「グッドモーニングショー」ネタバレ!あらすじや最後ラストの結末と見どころ!

映画「グッドモーニングショー」ネタバレ あらすじコメディ

映画「グッドモーニングショー」は中井貴一主演、君塚良一監督の2016年の映画です。

この映画「グッドモーニングショー」のネタバレ、あらすじや最後のラスト結末、見どころについて紹介します。

立てこもり事件の犯人の要求は打ち切り寸前のモーニングショーのキャスター!?「グッドモーニングショー」をご堪能ください。

 

「グッドモーニングショー」あらすじ

午前3時に起きる、澄田真吾(中井貴一)。

澄田は朝7時からのワイドショー「グッドモーニングショー」メインキャスターを務めています。

澄田は元女子アナの妻、明美(吉田羊)と息子のけんじ(弥尋)と3人暮らし。

ある朝いつものように起きると、リビングには明美とけんじの姿が。

「まだ起きてたの」と声をかける寝起きの澄田。

そこで息子けんじが結婚するから、と言い出します。

彼女が妊娠したのです。

どうやって生活すんだ、社会人になって胸の張れる仕事についてからだと結婚を反対する澄田。

しかしけんじは「親父は胸の張れる仕事してんのか」と言い返します。

 
家の前に待機したタクシーに乗る澄田。

そこに、番組でサブキャスターとニュース担当を務める小川圭子(長澤まさみ)から電話がかかってきました。

「いつになったら一緒に出勤できるんですか」と言う圭子。

見ると圭子は並走するタクシーに乗っています。

「いつ奥さんと別れてくれるんですか」と番組で関係をばらすと言う圭子。

「ちゃんと責任取ってくださいね」とニコニコしています。

しかし、このふたりの間には本当に何もなく、彼氏と別れた時に慰めてくれた澄田に一方的に恋しているだけでした。

これからとんでもない事件が起こるのですが・・・

もし、文章のネタバレではなく動画で見たい!なら U-NEXT で今すぐ無料で見る事が出来ます。
無料登録して、31日間のお試しの後で本契約をするかどうか決めれば良いです。

 

