映画「しゃぼん玉」ネタバレ!あらすじや最後ラストの結末と見どころ!

映画「しゃぼん玉」ネタバレ あらすじヒューマン

映画「しゃぼん玉」は、林遣都主演、東伸児監督の2016年の映画です。

この映画「しゃぼん玉」のネタバレ、あらすじや最後のラスト結末、見どころを紹介します。

「しゃぼん玉」は名女優、市原悦子の遺作でもあります。

心温まるストーリーをご堪能ください。

 

映画「しゃぼん玉」あらすじ

愛情を知らずに育ち、女性や老人だけを狙って強盗傷害を繰り返してきた伊豆見翔人(林遣都)

人を刺して逃げ込んだ宮崎県の山深い村で、彼はけがをした老婆・スマ(市原悦子)を助け、世話になることに。

スマや村人に世話を焼かれるうちに、伊豆見の心に少しずつ変化が訪れる。

罪を重ねてきた男が優しく変わっていく描写に心が温かくなります。

 

映画「しゃぼん玉」ネタバレ

土砂降りの夜、ひとりの女性を背後から追いかける男。

バッグを奪い執拗にナイフで突き刺します。

目を見開いた鬼のような形相、男の名は伊豆見翔人(林遣都)。

伊豆見はトラックの運転手を脅し逃走を図りますが、山道で投げ降ろされ声を荒げました。

 
そのまま朝を迎えた伊豆見、歩いていると1台の横転した原付バイクを見つけます。

動かそうとすると「坊…。」と声が聞こえました。

驚いた伊豆見が振り返ると老婆がケガをして倒れていたのです。

血まみれになって「やれ助かった。」と伊豆見を見て手を伸ばす老婆。

戸惑う伊豆見は止むを得ないと、ため息をひとつ吐いて老婆に近づきます。

 
老婆の名はスマ(市原悦子)、ここは雄大な景色が広がる椎葉村でした。

スマが眠っている隙に引き出しを物色する伊豆見でしたが誰かが訪ねて来てしまいます。

「腹減ったじゃろ。」3人の老婆が手料理を持って様子を見に来たのです。

「うめぇ。」と言う伊豆見の食べっぷりに3人は嬉しそうに笑うのでした。

名前を聞かれた伊豆見は「イズミ…。」と答えます。

3人は「お父さんが付けてくれたんだ、村を忘れていない。」と安心した様子です。

 
いつの間にか眠っていた伊豆見。

原付バイクを盗んで帰ろうとする所にスマがやってきました。

「おいで。」と家の中へ呼ばれ伊豆見は“お礼”をもらえると期待します。

スマは両手で伊豆見の手を取り「ありがとう、坊はやさしい子じゃ。」と頭を撫でるのでした。

 
スマの家で風呂に入る伊豆見、着替えを用意するスマが声を掛けます。

風呂を出た伊豆見は血塗れのナイフを置いていた事に気づきました。

晩ご飯を用意するスマ、テレビでは通り魔事件のニュースが流れています。

 
翌朝、スマは原付バイクに乗り畑へ、ひとり残された伊豆見は部屋を物色。

仏壇に供えてあるタバコを吸いゆったりとした時間、これまで犯した罪が頭に浮かぶのでした。

すっかり居ついた伊豆見。

足を引きずりながら、ひとりで畑仕事をしたり世話を焼いてくれるスマを見て、これまで他人に持った事のない感情が少しだけ湧いてきている様でした。

 
朝からスマと近所の3人が賑やかにしています。

5人で朝ご飯、おしゃべりが止まらない老婆たちは祭の話になり大笑いしています。

地元の“平家祭り”を知らないと言う伊豆見に、3人は「何でお父さんは自分の村の祭を教えない?何でイズミは聞かない?」と不思議そうです。

伊豆見は「とっくに離婚したし…。」と答え皆黙り込むのでした。

 
留守番をする伊豆見、1台の車がスマの家に来ました。

降りて来たのはシゲ爺(綿引勝彦)でした。

堅物そうなシゲ爺は「茶、一杯入れてくれんね。」と言い、毎日ゴロゴロしている伊豆見に「わしの手伝いせんか。」と誘います。

椎葉村は人口も減り年寄りだけ、これから祭までの10日間伊豆見のチカラを貸して欲しいと。

バイト代は払えないけど、山で採れた物を売ったお金は伊豆見にやる、自分次第だと言って「早速、明日から!」と勝手に決めてしまうのでした。

 
その晩「そりゃええ。」と喜ぶスマ。

