「コラテラル」ネタバレ!あらすじや最後ラストの結末と見どころ!

映画「コラテラル」ネタバレ あらすじミステリー/サスペンス

映画「コラテラル」は、トム・クルーズ主演、マイケル・マン監督の2004年の映画です。

この映画「コラテラル」のネタバレ、あらすじや最後ラストの結末、無料動画や見どころについて紹介します。

殺し屋を乗せてしまったタクシー運転手の一夜を描くサスペンス「コラテラル」をご堪能ください。

 

「コラテラル」あらすじ

タクシー運転手のマックス・ドトーチャー(ジェイミー・フォックス)。

ある日の夜に乗せた客アニー・ファレル(ジェイダ・ピンケット=スミス)と、どの道を使ったら目的地まで早く着くかの賭けをします。

勝ったのはマックスでした。

検事のアニーはタクシーを降りる際、起業したいと言っていたマックスの力になれる様にと名刺を渡します。

 
アニーと入れ違いに乗った客ヴィンセント(トム・クルーズ)は目的地まで時間通りに着くことが出来るマックスを気に入り一晩貸し切りにしてくれと提案するのです。

しかし、規定違反になることを避けたいマックスはその提案を断りますが、ヴィンセントは600ドル出すからと言い、マックスはその金欲しさに提案を受け入れてしまいます。

実はその男は殺し屋で・・・

もし、文章のネタバレではなく動画で見たい!なら U-NEXT で今すぐ無料で見る事が出来ます。
無料登録して、31日間のお試しの後で本契約をするかどうか決めれば良いです。

 

「コラテラル」ネタバレ

その後ヴィンセントが向かった場所で待機するよう言われたマックスでしたが、ヴィンセントの帰りを待っている間に、マックスのタクシーに死体が落下してくるのです。

その死体は殺し屋のヴィンセントが殺した相手でした。

ヴィンセントが殺し屋だと知ったマックスは、自分はここに残るから自分で車を運転して行ってくれと言います。

しかし、ヴィンセントはマックスを脅し、車を運転させるのです。

 
ヴィンセントがターゲットを狙いにいっている間、マックスはタクシーのハンドルに繋がれてしまいます。

ヴィンセントが居ない隙に、クラクションを鳴らし通行人に助けを求めますが、クラクションに気付いた集団は逆にマックスを脅しマックスの財布とヴィンセントのトランクを盗んで去っていこうとするのです。

そこへ戻ってきたヴィンセント。

その男らを銃で撃ち殺しトランクを奪い返すのでした。

 
その頃、ロサンゼルス警察のレイ・ファニング刑事(マーク・ラファロ)はヴィンセントが最初に殺した男が落下した現場で捜査をしていました。

マックスを連れて次のターゲットであるトランペット奏者ダニエル・ベイカー(バリー・シャバカ・ヘンリー)がオーナーを務めるジャズバーへと向かうヴィンセント。

一頻り演奏を楽しんだ後、マックスの制止を聞かずダニエルを殺害します。

マックスは「もう他のタクシーを探してくれ、おれはどうせ巻き添え(コラテラル)だ。」そうヴィンセントに言いますが、ヴィンセントはマックスを更に脅し運転を続けさせるのです。

 
そこへマックスの勤めているタクシー会社の上司から、マックスの母親がマックスに連絡を取りたがっていると無線が入ります。

マックスの母親は入院していて、その見舞に毎晩通っていたのが今日は来ないからと心配していたのです。

ヴィンセントは、毎日の習慣を崩すと不審を招くと言ってマイクに母親の見舞をするように指示します。

マックスの母親とヴィンセントが話をしている隙をついてターゲットの情報が入ったヴィンセントのトランクを盗み出したマックスは、高速道路に掛かる橋からそのトランクを落としデーターをダメにしてしまうのです。

 
ヴィンセントはダメになったデーターをまた手に入れるため、マックスに母親を殺すと脅しをかけヴィンセントに成りすまして依頼主フェリックス・レイエス・トレナ(ハビエル・バルデム)に会うよう指示します。