「グッドモーニングショー」ネタバレ

テレビ局で忙しく動き回るスタッフ達。

どんどんスタジオが整っていきます。

ディレクター達はトップにしたいニュースがあり、政治ネタを押す松岡松岡宏二(林遣都)、芸能の新垣英莉(木南晴夏)が構成をめぐって大もめしています。

松岡はチーフディレクターの秋吉克己(池内博之)に自分のネタを押しますが、澄田のひとことでトップは熱愛報道となりました。

その後、構成がどんどん決まっていきます。

今日の視聴者アンケートのネタは「別れた恋人から」。

 
政治ネタを押していた松岡は報道部長(小木茂光)から、に自分たちが苦労して取った情報をコピーしやがって、と言われます。

そんな時、同期でプロデューサーの石山聡(時任三郎)から呼ばれた澄田。

澄田の番組が視聴率低下でこのままでは打ち切りになり、報道部仕切りの番組になる事を知らされます。

新しい番組ではキャスターも変更するそうで、最終回は盛り上げようと言う石山。

「上はまだあの事を?」という澄田。

笑顔で泥を塗る澄田が映ります。

「お前どうしてあの時本当のこと言わなかった?」と言う

そこに夜の番組を担当する後輩が、通りがかります。

澄田の後でプレッシャーがあるという彼が、今度朝の番組も頼まれているようです。

息子に朝からはしゃいでいるだけだと言われたと愚痴る澄田。

石山は知的にふるまっても視聴者は逃げていくだけだと言います。

明美からけんじに子どもが生まれたらうちで面倒を見ないと、と電話がかかってきました。

「パパもっともっと働かなきゃ」と言う明美に「本番前だから」と電話を切ります。

 
番組開始30分前。

テロップを付けたり、スポンサーのライバル企業にモザイクを入れたりと忙しく働くスタッフ達。

澄田が出来上がった原稿を読んでいると、特集担当ディレクターの館山修平(梶原善)から明日現場に行くことを頼まれます。

現場はちょっとという澄田のところにまた明美から電話がかかってきました。

石山、と携帯を石山に渡した澄田は顎をかいてどこかに行ってしまいます。

石山は電話に出ると、「おはようございます。奥さんすみません」とごまかします。

側にいたスタッフが、あれは澄田が嘘をついて欲しい合図だとささやき合います。

そして話題は澄田と圭子は付き合ってるのかということに。

ふたりが付き合っているという噂が流れてはいるものの、みんな圭子の思い込みの激しい性格を知っているため、信じていないようです。

 
そこに「共同通信からのニュース速報」とアラームが。

大崎で6時にカフェで客と店員を人質にした立てこもり事件が発生したのです。

一瞬静まり返るもすぐに動き出すスタッフ、現場に行ったり構成を変えたりと大忙しです。

すぐに中継担当ディレクターの府川(大東駿介)が現場に向かいます。

そして報道部がやってきて、仕切ろうとします。

松岡がここは協力体制で、と言いますが協力させてくださいだろと高圧的な態度の報道部長。

 
そして本番15分前。

おいしいスイーツのネタが削られることになり、大量にケーキを作って待っていたケーキ屋は半べそです。

メイク室では明るい薄ピンクのスーツの澄田、真っ赤なワンピースの圭子が並びます。

しかし、立てこもり事件が発生し被害者がいるかもしれないと黒いスーツに着替えるよう言われます。

後でゆっくり話そうと澄田は言いますが、圭子はどこ吹く風。

一緒にメイク室にいた三木沙也(志田未来)は圭子に「尊敬する澄田が圭子をもてあそんだのは許せない」と言います。

 
立てこもりのあったカフェの前では警察とマスコミでごった返しています。

一般人もスマホで撮影しています。

その時、府川は警察の黒岩哲人(松重豊)から「グッドモーニングショーの方ですね?」と責任者と話したいと声をかけられます。

 
そして迎えたグッドモーニングショー本番。

画面には黒いスーツの澄田と、圭子、そして沙也達が映っています。

速報で立てこもり事件を伝える澄田、店には10人の客がいるそうで、皆がそのニュースを見ています。

澄田家でもそのニュースを見ていて、「ねぇ」とけんじは明美に事件を知らせます。

他局の情報によると、犯人は銃を持っているそうです。

 
黒岩と電話で話す石山、なんと犯人の要求は澄田だと言います。

そして新垣が押していた芸能ネタは飛ばされて政治のニュースに。

政治家の脱税ニュースを伝えた圭子は「隠してもばれます。私も実は…」と自分の話をしようとします。

慌ててCMです、とその場をごまかす澄田。

 
その時、石山は澄田に立てこもり犯の要求はお前だって、と伝えます。

オフレコの話をしたからか名前を間違えたからか・・・と犯人の心当たりをあげる澄田。

松岡は犯人の要求は澄田であり、これはうちだけのスクープだがら行かせようと言います。

しかし報道部長はコンプライアンスが厳しいからと反対します。

 
そして番組は視聴者投票のコーナーに。

別れた恋人からのプレゼントはどうするかという質問で、沙也に振る澄田。

しかし圭子に聞く、と言うカンペは無視してしまいます。

ついに石山が澄田に現場へ行くよう言います。

しかし、コンプライアンスを気にする報道部長は行かないように言います。

現場が怖い澄田。

それはある出来事のせいでした。

 
そのニュースが頭をよぎる澄田。

そこでまたも爆弾発言をしそうになる圭子。

ごまかすために澄田はとっさに「中継に向かうためにスタジオを離れます」と言ってしまいます。

アイツひとりで責任を負わせます、と笑顔の石山。

そしてバイクで現場に向かう直前、澄田は今日の占い4月生まれは?と尋ねます。

最悪だと言われ、当たるなと思う澄田でした。

 
新たに事件は単独犯で人質は従業員2名と客10名と言う情報が入ってきました。

そして要求が澄田であることも発表されます。

並んでニュースを見る明美とけんじ。

「何で父さんが?」と驚きます。

その頃局にはやらせでしょ?まじめにやれと苦情が舞い込みます。

 
現場についた澄田。

そんな澄田にあの時の苦い記憶がよみがえります。

顔に泥を塗る澄田、被災者に失礼、わざとやるのを見た、嘘つき…と言う声。

声が出ない澄田に石山はまた檄を飛ばします。

そしてレポートを始めた澄田、さすがしゃべりだすとスムーズです。

全局、澄田を映しています。

 
黒岩が澄田に声をかけ、犯人は西谷颯太(濱田岳)だと教えます。

名前を書いた紙をすべりこんで渡す松岡、うちだけの情報とすぐに名前を流します。

またも報道部が来て仕切ろうとしますが、館山達は聞いていません。

西谷のブログを見つけ、情報を見つけていきます。

現場となったカフェは2年前に火災が起きている事、さらに西谷の叔父の猟銃が無くなっていることも判明します。

 
現場に動きがあり、人質1人解放されました。

番組は現場とスタジオを行き来しています。

石山は澄田にカフェへ行くよう進めます。

キャスターでいるかマイクを置いて管理職になるか迫る石山。

 
そして黒岩も澄田を犯人の側によらせることを提案します。

猟銃にさらにダイナマイトがあるからと澄田は防弾チョッキやヘルメットでフル装備をさせられます。

「歩けますね?」と確認された澄田、ぎこちなく歩きます。

そして澄田にバッチにカモフラージュした隠しカメラを仕掛ける府川。

澄田の顔が映るカメラもあります。

「死んでもマイク離すなよ」と石山。

 
みんなが澄田を映します。

澄田に何でマイクを?と尋ねる黒岩、マイクはお守りでバッチのカメラは勇気の印だと言います。

勇気の印…石山役の時任さんにかけてるのでしょうか?

