映画「おっぱいバレー」ネタバレ!あらすじや最後ラストの結末と見どころ!

映画「おっぱいバレー」ネタバレ あらすじコメディ

映画「おっぱいバレー」は綾瀬はるか主演、羽住英一郎監督の2008年の映画です。

この映画「おっぱいバレー」のネタバレ、あらすじや最後のラスト結末、見どころについて紹介します。

「勝ったらおっぱいを見せる」と約束した弱小バレー部新米教師とその生徒を描く「おっぱいバレー」をご堪能ください。

 

「おっぱいバレー」あらすじ

「うわぁぁぁ!!」と、坂道を急降下!

改造三輪車に乗るのは、平田育夫と楠木靖男。

坂の上では、杉浦健吾、岩崎耕平、それと“江ブー”こと江口拓が2人を見守ります。

“おっぱいの感触を味わいたい!”絶対に感じ取りたいという、飽くなき探求心!!

中学3年の男子5人は、真剣に時速80㎞以上を目指しています。

 
1979年、思春期真っ盛りの5人が通う戸畑第三中学校に、寺嶋美香子(綾瀬はるか)が赴任して来ました。

校庭で全校生に自己紹介をする美香子は、国語の教師らしく一冊の本の話をします。

「高村光太郎の詩集、私の大好きな『道程』です」「“どうてい”・・・お~!」

平田、楠木、杉浦、岩崎、江ブーは、教頭(光石研)も頭を抱える問題児。

周りの生徒も巻き込み妄想を膨らませる5人は、真剣に本の話をする美香子にニヤけます。

 
職員室に戻ると、赴任したばかりで何も知らない美香子に、教頭はこんな事を聞きました。

「男子バレー部の顧問に空きが、お願いできますか?」

一斉に美香子を見る同僚の教師たち、ヤル気だけはある美香子は引き受けます。

実は、エッチな妄想に明け暮れる、あの5人がバレー部員でした。

しかも、戸畑第三中の男子バレー部とは名ばかりで、実態は試合経験もヤル気も無い“バカ部”。

同僚・堀内(青木崇高)は「体育の授業で」と、あっけらかんと言う美香子に困惑します。

バレー部の5人に、頑張る事の素晴らしさを教えたいと張り切る美香子。

そうする事が、教師として自信を無くしている自分のためでもありました。

 
放課後、ジャージに着替えた美香子は、歓迎会に全力を注ぐ5人を練習に連れ出します。

美香子の香りに釣られ、何とかランニングを終えた5人を待っていたのは、女子バレー部との試合。

「僕たち5人しか居ないから、チキショーあと1人居れば試合できるのに!」

心にもない事を言っていると、入部希望者・1年の城良樹が現れます。

ところが、15-0という散々たる試合結果に、小学生の頃からバレーをやって来た城は呆れ、速攻で退部。

女子バレー部から1点も取れず、新入部員の城も逃したのに歓迎会の続きを始める5人。

ヤル気の無い彼らを作ったのは、卒業した先輩・中井(石田卓也)のようです。

 
弱々しい後輩5人に、女装させたりグラウンドにおっぱいを描かせたり、好き放題に暴れた中井。

彼が卒業した後も、男子バレー部には活動する場所が無く、バカ部と呼ばれ続けています。

「僕らが試合で勝つなんて、あり得ませんから」と、バカにされ過ぎて悔しさも無い5人。

美香子は「本気で頑張るなら先生、何でもするから」と、余計なコトを言ってしまいます。

普通なら良識ある“何でも”だけど、5人が思い浮かべるのは・・・

「今度の大会で1勝したら、先生のおっぱいを見せて下さい!」

もし、文章のネタバレではなく動画で見たい!なら U-NEXT で今すぐ無料で見る事が出来ます。
無料登録して、31日間のお試しの後で本契約をするかどうか決めれば良いです。

 

「おっぱいバレー」ネタバレ

クソ真面目な5人が叶えたい、本気のお願いをもちろん美香子は断りました。

「先生なんて、そんなもんですよね。何でもするとか言って“嘘つき”」

落ち込んで見せる5人、何より嘘つきという言葉が美香子に重く圧し掛かります。

「私は、嘘なんてつかない!」と、反論する美香子に、5人は態度を一変。

「じゃあ、おっぱい!やったー♪」5人の勢いに圧倒された美香子は、約束しちゃった!?

