「最後の恋のはじめ方」ネタバレ!あらすじや最後ラストの結末と見どころ!

映画「最後の恋のはじめ方」ネタバレ あらすじコメディ

映画「最後の恋のはじめ方」は、ウィル・スミス主演、アンディ・テナント監督の2005年の映画です。

この映画「最後の恋のはじめ方」のネタバレ、あらすじや最後ラストの結末、見所について紹介します。

恋愛に悪戦苦闘するラブコメディ「最後の恋のはじめ方」をご堪能ください。

 

「最後の恋のはじめ方」あらすじ

モテない男性を救うべくデートドクターをしているアレックス・ヒッチ(ウィル・スミス)。

恋が上手くいくようにアドバイスをしています。

様々なタイプの男性の恋を成功へと導く実績を持っているヒッチ。

プライベートでもヒッチの恋愛テクニックは発揮され、魅力的な女性をナンパすることはお手の物でした。

 
そんなヒッチに救いの手を求めたのがドジでちょっと冴えないアルバート・ブレナマン(ケヴィン・ジェームズ)。

アルバートが恋したのはパパラッチも追うようなセレブで美人なアレグラ・コール(アンバー・ヴァレッタ)でした。

アルバートが務める会計事務所のクライアントがアレグラだったのです。

 
完全に高嶺の花に恋をしたアルバートでしたが、ヒッチはそんな彼の切ない思いを知りアルバートのデートドクターを務めることを決めます。

まずは、アレグラにアルバートの存在を知らせるため印象に残るようなことをしようと考えたヒッチ。

アルバートはその作戦を実行します。

はたして恋の行方は?・・・

 

「最後の恋のはじめ方」ネタバレ

アレグラを交えた会議の際、アレグラが投資をしたいと提案します。

会計事務所の社長を含め、他の重役たちはアレグラの提案に反対こそしないものの、他の提案を告げ検討しようとその話を終わらせてしまうのです。

その時アルバートは社長に意見し、アレグラに「あなたが投資したいのであればそうすべきです。私たちは相談役であって先生ではない。あなたが我々に指示を出さなくては。こちらから指図されてはいけません。」そう伝えます。

社長はアルバートの話を遮ろうとしますが、そんな社長に向かってアルバートは会社を辞めると宣言してしまうのでした。

 
オフィスに戻ったアルバートは自分がとんでもないことをしてしまったとパニックになりますが、どうにかアルバートを落ち着かせようとするヒッチ。

そこへアレグラがアルバートを訪ねてきます。

アレグラは、きちんと意見してくれたアルバートに感動し感謝の気持ちを伝えに来たのです。

そして、アルバートを信頼し資産運用の相談をしたいと言うアレグラは、アルバートに自分の携帯の番号を渡して帰るのでした。

 
バーで飲んでいたヒッチは、一人で飲んでいるサラ・ミラス(エヴァ・メンデス)が気になり視線を送ります。

それに気付いたバーテンダーから新聞記者をしているらしいという情報を得たヒッチはサラに声をかけようとします。

しかし、その前にナンパ男につかまってしまったサラ。

サラはどうにかその男をかわそうとしますが、ナンパを成功させようと必死なその男はサラが迷惑しているとは気付きません。

見かねたヒッチはサラの仕事仲間を装いそのナンパ男を追いやりサラと会話をすることに成功します。

そして持ち前のテクニックでサラの興味を惹くことに成功するのですが、敢えてそのままその場を去るのです。

 
ヒッチはヴァンス(ジェフリー・ドノヴァン)という男性からデートドクターの依頼を受けます。

しかし、ヴァンスの目的は恋を成就させたいというよりも体の関係を持ちたいというものでした。

ヒッチはそういった依頼は全て断ってきたため、ヴァンスの依頼もすぐに断ります。

しかし、ヴァンスはいくらでも金は払うからとヒッチを引き止めるのです。

そんなヴァンスの態度に腹を立てたヒッチは、ヴァンスの腕をひねりテーブルに押し付けると「今度俺に手を触れたらその骨へし折ってやる。分かったか?」と言いその場を後にするのでした。