そしていよいよカフェに近づく澄田。

澄田は黒岩と3つの約束、犯人を否定、信用、約束をしないように言われます。

 
澄田のカメラの映像を流すモーニングショー。

さすがに明美も心配そうです。

「ニュースを見世物にしやがって」とカンカンの部長。

スタジオで死なないで、と言う圭子に沙也は死んだら社長賞ですと呟きます。

戻りましょう…と澄田は言いますが、皆からカメラを向けられそのまま行くことに。

澄田のカメラにスポンサーのライバル企業の商品が映り、そっちを向くなと言われる澄田。

こんな時までしっかりしています。

そしていよいよ澄田が中に。

 
澄田のカメラのことで局には警察や記者クラブからの苦情が届き、澄田のカメラを消すように言われます。

そして現場でもマスコミが追い払われる事態に。

中では従業員が西谷から猟銃を突きつけられています。

「パパ、生命保険いくらだったかしら」とテレビを見る明美。

けんじと明美はと台風の被災者の中に澄田を恨んでいる人がいるのではと話しています。

 
いつもみてるよ、と澄田に声をかけてふたりの客が解放されました。

中には子供もいます。

僕はあなたを知らない、と言う澄田に西谷はカメラの前で見ている人みんなに謝ってと言います。

西谷は澄田にテレビでくだらないこと、偉そうなことを言ってごめんなさいと言わせたくて呼んだのです。

興奮気味に繰り返す西谷、謝っちゃいましょうという秋吉。

その頃警察は突入の準備をしていました。

 
澄田はヘルメットを外し、外に出ます。

沢山のカメラを向けられた澄田、そこで「僕への要求が分かりました」と番組がくだらなく、偉そうにコメントする自分に謝罪が求められていると言います。

そして皆が見守る中、「確かに、私どもは皆さんにとってはどうでもいいような芸能ニュースなどを放送しています」と語りだした澄田。

真剣にテレビを見る澄田家。

「とっとと謝れ。たかがワイドショーが、自分がやったことを忘れたのか」と言う報道部を沙也がにらみます。

そして報道部の仕切りとなり、部屋から追い出されるグッドモーニングショーのメンバー。

 
あの後輩がニュースを読みます。

その途端に鳴る電話、皆が澄田を出すように言います。

「視聴者の声です、テレビを見るプロですよ」

戻された画面で「日々、情報をわかりやすく整理し」と澄田はしゃべってますが、動き回るスタッフの声で聞こえません。

土下座を求める西谷。

黒井は言われたとおりにと言い、澄田は今やりますと返事をします。

 
その時、過去の火災のニュースを確認していた館山が西谷の映像を見つけます。

そしてイヤホンごしに澄田にそのことを聞きます。

「あなたここで働いていませんでした?仕事きついって、仕事がきつかったそうですね」と二年前の火災の話をする澄田。

そして西谷と火事との関係を指摘し、西谷が怒っている原因が他にあると指摘します。

 
火事のことを追求しようとする澄田、しかし黒岩はマイクを取り上げます。

俺の中継は邪魔させない、と府川は澄田のバッジに仕込んであったマイクに声を拾わせます。

西谷は澄田の話にイラつきを隠せません。

その時、人質がひとり逃げ出しました。

興奮してダイナマイトを抱えた西谷に、それでも西谷に語り続ける澄田。

西谷は澄田に「見たよみっともない放送、最低」と言います。

そこで違います、と声をあげたのは沙也した。

 
聞いてください。とその時一緒に現場にいっていた沙也。

あの台風の災害現場で澄田が笑いながら顔に泥を付けたのは、被災した男の子を元気付けるためでした。

そのシーンがいきなり放送されたため、誤解を与えていたのです。

しかし、子供を巻き込まないために澄田はそのことを隠していました。

 
店長のツイッターを見つけた、店長に会いに来たけどいなかったから夜のニュースで火事を伝えた澄田を呼ぶことにしたと言う西谷。

このカフェの火災は店長のたばこが原因でしたが、西谷のせいにされたのです。

澄田は火事の調査をする、必ず真実を手に入れるとテレビの前で約束すると言います。

しかし澄田はとうとう銃を撃ちました。

慌てて画面に目をやる明美。

幸い弾は澄田の頬をかすった程度でした。

 
西谷は最初から澄田を呼ぶつもりでした。

サービス残業が続いたこの店、ゆっくりとやすめなかった西谷。

西谷は以前、それをテレビで訴えてほしくて澄田が圭子といる時に手紙を渡そうとしていました。

