「レザボア・ドッグス」ネタバレあらすじ!裏切り者や最後ラストの結末と見どころ!

映画「レザボア・ドッグス」ネタバレ あらすじアクション

映画「レザボア・ドッグス」は、ハーヴェイ・カイテル主演、クエンティン・タランティーノ監督の1992年の映画です。

この映画「レザボア・ドッグス」のネタバレ、あらすじや最後ラストの結末、見所について紹介します。

裏切り者は誰だ?「レザボア・ドッグス」の超絶バイオレンスをご堪能ください。

 

「レザボア・ドッグス」あらすじ

レストランでテーブルを囲み、朝食をとる8人の男。

6人は揃いの白シャツ、黒いスーツとネクタイ。

最年長と思しきジョー(ローレンス・ティアニー)と、その息子・エディ(クリス・ペン)はラフな格好をしています。

ここに集まったのは、強盗を生業にしている連中でした。

 
犯罪組織のボスは、腹の出かたも貫禄のあるジョー(ローレンス・ティアニー)。

腕のいい奴らに次々とシゴトをさせ、警察の徹底マークを掻い潜る悪い奴です。

彼らの決め事は “一緒にシゴトはするが、素性は明かさない”

互いを別名で呼び、彼らの正体を知るのはジョー(ローレンス・ティアニー)と、エディ(クリス・ペン)だけ。

 
葉巻を燻らせ、馬鹿話に盛り上がる若造を静かに見ているベテランのMr.ブルー(エディ・バンカー)。

マドンナの “ライク・ア・ヴァージン” を語りたがるMr.ブラウン(クエンティン・タランティーノ)に、どんな曲か忘れたMr.オレンジ(ティム・ロス)。

彼らの話に笑っている強面のMr.ブロンド(マイケル・マドセン)は、エディ(クリス・ペン)と親しいようです。

刑務所を出所したばかりのブロンド(マイケル・マドセン)。

このシゴトで初めて組むほかの奴らは、彼がクレイジー野郎だとはまだ気づいていません。

 
「コーヒーを3回しか注がなかった」と、細かい事を根に持ち、理路整然と持論を語るMr.ピンク(スティーヴ・ブシェミ)。

彼は、1ドルチップを出すことを渋りますが、子供の頃から世話になっているジョー(ローレンス・ティアニー)に咎められ観念します。

シゴトで手を組み、長い付き合いのMr.ホワイト(ハーヴェイ・カイテル)とジョー(ローレンス・ティアニー)も、互いに信頼できる悪友。

このひとクセもふたクセもある連中の中には裏切り者が・・・

 

「レザボア・ドッグス」ネタバレ

今回のターゲットは “ダイヤモンド卸売り カリーナの店”

いつも通りやれば、2分で片付くシゴトです。

ところが、予想外の展開で彼らの強盗計画は失敗!

逃走用の車はクラッシュし、警官に撃たれて命を落とした運転役のブラウン(クエンティン・タランティーノ)。

そこで、女から車を奪うと、護身用の銃でオレンジ(ティム・ロス)が腹に一発食らいます。

大量の血を流す彼を後部座席に乗せ、アジトへ急ぐホワイト(ハーヴェイ・カイテル)。

ジョー(ローレンス・ティアニー)が、何とかしてくれると信じて!

散り散りになった仲間たちは、アジトとなる倉庫で落ち合う事になるのですが・・・

 
アジトに到着したホワイト(ハーヴェイ・カイテル)。

瀕死のオレンジ(ティム・ロス)は、彼に「“ラリー”…俺は、口は割らない!」と、病院に行きたいと頼みますが、強盗犯を連れて行くことは出来ません。

そこに、異様な事態に狼狽している、ピンク(スティーヴ・ブシェミ)がやって来ました。

まるで計画がバレていたかのように、あっという間に警察に囲まれた彼ら。

今日の役割は、オレンジ(ティム・ロス)が店の入り口で見張り。

ブラウン(クエンティン・タランティーノ)は、車に残り逃走の合図を待ちます。

店内で威嚇するブロンド(マイケル・マドセン)とブルー(エディ・バンカー)。

店の奥から、ダイヤを出させる役を担ったホワイト(ハーヴェイ・カイテル)とピンク(スティーヴ・ブシェミ)は、あの時の状況を思い返します。

そして、2人が口を揃えて言ったのは「ブロンド(マイケル・マドセン)は、イカれてる!」

 
普段、銃を使う事を嫌う2人でも、逃げるためにヤらざるを得ないほどパニックに陥った原因は、ブロンド(マイケル・マドセン)が銃を無差別乱射したから。

あまりの惨劇に、警官に発砲し命からがら逃げ切ったピンク(スティーヴ・ブシェミ)。

そんな状況でも「ダイヤは、手に入れて隠してある」と、しぶとく抜け目のない男です。

 
8人の中に裏切り者がいたのか?

