「ブラック・ダイヤモンド」ネタバレ!あらすじや最後ラストの結末と見どころ!

映画「ブラック・ダイヤモンド」ネタバレ あらすじアクション

映画「ブラック・ダイヤモンド」は、ジェット・リー主演、アンジェイ・バートコウィアク監督の2003年の映画です。

そんな映画「ブラック・ダイヤモンド」のネタバレやあらすじ、最後ラストの結末、見どころについて紹介します。

この「ブラック・ダイヤモンド」のカンフー&ヒップホップのド派手アクションをお楽しみください。

 

「ブラック・ダイヤモンド」あらすじ

強盗グループのカリスマ的リーダー、トニー(DMX)は、謎の男ダンカン・スー(ジェット・リー)の警告を無視して“ブラック・ダイヤモンド”を強奪。

同じくダイヤを狙う犯罪組織のボス、リン(マーク・ダカスコス)はダイヤを奪うためにトニーの娘を誘拐します。

娘を取り戻し、ダイヤの謎を解くため、トニーはスーと手を組みますが・・・

正体不明のダイヤをめぐるド派手な攻防アクションです。

もし、文章のネタバレではなく動画で見たい!なら U-NEXT で今すぐ無料で見る事が出来ます。
無料登録して、31日間のお試しの後で本契約をするかどうか決めれば良いです。

 

「ブラック・ダイヤモンド」ネタバレ

ダイヤモンド取引所に運ばれる宝石。

厳重なセキュリティをいとも簡単に抜けるのは、トニー(DMX)をリーダーとする窃盗グループ。

依頼主・クリストフとトニーの電話を盗聴する男・スー(ジェット・リー)。

実行のときが訪れトニーと仲間のマイルズ(Drag‐On)。

ダリア(ガブリエル・ユニオン)、トミー(アンソニー・アンダーソン)が動き出します。

もちろんスーも・・・

 
依頼主のクリストフのもとへ向かい、実行犯を聞き出したスー。

窃盗グループが侵入している場所を警察に通報します。

声をかけ合うトニーらの合言葉「信じろ」

つぎつぎと宝石を手にする彼らは、今回の依頼品である “ブラックダイヤモンド” を見つけ出し楽勝ムード。

そこへ「警察が来るぞ、黒い石を捨てろ!」と電話が入ります。

スーからのその電話を切り、彼らは二手に別れて逃走を図るのでした。

 
入り口に居たトミーはすでに車で脱出、トニーとダリアは警察の目を潜り抜けます。

しかし、マイルズがスーに捕まってしまい鞄を奪われますが中身はブラックダイヤモンドではありません。

その頃、別の場所ではソナ(ケリー・ヒュー)という女が「石が盗まれた」とリン(マーク・ダカスコス)に話していました。

 
夜、窃盗グループのリーダー・トニーは愛娘・バネッサ(ペイジー・ハード)にダイヤのネックレスを贈ります。

もちろん盗品ですが、何も知らないバネッサは純粋に喜ぶのでした。

スーに追われた事もあり足が付くことを恐れたトニーが向かったのは、武器商人で裏稼業もする男・アーチー(トム・アーノルド)のところ。

黒い石を取り出し「すぐに売りたい」と告げ預けます。

その足で今回の依頼主・クリストフに会いに行くトニー。

しかし彼はすでに死んでいて、そこに居たのはスーでした。

 
計画を邪魔した相手・スーに襲い掛かるトニー、そこにリンから電話が入ります。

もともとは彼の “ブラックダイヤモンド”

「返して欲しい」と言うリンに「いくらで買う?」とトニーは引きません。

 
その場を去るトニーを追う一台の車。

相手は二人、しかも銃を持っていて絶体絶命!

そこへ、スーがあらわれ危機を脱します。

しかし、また別の追っ手がアーチーのところにまで来ていました。

 
ブラックダイヤモンドは、どんな手段を使ってでも奪い返したい石。

重装備で特殊部隊が使う銃を持っていた連中に、アーチーは抵抗できず渡してしまいます。

黒い石は、一体誰のところに?