 
ヒッチはサラをデートに誘うため面白い作戦に出ます。

サラの会社にバイク便でトランシーバーを届けさせ、そのトランシーバーでデートに誘うのです。

今までにないデートの誘い方に興味を抱いたサラはヒッチからのデートの誘いにイエスと返事をするのでした。

 
ヒッチはサラを朝早くから港に呼び出し、ジェットスキーに乗ってデートを始めます。

そしてそのジェットスキーで向かったのは移民歴史館。

そこにはサラの先祖の名前が記録された書物が展示されていました。

その名前を見つけたサラは涙を流します。

ヒッチはサラの先祖の名前が書かれたものが歴史館にあると事前に調べていたので、サラが感動の涙を流しているのだと思っていましたがサラの尋常じゃない泣き方に疑問を感じます。

サラにとって、その先祖の存在は消してしまいたいものだったのです。

良かれと思ってしたことが裏目に出てしまったヒッチ。

その後もサラを乗せたタクシーにシャツが挟まって切れてしまったりと良いとこなしだったヒッチですが、意外にもサラはヒッチにますます興味を持つのです。

 
アルバートはヒッチの練った作戦で、ファッションイベントにアレグラとその友人でありデザイナーのマギー(オースティン・リシ)を誘うことに。

ヒッチから事前にアドバイスを貰っていたアルバートは自分に自信をもってアレグラをスマートにエスコートします。

そしてアレグラの友人であるマギーにも気に入られることに成功するのです。

しかし、そんな二人を狙うカメラが。

 
親密そうにするアレグラとアルバートの姿がゴシップ誌に載ってしまうのです。

その記事を見て焦ったのはサラ。

ゴシップ誌の記者としてアレグラのゴシップネタを他の雑誌に取られてしまったことに焦り、そのファッションイベントやアルバートのことを調べ始めます。

すると、そのファッションイベントにアルバートやアレグラを招待したのがヒッチだと分かるのです。

サラはヒッチに連絡を取りヒッチからアレグラとアルバートの関係を聞き出そうと計画します。

アレグラとアルバートの事を聞かれ、デートドクターの事がバレたのかと焦ったヒッチでしたが、世話になっている会計士のアルバートに招待状を渡しただけだと言い、どうにかピンチから切り抜けるのです。

 
ホタテを食べてアレルギーを起こしたヒッチを解放するため、自分の部屋へヒッチを連れて帰ったサラは、ヒッチに強く惹かれている自分の気持ちに気付きます。

翌朝、キスを交わすヒッチとサラ。

互いの気持ちが通じ合います。

そんな幸せなサラの前に友人のケイシー(ジュリー・アン・エメリー)が涙を流しながら現れます。

酷い男に遊ばれ捨てられてしまったのです。

その男は以前ヒッチに依頼を持ち掛けたヴァンスでした。

 
ヴァンスはケイシーと別れる間際「デートドクターなんてクソだ。」という言葉を残していたのです。

それをケイシーから聞いたサラはデートドクターの事を調べるためヴァンスの元へ取材しに向かいます。

デートドクターの名前は知らないが名刺なら持ってるというヴァンスからデートドクターの名刺を奪ったサラはケイシーの復讐でヴァンスの股間を蹴り上げその場を去るのでした。