いろいろな思いが頭を巡りますが、ホワイト(ハーヴェイ・カイテル)の一言で、2人の間に一触即発の空気が張り詰めます。

このまま出血が続けば一晩もたないと、ルールを破りオレンジ(ティム・ロス)に “ラリー” という本名を教えたホワイト(ハーヴェイ・カイテル)。

さらに、出身地まで明かしていたと知って「お前は、プロじゃない!」と、激怒するピンク(スティーヴ・ブシェミ)。

彼は、今にも死にそうなオレンジ(ティム・ロス)を、警察の回し者と疑います。

 
人の道を外れているホワイト(ハーヴェイ・カイテル)ですが、自分よりも若いオレンジ(ティム・ロス)を信じ、2人にうまれた友情のようなモノ。

ピンク(スティーヴ・ブシェミ)とホワイト(ハーヴェイ・カイテル)が銃を向け合うと、それをブロンド(マイケル・マドセン)が見ていました。

常軌を逸した、無差別乱射をした男。

その姿を見て、益々激昂するホワイト(ハーヴェイ・カイテル)ですが、ブロンド(マイケル・マドセン)は冷淡にあしらいます。

 
“惨たらしいほどに警官を撃ちまくったブロンド(マイケル・マドセン)と、馬鹿正直なホワイト(ハーヴェイ・カイテル)は信用できる。”

そう思い、ここを離れる事を提案するピンク(スティーヴ・ブシェミ)。

しかし、ここでエディ(クリス・ペン)を待つと言うブロンド(マイケル・マドセン)は、2人にあるモノを見せます。

凶悪すぎるこの男は、警官・マーヴィン・ナッシュを拉致。

彼を見て、不敵な笑みを浮かべるのでした。

 
椅子に縛り付けたマーヴィンを、ホワイト(ハーヴェイ・カイテル)とピンク(スティーヴ・ブシェミ)が痛めつけていると、エディ(クリス・ペン)が現れます。

すると、彼に向かって「裏切り者がいる!」と、捲し立てるピンク(スティーヴ・ブシェミ)。

本当に裏切り者はいるのか?

男たちは、この状況に頭が混乱するばかりです。

 
瀕死のオレンジ(ティム・ロス)。

激しく口論するピンク(スティーヴ・ブシェミ)とエディ(クリス・ペン)。

ホワイト(ハーヴェイ・カイテル)は、煙草を吸い落ち着きを払うブロンド(マイケル・マドセン)に不信感が残ります。

相変わらずブルー(エディ・バンカー)の行方は分からず、怒り心頭のジョー(ローレンス・ティアニー)も、もうすぐアジトに到着するようです・・・

 
少しずつ、冷静になってきたホワイト(ハーヴェイ・カイテル)たち。

ピンク(スティーヴ・ブシェミ)の「ダイヤは隠してある」との言葉に、安堵したエディ(クリス・ペン)。

そこで、人質・マーヴィンとオレンジ(ティム・ロス)、そこにブロンド(マイケル・マドセン)を残してダイヤを取りに行くことに。

クレイジー野郎を残すことを案ずるホワイト(ハーヴェイ・カイテル)ですが、エディ(クリス・ペン)に従い3人は外へ出ます。

やはり、ホワイト(ハーヴェイ・カイテル)の不安は的中。

ブロンド(マイケル・マドセン)は、マーヴィンに非道すぎる拷問を始めるのでした。

 
怯えるマーヴィンを嘲笑い拷問がエスカレートしたその時、銃弾に倒れるブロンド(マイケル・マドセン)。

撃ったのは、オレンジ(ティム・ロス)です。

 
ロス市警の刑事・フレディ・ニューエンダイク、それがオレンジ(ティム・ロス)の正体。

狙いは、犯罪組織のボス・ジョー(ローレンス・ティアニー)。

彼を逮捕するため、危険を顧みず潜入捜査官として潜り込み順調に進んだ計画。

今、腹から血を流している事は想定外でした・・・

 
暫くして、ダイヤを持って戻ったホワイト(ハーヴェイ・カイテル)たち。

耳を切り落とされ血まみれの人質・マーヴィンと、意識を取り戻したオレンジ(ティム・ロス)、そして死んでいるブロンド(マイケル・マドセン)。

「そいつに殺されそうになった…裏切り者だ」と、オレンジ(ティム・ロス)が説明すると、逆上したエディ(クリス・ペン)がマーヴィンを撃ち殺します。

親友のブロンド(マイケル・マドセン)が裏切るはずは無いと、一歩も引かないエディ(クリス・ペン)。

 

「レザボア・ドッグス」最後ラストの結末は?