まるで美香子が「おっぱいを見せる!」と、言ったかのように変換した5人は、試合せずに勝てる方法を考えます。

一方、美香子に相談された同僚の堀内は、一瞬ニヤつき「学校にそんな約束バレたら、マズくないですか!」と、正論。

勝たせてあげたい!・・・でも、おっぱい・・・美香子の悩みは尽きません。

 
強豪・竜王中学 男子バレー部のボールに穴を開けようと、安直な作戦を思いついた5人は、誘惑に負け新体操部のノゾキ!?

「努力もせずに、そんな簡単に見れると思ったら大間違いよ!・・・?」

5人にガッカリする美香子ですが、やっぱり見せる方向で話が進み彼らのペースに。

「せっかく先生が約束してくれたのに、僕たち頑張って1勝して先生のおっぱいを見ます!」

その言葉通り、5人は練習に打ち込むようになり、応援する気持ちが大きくなる美香子。

体育の授業でしかやった事の無いバレーボール、美香子の心に火が付きます。

 
顧問も部員も全員初心者、基礎を学び雨の日も、苦しいランニングも耐えられたのは、あの合言葉・・・

「おっぱい!おっぱい!」5人は自転車で先頭を走る、美香子を追い掛けます。

キャプテンの平田は入部早々、辞めてしまった1年の城を呼び戻そうとしていました。

美香子と城の家を訪ねると、父親の和樹(仲村トオル)が迎えてくれます。

城和樹、彼は学生時代、実業団とバレーボール一筋で名選手でした。

しかし、3年前にケガをして引退、息子の良樹は父にバレーをする姿を見せたいと思っていたようです。

戸畑第三中の弱小バレー部にガッカリして、辞めてしまった事を父・和樹は知りません。

 
キャプテンの平田から、真剣にバレーをしていた城のことを聞いた4人も溜息。

「でも、あの頃とは全然違うぜ。今の俺たちを見たら!」

おっぱいのために見違えるほど変わった5人は、城にもう一度入部してもらおうと町中を捜します。

やっと見つけた城に「お前の力が必要なんだよ」と、平田が頼んでも返事は「バレーに興味ない」

柄のワルい奴らとつるむ城は、腹いせに停まったバイクを蹴飛ばします。

しかし、運の悪い事にそのバイクの持ち主は、戸畑第三中の卒業生でバレー部だった中井!

1人捕まり、ボッコボコにされる城を助けるため「うわーっ!」と、ビビりながら中井に立ち向かう5人。

この出来事は6人の友情を深め「おっぱい!おっぱい!」の掛け声も、6人分になりました。

 
練習を頑張った6人は、女子バレー部との試合で8-15で初勝利!