トニーの頭に浮かんだのは、ジャンプ・チェンバーズ(シャイ・マクブライド)という男でした。

 
困惑する二人はスーに「チェンバーズは、この町を牛耳るボスだ」とおしえます。

そして、スーに向かって「お前は何者だ?」と聞くトニー。

彼に付きまとっていたスーの正体は、台湾中央安全局からやって来た諜報員でした。

「カンフー版007か?」

そんな事を話していると、トニーの携帯電話が鳴ります。

聞こえてくるのはトニーの娘・バネッサの声、そしてスーに代われと言っています。

 
トニーの分からない言葉で話す二人・・・スーがリンに言ったのは “石は俺が持っている、娘は好きにしろ”

リンを知っていると言うスーは、トニーに「作戦に協力しろ」と言いますが、娘を人質にされているトニーは穏やかではいられません。

「仕方ねえな」そう言ってトニーはスーと一緒に、まずはチェンバーズに会いに行きます。

 
一方でリンは、スーが黒い石を持っていると言うのは嘘ではないか?と考え情報を集めるのでした。

移動する車内で、互いの子供の話をするトニーとスー。

そして「黒い石って何なんだ?」と知りたがるトニー。

ブラックダイヤモンドはタダの宝石では無い事、そしてリンは窃盗、殺人を犯す犯罪者だとスーは語ります。

監禁された車の中、バネッサは父が助けに来てくれると信じるのでした──

 
翌朝、チェンバーズが収容される刑務所を訪れた二人。

ここでもVIP待遇を受けている彼は、優雅に食事をしています。

窃盗グループの一員・ダリアを巡って因縁があるトニーとチェンバーズ。

軽くあしらわれ、何も聞けずに刑務所を出るトニーは「昔は尊敬してた」とガッカリしています。

何としても黒い石を取り返さなければ!

ふとチェンバーズの経営する店を思い出したトニーは、早速向かうのでした。

そして、スーはアーチーと合流して襲撃された夜のことを思い出そうと動き出します。

 
その頃、チェンバーズに店を任されているオーディオンという男を相手に、ダリアは行動を起こしていました・・・

チェンバーズが所有する、もう一つの店に来たスーとアーチー。

そこにアーチーを脅した男が居るかも知れない、特徴は10カラットのダイヤの指輪を付けていた事だけ。

一方、トニーはマイルズ、トミーを作戦に加え、狙い定めたオフィスの一室に潜入します。

おなじ建物、違う部屋でトニーの指示を受けてダリアは動いていましたが、彼らが放った大きな発射音で作戦がバレてしまいました。

金庫を破壊したものの、黒い石はありません。

三人は脱出しますが一人で部屋に残ったトニーは、オーディオンに捕まってしまいます。

 
警察に拘束されるトニーでしたが、バギーに乗って逃走。

そして、スーの方は狭い金網の中で腕っぷしの強い男たちと賭け試合の真っ最中。

アーチーがやっと10カラットのダイヤの男を見つけたようです。

刑務所を訪れるリン。

「今は、まだ売れない」と言われキレる彼は、チェンバーズを殺すのでした。

 
トニーの窃盗グループ、そしてスーとアーチー。

黒い石が隠されている場所を突き止め、トニーとスーが侵入します。

静かな中の様子に、不穏な空気を感じる二人。

そこには、死んでいるオーディオンが転がっていました。

やっと一粒だけ見つかる黒い石、残りはリンが持っているはずとスーは考えます。

「バネッサが戻らない」と怒りをぶちまけるトニー。

ブラックダイヤモンドは手にしたはずなのに・・・

 
気持ちが沈むトニーに、バネッサから電話が来ました。

縛られた手首を自力で外し、携帯電話を見つけたのです。

彼女の居場所を知りたいトニー。

車の外を見渡し「何かの機械から緑の光、レーザーショーみたい」とバネッサは言っています。

しかし、充電が無くなり通話も途切れてしまいました。

「リンは、今夜やる気だ」

バネッサの言葉で、数時間後に黒い石の売買があると確信したスー。

「合成プルトニウム、持ち運び可能な核燃料だ」

武器商人であるアーチーも気づきます、核戦争の危機だと。

 
リンたちが潜伏するのは格納庫と踏んだトニーらは、準備を始めます。

その頃、世界中から集まったバイヤーに黒い石の説明をするリン。

スーとリンは幼馴染み、そして同僚でした。

台湾で開発された黒い石をリンが盗むまでは・・・

この黒い石を割って出た小さな破片を活性化させると、世界を変えてしまう。

リンは破片にレーザーを当て、通常のプルトニウムの100倍以上の力を持つ小さな核兵器を、バイヤーの目の前で一粒つくるのでした。

 