そこに、すべての事情を知ったジョー(ローレンス・ティアニー)が現れ声を荒げます。

「そいつは、ロス市警の刑事だ!」

さらに、ブルー(エディ・バンカー)も死んでいると言いますが、オレンジ(ティム・ロス)を信じて食い下がるホワイト(ハーヴェイ・カイテル)。

潜入捜査を見抜けず、ブラウン(クエンティン・タランティーノ)も失ったジョー(ローレンス・ティアニー)は、怒りに震え銃を構えます。

銃口はオレンジ(ティム・ロス)に向けられ、彼を守るホワイト(ハーヴェイ・カイテル)の銃は真っ直ぐにジョー(ローレンス・ティアニー)を。

さらに、父親を守るエディ(クリス・ペン)が、ホワイト(ハーヴェイ・カイテル)を狙います。

この異常な空気に、ピンク(スティーヴ・ブシェミ)は「俺たちはプロだろ」と、後退りながらも声を掛けますが、彼らには聞こえていません。

 
もともと、信頼し合っていた3人。

決して撃ちたくはありませんが、誰一人として手を下ろさず・・・

ジョー(ローレンス・ティアニー)が発砲し、ホワイト(ハーヴェイ・カイテル)とエディ(クリス・ペン)も引き金をひき、全員が倒れるのでした。

1人隠れていたピンク(スティーヴ・ブシェミ)は、最後まで抜け目ない男。

ダイヤを独り占めして、血を流す全員を横目に外へ出て行きます。

 
アジトの外にはパトカーのサイレンが響き、朦朧とした意識の中ホワイト(ハーヴェイ・カイテル)は、オレンジ(ティム・ロス)のもとへ。

「すまなかった」と、血に染まった手で彼の顔を触り詫びるホワイト(ハーヴェイ・カイテル)に、オレンジ(ティム・ロス)は「ラリー、俺は刑事だ」と、打ち明けます。

「すまない…ラリー」

声を振り絞り何度も謝るオレンジ(ティム・ロス)の顔に銃を押し付け、ホワイト(ハーヴェイ・カイテル)は唸り声を上げます。

警察が突入し騒然となり「う゛…う゛…」と、歪んでいく彼の顔。

そして、銃声が鳴り響きました・・・

THE END

 

「レザボア・ドッグス」見どころ

俳優になりたい “映画オタク” の青年・クエンティン・タランティーノが映画を撮ってみたら・・・

監督・脚本さらに出演までした、衝撃のデビュー作『レザボア・ドッグス』

冒頭から、下ネタで盛り上がるイイ年した男たち。

“ヤッた” だの “殺した” だの、朝食にする話ではない!

1ドルチップを払う払わない論争も一段落して、サングラスに黒スーツで決めた奴らが、あの名曲『リトル・グリーン・バッグ』が流れるなか歩き出す・・・胸アツ過ぎます!

 
そして、場面展開!早速で血まみれになるのでもう目が離せません。

物語の中心となるアジトで、再び始まる舌戦に次ぐ舌戦からの血たっぷり!

銃はもちろん、耳も切るので苦手な方にオススメは厳しいですが、タランティーノ流のカッコ良い演出なので我慢して観て頂きたいです。

 
どーしよーもない話ばかりしていると思ったら、狂気と色気で魅せてくる。

軽快なリズムに、身体を揺らして超絶バイオレンス!

後に、タランティーノ作品の常連となる、名優たちの競演が拝める作品としても観る価値アリです。

 
“ピンク” ことスティーヴ・ブシェミの魅力を、まだ知らないという方も必見!

「ピンクよりパープルが良い」と、駄々をこねてジョーに一喝されるのも【彼らしい】

存在感を放つ個性的な顔に、申し分ない演技力!

今作のあとに日本でも公開された主演作『イン・ザ・スープ』(監督・アレクサンダー・ロックウェル)では、まったく違う役柄を演じコチラも高く評価されています。

 
長尺イメージのタランティーノですが、今作は100分。

デビュー作にして既に出来上がっている “タランティーノの世界” を、最後までお楽しみください!

みんなの感想

テキストのコピーはできません。