記念写真も撮り、喜ぶ美香子ですが「勝っちゃダメよ!困るでしょ私が」と、素直に喜べず複雑な心境。

6人の成長は美香子にとって、ある人への恩返しでもあるようで、ボソッと「報告に行けるかな」と、呟きます。

 
始まった北九州・筑豊地区中学校バレーボール大会で、1回戦を不戦勝で突破してしまった戸畑第三中。

「1勝!」と、浮かれる6人に怯む美香子ですが、真のバレーボール好き1年の城が止めました。

「先輩たちと戦って、スッキリした気分でおっぱいを見たいんです!」

「そうだな、先生だってスッキリおっぱい見せれないよな、ですよね?」

しかし数日後、2回戦の相手は強豪・竜王中学に決まり6人は負けを確信します。

落ち込む6人に「私のおっぱいを見るために、頑張りなさい」と、励ます美香子。

強力すぎる魔法の言葉に、元気が出た6人の「おっぱい!おっぱい!」コールが町中に響きます。

そんな6人を見て、慌てながらも微笑む美香子。

彼女にとって彼らと笑い合う部活動は、かけがえのない物になっていました。

 
──それは、美香子が違う中学校で教師をしていた時のことです。

生徒が夢中になる、シーナ&ザ・ロケッツのコンサートに、皆で行こうと誘い約束を交わした美香子。

しかし、生徒は受験生だった事もあり、教頭に問いただされます。

「まさか、寺嶋先生が言い出した訳ではありませんよね?」

美香子の答えは「はい、違います」それを生徒は聞いていました。

生徒から美香子に投げつけられた「嘘つき」と言う言葉、そして無視。

生徒と向き合う自信を無くし、学校に行くのをためらう過去があったのです──。

 
「先生、続けてるみたいだね。良かった」

美香子の過去を知る元カレ・樋口(福士誠治)は優しい男性で、今も彼女を想い復縁を願っていました。

もちろん、美香子もそのつもりでしたが・・・耳に響く「おっぱい!おっぱい!」コール。

いい雰囲気が一転「だめ!コレは皆の夢なの!」と、樋口を置いて部屋を飛び出します。

 
ある日の放課後「燃えろ!イイ女~ 燃えろ!美香子~♪」と、6人は元気一杯。

ところが、部室に入ると中井が怖い顔で待っていて、縮こまる6人。

1勝すれば、顧問・美香子のおっぱいが見れる事を白状します。

すると、中井は感慨深げに「おっぱいか、いいセン公だな」と呟き、颯爽と去って行きました。

部室の外で彼らの話を聞いていたのは、キャプテン・平田の幼馴染、女子バレー部の理恵(小島藤子)。

呆れる彼女が友達にこの事実を喋った事で、後に美香子が窮地に立たされます。

 
大会2回戦、強豪・竜王中学との試合に向けて、合宿をする男子バレー部。

1年の城の父親・和樹の協力で、6人は充実した練習に励みます。

夜、職員室で同僚の堀内と話す美香子は、自分の中学時代の過ちを打ち明けました。

「えっ!寺嶋先生が万引き?」と、美香子が補導された経験があると知り驚く堀内。

 
──中学3年の美香子は停学になり教室で1人、原田先生(小林勝也)の補習授業を受けます。

先生が出す課題は読書感想文、生徒の忘れ物の本を持って来ては美香子に読ませました。

読んだ本にパラパラ漫画を描き反抗してみる美香子、原田先生との静かな1週間が終わります。

数日後、美香子が書いた『道程』の読書感想文は、コンクールで金賞を受賞。

無気力だった美香子に、原田先生が国語の教師になる夢を与えてくれたのです──。

「一人前の教師になれたら、原田先生のところに報告に行きたい」

 
ある日の夕暮れ、男子バレー部に代々受け継がれるエロ本の隠し場所を、1年の城に教える5人。

受験を控える5人ですが、江ブーと杉浦は家業を継ぐため進学はしません。

「最後かもね、皆で何か出来るのも」

「美香子のお陰かな」

中学時代の最高の思い出“美香子のおっぱいを見る”ために、心を一つにする6人。

一方、手書きの必勝ハチマキに、想いを込めていた美香子も2回戦の勝利を願います。

ところが「寺嶋先生が男子バレー部員に、おっぱいを見せる約束をした」と、噂が学校中に広まっていました。

 
校長室に呼び出された6人、美香子が教頭の問い掛けに答えられずにいると、キャプテンの平田が庇います。

「僕らがふざけて言ってるだけ、先生がそんな約束するハズないじゃないですか」

庇ってくれる6人に、もう嘘はつきたくないと美香子は答えます「私が約束しました」

喋ってしまった理恵は、大事になったことを悔いますが「先生のした約束は間違っている」と、伝えます。

戸畑第三中学をクビになった美香子、同僚の堀内が男子バレー部の顧問を引き継ぎました。

 
北九州・筑豊地区中学校バレーボール大会2回戦、相手は強豪・竜王中学。

美香子が去ってしまい、スッカリ元気の無い6人ですが、試合は待ってくれません。

同じ日、美香子は原田先生の墓前に来ていました。

「ごめんなさい」と、謝る事しか出来ない美香子に、原田先生の妻・静子(市毛良枝)が声を掛けます。

 

「おっぱいバレー」最後ラストの結末は?