しかし、澄田は気づかずに行ってしまったのです。

その時のことを覚えていた圭子。

あんたには俺が見えないんだな、と西谷。

「お前なんかにニュース読む資格はねぇよ」と西谷は澄田と圭子がふたりでいる写真をばらまきます。

むっとした顔の明美とここぞとばかりに私は愛されています、と宣言する圭子。

 
ついにしばらくお待ちくださいのテロップが流れ、連れ出された圭子。

ここで今日の占いに行く沙也、初のメインと気合を入れます。

「こんな事になるなんて…」とけんじ。

知ってたわ、パパを見る目が一か月前から違ったという明美。

しかし圭子はパパの好みではないと浮気は疑っていないようです。

出ていこうとするけんじに明美は「最後まで見なさい、これがパパの仕事よ」と声をかけます。

 

「グッドモーニングショー」最後ラストの結末は?

自暴自棄となり、ついに自殺をしようとする西谷。

仕事も生きてる意味がないという西谷。

悪いのは自分だと澄田は、説得を試みます。

「親を悲しませるんじゃない、死んでほしくない。息子に子どもができた、孫ができた、孫にも死んでほしくない」と一生懸命説得します。

早くこの手で孫を抱きたいと言う澄田に、けんじは感動しますが明美は「嘘に決まってんでしょ」と言います。

 
銃を澄田に向けた西谷、一緒に死のうと言います。

視聴者が見てると澄田は言いますが、西谷はみんな自分が死ねばいいと思っていると言います。

放送残り9分のところでは、あれ使えない?と言う圭子。

それは視聴者アンケートです。

これ以上はと止める副部長を無視して圭子は、犯人は命を捨てるべきか取っておくべきかという視聴者投票を呼びかけます。

石山は今日の視聴者投票のデータを消し、新たな投票をアップしました。

 
始まった投票。

どんどん票が集まります。

そして投票が終わりました。

出た集計は捨てる69%、取っておく31%、みんな死ぬとこが見たいのです。

澄田に結果を伝える秋吉。

結果を放送しましょうと松岡は言いますが、石山も固まっています。

 
そのとき、カメラは顎を描く澄田を映しました。

結果を入れ替え配信する石山。

結果は取っておくが69%、捨てるが31%。

西谷に呼びかける圭子、「視聴者の声だ、生きろって声をかけてくれたんだ」と言われる西谷。

そこに警察が流れ込んできて、無事にダイナマイトも止められました。

 
3つ約束しましたね、3つとも破った、しゃべりすぎだと澄田にマイクを返す黒岩。

澄田は西谷の手紙をしまいます。

番組は澄田のアップ、全員無事で個人的なことは後で説明と言う言葉でエンディングを迎えます。

局では電話が鳴りやみません。

沙也にはキャスターのお誘いが、そして圭子はふとしたきっかけで松岡に熱い視線を送ります。

 
警察に出入り禁止となった「グッドモーニングショー」。

石山も叱られるかもしれないと言いつつ、視聴率が楽しみな様子です。

視聴者を裏切った、と嘘の結果を流したことを言うふたり。

澄田はワイドショーがおもしろい、何か生まれるかもしれないと言います。

 
家に帰った澄田。

リビングに入ると、明美との間にいすとテーブルのバリケードが。

「君に謝らないといけない」と言う澄田にご飯はない、と言う明美。

明美は澄田に「あの子、最後まで見て勇気をもらった、だから結婚する」と伝えます。

明日も3時起きだという澄田。

明美に番組のトップは謝罪会見ね、と言われた澄田は椅子を降ろします。

重たいテーブルを降ろせず途方に暮れる澄田と、それを笑う明美でした。

おしまい。

 

「グッドモーニングショー」見どころ

ころどころネタが仕込まれ、楽しみながら見れる前半。

一方後半は銃を持った西谷に危機感を覚ます。

テレビに映るのはキャスターたちだけですが、ニュースにはたくさんの人が関わり色々なやり取りや駆け引き、思いがあるのです。

主人公はキャスターであり、事件現場も登場しますが作り手の葛藤が伝わってくる作品でした。

 
明日、澄田はどんなことを言うのか。

ターゲットを変えた圭子はなんというのか、そして番組は…

と今後が気になるグッドモーニングショーでした。

この「グッドモーニングショー」はU-NEXT ですぐ無料で見る事が出来ます。
今なら31日間、無料でいろいろな作品が見れますよ!

みんなの感想

テキストのコピーはできません。