「ブラック・ダイヤモンド」最後ラストの結末

オークションが開始され、その様子を忍び込んだスーが見下ろします。

外からマイルズが、格納庫に停まるバネッサを乗せた車を発見しました。

そして、アーチーが操縦する戦車が突入、バネッサは窓ガラスを割り脱出。

緊迫した空気の中、リンは冷静に黒い石をしまい込みます。

乱闘、銃撃、つぎつぎとバイヤーたちはヘリコプターで逃げて行くのでした。

 
しぶといリンは、操縦士を脅し一機のヘリで逃げようとします。

追って来たスーも、ヘリの車輪にしがみ付きますが振り落とされてしまいました。

アーチーに「デカい弾を入れろ!」と言われ弾を込めるトミー。

狙いを定めて戦車砲を放つアーチーは、見事にヘリを撃墜します。

大きな炎を上げ燃える機体から、リンが出てきました。

そして、スーと最後の戦いです・・・

 
ダリアもソナを倒し、バネッサを救うため戦っていたトニーも勝利。

親子は、再会を喜び抱き合いました。

死闘の末、リンを抑え込んだスーは彼の口に “小さな一粒の核兵器” を含ませます。

すると身体のなかで放射能が放たれ、焼き尽くされるのでした。

 
警察がやって来て「ムショ行きか?」と言うトニーに、あわてて顔をしかめるトミー。

黒い石は廃棄する、そしてトニーたちの事も「善処する」と一言、スーは彼らの目を見て言いうのでした。

世界を救った “いいチーム” だとアーチーは興奮し、諜報員であるスーに「俺たちは組むべきだ!」と誘っています。

しかし、トニーは「まともに生きよう」そう言ってスーと固い握手を交わしました。

「信じろ」と声をかけ合い、彼らはパトカーに向かって歩いて行きます。

THE END

 

「ブラック・ダイヤモンド」見どころ

中国武術の達人である今作の主演・ジェット・リー。

身長165cmと小さい身体で大きな相手と戦う男は、ハリウッド映画にも常連の世界的アクション俳優です。

数々のアクション映画に出演していますが、息子思いの普通の父親を演じた『海洋天堂』(2011年)のギャップも堪りません!

 
冒頭からヒップホップが流れ気持ちが高揚。

DMX演じるトニーらの姿がハマり過ぎ!さすが本物のラッパー♪

もちろん、ジェット・リーも負けていません。

高層階のベランダからベランダへ、腕力だけで飛び降りちゃいます。

銃や戦車も登場してドカドカ賑やかな攻防も良いですが、身体ひとつで戦うカンフーの格好良さを再確認!

 
スーVS格闘家の賭け試合で、対戦相手のマッチョ男に賭けるアーチー。

何もせずともスーの勝利からの、果敢にスーに挑戦する男たちをもちろん倒しちゃいます。

スーに賭け直したアーチーは大興奮!

そして、トニーの逃走劇も大迫力です。

狭い階段もスピードMAX、窓を破り屋上をバギーが飛び回ります。

 
クールで紳士なスーと、悪だけど娘思いの熱い男・トニー。

おしゃべり担当のトミーの仕事っぷりも存在感ありますよ。

エンドクレジットではアーチーとトミーのおしゃべりが、さいごのさいごまで続き楽しませてくれます。

くだらない!?やりとりですが、二人の野望が詰まっているので見てやって下さい!

この「ブラック・ダイヤモンド」はU-NEXT ですぐ無料で見る事が出来ます。
今なら31日間、無料でいろいろな作品が見れますよ!

みんなの感想

テキストのコピーはできません。