家に招かれた美香子は、原田先生の本棚に見覚えのある本を見つけました。

あの時、生徒の忘れ物だと言っていた本は、すべて原田先生の本。

「どうしたら、力になれるだろう」原田先生は美香子を想い、本を選んでいました。

それを知る静子も、今また美香子の背中を押し、最後まで生徒と向き合う勇気を与えます。

 
第1セット、堀内が懸命に声を掛けても、6人はヤル気ゼロでした。

女子バレー部や、城の父・和樹が見守るなか、0-15で落とした戸畑第三中。

第2セット、コートに立つ無気力な6人を怒鳴るのは、試合会場に駆け付けた美香子。

あっという間に、生き生きとした顔になった6人が、聞きたいのはあの魔法の言葉です。

円陣を組む7人「私のおっぱいを見るために、頑張りなさい」

「お~っぱい!ヨッシャ~!」

必勝ハチマキをまいて、ハツラツとプレーする6人は第2セットを15-7と快勝!

すると、竜王中学の鬼コーチが激怒し、とうとう本気の一軍を出して来ました。

 
しかし、キャプテンの平田はビビりません!

美香子のおっぱいが懸かっているんだから!!

第3セット、力及ばず戸畑第三中は4-15で負け、ロッカールームで泣き崩れる6人。

彼らが、精一杯努力した事を知る美香子は優しく微笑み、胸に飛び込んで来る6人を受け止めました。

 
戸畑第三中から去り、電車に揺られる美香子を男子バレー部の6人が見送ります。

大きく手を振って笑い、気づけば涙を流してお別れをしました「ありがとう~!」

美香子に贈られたのは、女子バレー部に初勝利した記念写真、そして一通の手紙。

“寺嶋先生へ──負けた場合に備えて、僕ら江ブーの胸に飛び込む練習をしていたので、良い位置に飛び込めました。

最高の感触ありがとうございました。 男子バレー部一同より”

おしまい。

 

「おっぱいバレー」見どころ

ザ・昭和を心ゆくまで堪能!夢を叶えたい男子中学生が魅せる底なしのパワーに、笑って泣ける!?

思春期ならではの青春を描く本作で劇中、連呼されるのは「おっぱい!」

オープニングから、男子5人の頭の中はソレばっかりで、鑑賞して早々に離脱してしまう方も居るかもしれません。

 
確かに・・・バカ部と呼ばれるだけあって、彼らに呆れてしまうのも当然です。

でも、30分も我慢すれば、チョット様子が変わってくるので耐えて下さい。

寛大な心で、彼らの成長を見守ると「くだらない!」と思っていたアナタも、いつの間にか微笑んでいるかも!?

 
ピンクレディーから始まり甲斐バンドやツイスト、浜田省吾、荒井由実が歌う名曲の数々が作品を彩ります。

どのシーンも、音楽と映像が見事にハマり、感動してしまうのはやっぱり歌の力?

不格好でも一生懸命に試合をする6人に、永井龍雲が歌う『道標ない旅』は最高です。

「こんな時代もあったな~」と懐かしむ事が出来る、大人にこそ観てもらいたい映画なんです。

好きなモノに向かって、がむしゃらに突っ走る男子6人に笑って。

美香子に国語の教師への道しるべを示した、原田先生の真実に涙して。

 
結局、最後までおっぱいですが、何故か気持ちが晴れやかになっている・・・かも!

バカバカしい中学男子の夢の実現だけが本質じゃない!この映画の奥深さはスゴいです。

エンドロールは撮影風景が流れ、出演者の笑顔に心がホッコリしますよ。

主演の綾瀬はるかは当然ながら、青木崇高そして仲村トオルも言っちゃう「おっぱい」

でも、笑っちゃうくらい爽やか!かわいいと思えるのは本作がちゃんと青春してるから。

 
竜王中学戦、第2セットを取ったバレー部6人の活躍、美香子を称える和樹(仲村トオル)。

言っている事は6人と同じなのに、イケメンが言うと破壊力抜群!

そして試合後は、子供たちを想う父の前向きな優しさに胸アツなので、どちらも本編でご確認ください。

 
未鑑賞ならば、その魅力を是非とも知って欲しい掘り出し物の映画。

食わず嫌いはモッタイナイ、入り口はゆる~い気持ちからでも、彼らと一緒に青春を楽しんじゃいましょう!

この「おっぱいバレー」はU-NEXT ですぐ無料で見る事が出来ます。
今なら31日間、無料でいろいろな作品が見れますよ!

みんなの感想

テキストのコピーはできません。