ」

カラ元気で笑うマクグラスにリアムはもう一つ質問をしました。

「メアリーはどう関わっているんだ?」

「死んだ弟の事でお前を恨んでいた。だから、お互いに助け合ったのさ」

それだけ聞くと、リアムはマクグラスの頭を撃ち抜きました。

 
その頃、リアムの愛人であるマギーは、フリーの新聞記者イアン・ウッドに近づき、彼のノートパソコンに爆弾を仕掛け、飛行機内で爆発させようという計画を進めていました。

クァンを探して森にいたショーンは、リアムからテロ実行犯の名前を告げられます。

その直後、ショーンはクァンと出会い、激しい格闘の戦の末、クァンがショーンを縛り上げます。

「お前を殺さないのは娘を殺した犯人を知りたいからだ」

と告げられたショーンは持っていたスマートフォンに実行犯の詳細が登録されている事と、実際にブティックを爆破したのは右手に火傷の痕がある男だと告げました。

そしてクァンはショーンを解放しました。

 
リアムの元に戻ったショーンは、クァンに敗れて実行犯の詳細を教えたのち、彼はその場を去ったと報告します。

それを聞いたリアムは、合言葉の変更が筒抜けだったことと、ショーンとメアリーの密会を知っている事を告げます。

密会こそ認めたものの、ショーンは裏切りを否定します。

メアリーがショーンとリアムの会話を盗聴したのち、それをマクグラスに伝えていたのです。

今回の事件の裏で何が起こっていたかと、自分の立場の危うさを実感したリアムは、マクグラスの死体を片付けて、最後の仕事を終えたらニューヨークへ戻るようショーンに命じます。

 
その頃クァンは、ロンドンにあるテロ実行犯が潜伏しているアパートの前にいました。

アパートを包囲する突撃部隊の隙を突き中に入り込んだクァンは、ガスの点検作業員に成りすまし彼らの部屋に入ります。

部屋に入ると、オライリーがクァンは持っていたバッグの中身をチェックし始めました。

そして、隠していたライフルが見つかる寸前、手に火傷の痕がある男を見つけたクァンが蹴りを放ちます。

それを皮切りに室内での銃撃戦が始まり、クァンは3人の男を射殺、一人残った火傷の痕の男との格闘の末、クァンは彼を絞殺し、突撃部隊と入れ替わるように部屋を後にしました。

 

「ザ・フォーリナー 復讐者」ラスト最後の結末

突入した隊員たちはまだ息のあるサラを拘束して拷問し、爆弾を持っているのがフリーの記者で、ローマ域に飛行機に乗ろうとしている事を吐かせます。

隊員はブロムリーにその事を伝えた後、サラにとどめを刺しました。

連絡を受けた警察は空港でイアンを探し出し、ノートパソコンを取り上げます。

爆発まで時間がありません。

警官はロビーを全力で走り抜け、あわや爆発する寸前、誰もいないところにノートパソコンを投げ捨てる事が出来、大惨事は免れました。

 
実行犯を殺害したのが、かつて面会したクァンと知ったブロムリーは彼を指名手配します。

その頃、来訪者が来たのでドアを開けたメアリーは、その瞬間に額を撃ち抜かれます。

それがショーンに命じられた最後の仕事でした。

 
キャサリンからの電話を受けたリアムはサラが爆破事件のことを白状した後に殺された事、役職もそのままで、かつ恩赦も与えるものの、サラやメアリーとの会話や行動記録はすべて調べ上げられており、今後はイギリス側の言いなりとなって一層の尽力するよう命じられます。

ぐったりと疲れて帰宅したリアムを待ち伏せていたクァンは、以前撮ったマギーとのの写真を見せ、送信ボタンに触れるよう要求します。

リアムが無言でボタンをタップすると、クァンは「写真は送信された。拡散されればお前もテロリストの一員だったと世界中が知る」といって立ち去るのでした。

  
夜明けのロンドン市内。
ラムが開店の準備をしようと店にやって来ます。

その時、地下からの物音に気づき下りていくと、そこにはクァンの姿がありました。

思わず駆け寄ったラムを抱きしめるクァンの頭に、遠距離からライフルのレーザーポイントが光ります。

狙撃体勢が整ったことをブロムリーに告げる狙撃手。

しかしブロムリーは、「この男には借りがある。それに、あえてドラゴンを起こすこともない」と呟いて狙撃を中止させたのでした――

 

「ザ・フォーリナー 復讐者」見どころ

カンフー映画のスーパースター、ジャッキー・チェンと、イギリスを代表するアクションスター、ピアーズ・ブロスナンの共演作品です。

いつもはコミカルな笑いを交えた明るい役の多いジャッキーですが、今回は娘を殺されて復讐だけを考えて生きる寡黙な父親を演じています。

ブロスナンも、今回は突然の爆破事件で政治生命を脅かされる副首相と言う複雑な役です。

 
ジャッキーが出ているだけあって、アクションシーンも多く、アクションが好き人も十分満足できる内容です。

更に、ジャッキーは娘の仇である爆破犯を知るために行動し、ブロスナンも爆破犯の黒幕を探して様々な行動を起こします。

二人は対決する事もあり、非常な騙し合いと戦闘が繰り広げられて先が読めない展開でサスペンス作品としても秀逸です。

 
あまり馴染みの無い北アイルランド問題や過激派内の権力闘争を扱っている事も新鮮でした。

政治的駆け引きや騙し合いが飛び交冷たく暗い雰囲気の中で、唯一ファンと店員のラムとの心の交流が温かく心を癒してくれる異色のサスペンス・アクション作品でした。

この「ザ・フォーリナー 復讐者」はU-NEXT で、今すぐ無料ポイントで見る事が出来ます。
今なら、無料トライアルが31日間で他にもたくさんの作品が見れますよ。

みんなの感想

テキストのコピーはできません。
31日間も無料で映画を見放題!
U-NEXTで無料視聴!
31日間無料で映画見放題!
無料視聴する!