 
ヒッチとサラ、アルバートとアレグラ、それぞれのカップルが上手くいくなか、サラは同僚の記者を使ってデートドクターを呼び出すことに成功します。

そこにやって来たのはヒッチ。

サラはヒッチがデートドクターだと知りその場から逃げる様に去ってしまいます。

一方、何も知らないヒッチはサラの同僚に誰から自分の名刺を貰ったのかと問います。

ヴァンスから貰ったと聞いたヒッチは「ヴァンスはいい男だ。じゃあ失礼するよ。」と言い依頼を受けずにその場を後にするのです。

 
サラはヒッチのことを記事にしようと決心します。

ヒッチの家でデートすると約束した日、ヒッチの家を訪れたサラは一方的にヒッチを責め二人は喧嘩別れをしてしまうのです。

翌日、ゴシップ誌の一面にはヒッチのデートドクターのおかげでアルバートとアレグラがカップルになったのだという記事が載ってしまいます。

サラの書いた記事でアルバートが傷ついたと心配するヒッチは、サラがケイシーに付き合って参加しているお見合い合コンに乗り込みます。

そこで、サラに何故真剣に交際する二人の邪魔をするのかと問うヒッチ。

するとサラからヴァンスの名前を聞いて誤解の原因が分かったヒッチでしたが、きちんと調べもせずにアルバートとアレグラの事を記事にしたサラに呆れ「ヴァンスはクソ野郎だ。アイツの依頼は断った。それが事実だ!ああいう奴がいるから俺の仕事が必要だったんだ。もう失業だけどね。」そう言って会場を後にするのでした。

 

「最後の恋のはじめ方」最後ラストの結末は?

自分がしたことの過ちに気付いたサラはヒッチの元を訪れ謝罪しますが、ヒッチはサラと一線を引き冷たくあしらうのです。

記事のせいで上手くいかなくなってしまったアルバートとアレグラ。

アルバートはヒッチの家を訪れ助けて欲しいと、協力を頼みます。

しかし、ヒッチはアルバートの依頼を断るのです。

「自分を変えて二度とこんな惨めな気持ちとは縁を切るんだ。」と諭すヒッチに「君は恋ってもんが分かっていない。愛は君の中でただの商売なんだ。君は愛と向き合った事がないんだろ。」そう言ってヒッチの部屋から去るアルバート。

アルバートの言葉に目を覚ましたヒッチはアレグラの元を訪れます。

 
アレグラはアルバートが自分の前で見せた姿は全てヒッチの演出だったのだろうと言いますが、アルバートが見せたドジで憎めない姿はヒッチがアドバイスした事ではなく、むしろ隠せと言った部分でした。

素のアルバートに惹かれていたのだと理解したアレグラ。

その時アレグラともう一度やり直したいと伝えにきたアルバートとアレグラは愛を伝えあい熱いキスを交わすのでした。

 
そんな二人を見たヒッチはサラの元へと急ぎます。

しかしサラを目の前にすると上手く言葉が出てこないヒッチ。

うだうだとしていると、サラの部屋の奥から男性が出てきます。

サラの彼氏だと誤解したヒッチはその男性の車で去っていくサラを諦めきれず、走り去ろうとする車に飛び乗ってサラを止めるのです。

 
実は、サラの家にいた男性はサラの妹の夫だったのですが、そんなことを知らないヒッチはサラへの気持ちを余すことなく言葉にしてサラに伝えます。

ヒッチの本当の気持ちを知ったサラはヒッチにキスをし、二人はようやく思いが通じ合うのでした。

それからアルバートとアレグラは結婚し、ヒッチとサラも順調に交際を続けます。

そしてケイシーもアルバートとアレグラの結婚パーティで運命の出会いを果たすのでした。

THE END

 

「最後の恋のはじめ方」見どころ

ヒッチを演じるウィル・スミスのコミカルで温かい演技がステキでした!

紳士的に恋愛指南をするヒッチと、おっちょこちょいだけど憎めないアルバートの関係も素敵に描かれていました。

アルバートを演じたケヴィン・ジェームズの演技がとってもチャーミングで、アルバートが出ているシーンは自然と笑みが漏れてしまいました。

 
ヒッチとサラ、アルバートとアレグラの二つのカップルがメインになりますが、どちらのカップルも応援したくなるようなストーリーも良かったですね。

また、ウィル・スミスのMVに出演したことがきっかけで女優に転身したエヴァ・メンデスがウィル・スミスの主演作でヒロインを演じているというのも見どころの一つです。

みんなの感想

テキストのコピーはできません。