同じ頃、ファニング刑事も捜査の手を広げマックスとヴィンセントに近づいていました。

 
ヴィンセントは依頼主に顔を見せたことがなかったため、マックスがヴィンセントを名乗っても本人だと疑わずに話をします。

リストを無くしたというマックスに激怒するフェリックス。

手下の男が背後からマックスを狙います。

しかしマックスは「後ろの男に銃を降ろせと言え。俺に銃を奪われて返り討ちに会いたくなかったらな。尾行されている。だからお前の大事なリストを川に捨てた。命拾いしたのはお前だろ。」そう言って切り抜けるのです。

 
データーを入手することに成功したマックスでしたが、ヴィンセントを名乗ってフェリックスに会いに行っている様子をFBIに見られていました。

ファニング刑事が、殺された人間はフェリックスが被告人となる裁判の検察側の証人だと見抜いたのです。

残りの証人である韓国マフィアのボスがヴィンセントの残りのターゲットであると気づき彼のいるナイトクラブに警備を配置します。

大勢の客が躍る店内にはFBIも潜入し銃撃戦が繰り広げられますが、ヴィンセントはターゲットを殺すことに成功するのです。

 
FBIが犯人だとしてマックスをマークする中、フェリックス刑事だけはマックスが犯人ではないと思い店の外へと連れ出します。

しかし、一足先に店の外へと出ていたヴィンセントによってフェリックス刑事は撃たれて息絶えてしまうのです。

 
その後、我慢ならなくなったマックスはヴィンセントと激しく口論を始めます。

そして猛スピードで車を運転しわざと車を横転させるのです。

自分も命をかけた作戦でしたが、ヴィンセントは死なず、通報で駆け付けた警察に見つからないよう車から逃げ出します。

駆けつけた警察官にトランクを見られ死体が入っていたことから殺人の容疑で逮捕されそうになりマックス。

おとなしく従おうとしましたが、車に残された暗殺ターゲットの中に名刺をくれたアニーがいるのを見つけ、警察から拳銃を奪い彼女を助けに向かうのです。

 

「コラテラル」最後ラストの結末は?

貰った名刺にある電話番号へ電話するマックス。

アニーに事の次第を説明しますが中々信じてもらえません。

フェリックスの話を出すと、やっと信じてもらえたマックスでしたが、ヴィンセントは既にアニーの務めるビルに潜入していました。

 
すぐ迎いの駐車場からアニーに電話していたマックスは、アニーがいる階のすぐ下の階にいるヴィンセントを見つけてアニーに警告しますが、携帯の充電が切れてしまいます。

連絡手段が亡くなってしまったマックスはビルへと向かい、間一髪のところでアニーを助け出します。

どうにか地下鉄に乗り込んだマックスとあにーでしたが、ヴィンセントもその地下鉄に乗り込んでいたのです。

先頭車両まで逃げたマックスとアニーは逃げ場を失ってしまいます。

マックスは意を決してヴィンセントに銃を向けます。

その弾は急所に当たり、シートに倒れ込むヴィンセント。

マックスに向かって「地下鉄で死んだ男がいる。でも誰も気づかない」そう言い残して息絶えるのです。

深夜の地下鉄での銃撃戦で勝ったマックスはアニーを連れその場から去るのでした。

THE END

 

「コラテラル」見どころ

トム・クルーズの悪役が話題になった作品です。

殺し屋を演じるトム・クルーズ、そして事件に巻き込まれるタクシー運転手を演じるジェイミー・フォックス、この主演二人の演技が光っていました。

殺し屋の運転手になってしまう悲運なタクシードライバーのマックスが果敢にもヴィンセントに立ち向かうラストシーンは息を殺して見るような緊迫感があります。

 
そこまで派手なアクションシーンがあるわけではありませんが、テンポよく展開するストーリーは見応えがありました。

この「コラテラル」はU-NEXT で無料で見る事が出来ます。
今なら、31日間無料で試せます!

みんなの感想

テキストのコピーはできません。