伊豆見は、どうして世話をしてくれるのかとスマに尋ねます。

「坊は、ええ子じゃ。」どこの誰かも知らない伊豆見をスマは優しく見つめました。

自分の事を話し始める伊豆見。

「両親がろくでもない、あいつらの親も、そのまた親も皆ろくなもんじゃない。」

スマも「豊昭もそう思っとったかもしれん…。」と息子の事をやるせなそうに話します。

 
明け方、シゲ爺が伊豆見を起こします。

まだ眠い伊豆見はフラフラしながら、スマが握ったおむすびを持って車に乗りました。

籠を背負い木々が生い茂る山の奥へ進むシゲ爺、その足はとても速く伊豆見は苛立ちながら、しかし音を上げずに登りました。

家へ帰った伊豆見をシゲ爺が褒め、スマは感心して大喜びするのでした。

 
その日は朝からイライラしている伊豆見。

「だって…。」とばかり言う伊豆見をシゲ爺は笑っています。

毎日、山に登り猟や野菜採り、一緒に飯を食う。

いつも頭を叩かれてしまう伊豆見も、山そして人生の厳しさを教えてくれるシゲ爺に心を開き始めていました。

裁縫をしているスマ、伊豆見は針に糸を通してやるのでした。

 
朝、用が出来たと言ってシゲ爺が遅れていました。

外は雨降り、見ていた伊豆見は女性を襲ったことを思い出します。

暗い顔をしたシゲ爺が家に来ました。

「仲間が死んだもんじゃけぇ…。」と言います。

村の男たちが祭の準備をしていると、手を貸して欲しいと言われ伊豆見が行くことになりました。

伊豆見が連れてこられたのは、美知(藤井美菜)という女性が居る公民館でした。

祭り会場に飾る花の入れ替えを美知とふたりで始めるとため息を吐く美知、伊豆見は気になるのでした。

 
夜、美知のことをスマに話すと「大事にしたい人に嘘はいかんよ。」と言います。

伊豆見とスマの本当の関係を隠すのはよくないと。

村人から頼られる伊豆見、平家祭りの準備が進みます。

昼休憩、伊豆見と話す美知は悩みを抱えている様でした。

花の入れ替えが終わった帰り道、伊豆見が美知に「彼氏とかいねぇの?」と聞くと「半年前までいた。」と美知は言いました。

伊豆見も「こんなフラフラした奴に彼女なんて…。」

「“しゃぼん玉”みたいなもん、風に吹かれてフラフラして自由なんかじゃない、帰る場所が無いだけ。」と答えるのでした。

美知から「ケータイ番号を交換しよう。」と言われ番号を書いたメモを貰った伊豆見は急いで家に帰りました。

ずっと電源を入れていなかったケータイをオンにして、伊豆見は美知に電話を掛けました。

 
平家祭り前日、伊豆見は美知が通り魔に遭った過去を知りました。

都会で働いていた美知は傷心し椎葉村に帰ってきたのです。

伊豆見と話すようになって“美知は笑った”と言われ罪悪感に苛まれるのでした。

 
その夜、前夜祭に一緒に行く約束をしていた伊豆見に美知が電話を掛けてきました。

「今日、行けねぇ。」と言う伊豆見に「また、明日ね。」と電話を切る美知。

落ち着かない伊豆見、冷蔵庫を開け食べ物を探していると封筒を見つけました。

中を見ると大金が入っていて・・・伊豆見の顔をライトで照らすスマが「泥棒ーー!!」と大きな声で叫びます。

暗闇の中「ばあちゃん、俺!」と慌てる伊豆見。

部屋の電気を点けたスマは「坊、泥棒じゃったとけぇ、それをどんげするつもりじゃ!?」と怯えながら片手には棒を持ち伊豆見を見ています。

お腹が空いたからと伊豆見は弁解しますが、スマは退きません。

「そんな風に思ってたのか!」と悲しそうな目で真っ直ぐスマを見る伊豆見。

 
その時、家の外に車が入ってきました。

訳が分からないスマは、伊豆見に奥の部屋に隠れるよう急かします。

金を握りしめ声を殺して泣く伊豆見、その時スマの叫び声と男の怒鳴り声が聞こえてきました。

荒らされた部屋で小さく屈んでいるスマ。

「ばあちゃん?」と呼ぶ伊豆見、目の前に立つ男は都会に出て行ったスマの息子・豊昭(相島一之)でした。

誰だと詰め寄る豊昭に「命の恩人たい。」と言うスマ、駆け寄る伊豆見。

「親子の話だ、どけ!」と言う豊昭はこれまでもスマから金を巻き上げる親不孝息子です。

この日もスマに金を無心に来たのでした。

 
伊豆見に暴言を吐く豊昭、スマは伊豆見を守りそして豊昭に謝るのでした。

「あんたは母ちゃんの傍において、見ててやらにゃならん子じゃった…。」と涙を流すスマ。

それでもせびる豊昭を責める伊豆見。

居直って「金だせよ!」と暴れる豊昭は馬乗りになって伊豆見の首を絞めます。

息苦しくなる伊豆見は、自分の首を絞める豊昭に“殺気立つ己”を見るのでした。

そして「お前なんか死んじまえ…。」と言います。

 
「やめんね!!」と叫ぶスマ、そこへシゲ爺が入って来ました。

豊昭に気づいたシゲ爺、バツが悪い豊昭はすごすごと帰っていくのでした。

寂しそうなスマですが、祭を楽しんでおいでと伊豆見の頭を撫でます。

 
平家祭り当日、美知はこれから先の事を考えると前を向いていました。

「人生あきらめない!」と。

自分はどうしたいのか、伊豆見は答えることが出来ません。

 
夜、スマにお金を渡す伊豆見、泥棒とは思っていないと笑うスマ。

伊豆見はスマの家を出て行く決心をしていました。

そして「死なねえで居てくんねぇかな、俺が戻ってくるまで。」とスマに伝えるのでした。

他に帰るところがないと泣く伊豆見に「待てんよ、ばっちゃんなんちゃからねぇ。」と笑うスマ。

でも直ぐに「待っちょる、待っちょる ここにこうしておる!」と優しく笑いながら「坊は、ええ子。」と言いました。

 

映画「しゃぼん玉」最後ラストの結末

伊豆見は「翔人(しょうと)」と自分の名前を教えます。

そして、犯した罪を話し始めました。

涙を堪えながら、時間が掛かってもいつか“ここ”に戻りたいと心から願う伊豆見。

それを聞いたスマは大きく頷き頭を撫でるのでした。

「坊は、ええ子じゃ。」

 
翌朝、家を出る伊豆見におむすびを持たせるスマ、シゲ爺の車が走り出します。

小さくなるスマを伊豆見はいつまでも見つめるのでした。

止まった車、シゲ爺の「食っていけ。」と言う言葉にスマが握ったおむすびを頬張る伊豆見。

そして、シゲ爺と別れ警察へと真っ直ぐ歩いていきました。

 
――3年後。

伊豆見はバスに乗り椎葉村に向かっていました。

あの頃と何も変わらない風景。

村人たちは平家祭りの準備をしています。

伊豆見は見覚えのある後ろ姿を見つけます。

シゲ爺・・・感情が込み上げ目を潤ませるのでした。

 
しっかりとした足取りでスマの家へ進む伊豆見。

スマの原付バイク、家には優しい明かりが灯っています。

玄関を開け伊豆見はスマが待つ家へと帰ってきました。

 

映画「しゃぼん玉」見どころ

若手実力派俳優・林遣都の主演作。

2019年1月、惜しまれつつ亡くなった女優・市原悦子の遺作となりました。

心からぶつかり合って“坊”と“ばあちゃん”を演じたふたり。

名女優との初共演、そして最後の共演者となった林遣都にとって今後の役者人生の糧になる大事な作品になることでしょう。

 
冒頭の残忍さ、そしてスマの息子・豊昭が絡むシーンは暴悪で心が痛みます。

でも、今作で描かれるのは“人のやさしさ”、“前に進む心の強さ”です。

スマは「坊は、ええ子。」と、あの可愛らしい声と笑顔で伊豆見を見守ります。

ちょっと失敗して「マジかよ!」と嘆く伊豆見をまねて「まじー!アハハハ。」と笑うスマ。

方言が心地よく“本当のばあちゃんと孫”のようで、観ていると自分のばあちゃんの事を思い出して涙腺が緩くなる人もいるかもしれません!

 
綿引勝彦が演じたシゲ爺、口は悪いけど愛情があります。

逃げ道ばかり探す伊豆見に「自分から向かっていけ!」と檄を飛ばし「やれば出来ると俺が分かっている。」と最強の味方でいてくれます。

『バッテリー』(2007年)でデビュー以来、着実に演技の幅を広げる林遣都が魅せる人間ドラマ。

THE“市原悦子”に触れられる心に留めておきたい物語です。

みんなの感想

テキストのコピーはできません。