「詩人の恋」ネタバレ!あらすじや最後ラストの結末と見どころ!

映画「詩人の恋」ネタバレ あらすじヒューマン

映画「詩人の恋」はヤン・イクチュン主演、キム・ヤンヒ監督の2017年の映画です。

この映画「詩人の恋」のネタバレ、あらすじや最後のラスト結末、見どころについて紹介します。

売れない詩人のおじさんがドーナツショップで働く美しい青年に一目惚れする「詩人の恋」をご堪能ください。

 

「詩人の恋」あらすじ

夫・テッキ(ヤン・イクチュン)と妻・ガンスン(チョン・ヘジン)。

30過ぎてから結婚した二人には、まだ子供が居ません。

学生の頃から詩に夢中だったテッキは、夢を叶えて職業は“詩人”。

とは言っても、数年前にチョット賞を取っただけで後は鳴かず飛ばず。

微々たる原稿料と、小学校で詩や作文を教えて何とか収入を得ますが、暮らして行けるのは妻のお陰です。

 
生まれた育った韓国 済州(チェジュ)島から大都市・ソウルに出る事もなく、いつもバスから眺めるのは港に山、のどかな田舎町。

美しい言葉は並べられても、悲哀が足りないテッキの詩は同人合評会でも結局は酷評。

気弱なテッキは、一人バスの中で悔しがります。

冴えない顔して、溜め息をつくのがテッキの日常。

そんな時「…どうしても子供が欲しい」と、妻・ガンスンが本気になります。

 
テッキは子供をつくる事に、積極的ではありませんでした。

現状を考えれば養える自信もなく、何と言っても気兼ねなく詩に没頭できなくなる。

ガンスンと結婚した理由は“ラクだから”。

何でも見透かしたように、テッキにズバズバと物を言う妻との関係は姉弟のようです。

だけど、詩人の夫に大きな愛情を持つガンスンに、結局ほだされるテッキは病院へ。

冴えない顔で検査を受けると「奥様は、問題ありませんが…ご主人は、乏精子症ですね」

 
人工授精も視野に入れているガンスンに、すっかり気が滅入るテッキ。

そんな時、強引に口に押し込まれたドーナツの甘美な味わい!

最近、近くに出来たのは知っていましたが、テッキは夢中になりガンスンも嬉しそう。

食べるたび面白いように詩が浮かび、創作意欲が湧くテッキ。

だけど、再び煮詰まりドーナツ店でボーっと外を眺めていると、老紳士に目が留まります。

イメージを膨らませるテッキに「おじいさんも、孤児か…」と、誰かのつぶやきが聞こえました。

同じ老紳士を見ていたのは、ドーナツ店でバイトする青年・セユン(チョン・ガラム)。

声のする方を振り返ったテッキは、寂しげなその表情に目を奪われます。

この二人の出会いが・・・

 

「詩人の恋」ネタバレ

新年を迎え、ガンスンは相変わらず妊活に精を出し、テッキは尻込み。

この日も、早々にドーナツ店に逃げ込んだテッキですが、まさかの場面に遭遇します。

隙間から見えたのは、バイトの青年・セユンと女性が行為に及ぶ姿。

妄想するテッキは「偉いわ、いい子でちゅね~」と、妻・ガンスンが喜ぶほど精子を放出。

でも、どっちのせいなのか分からない、女のせいか…男のせいか…。

 
夜、テッキがチキンを買いに外へ出ると、目に入ったのは青年・セユン。

昼間、ドーナツ店でバイトする彼とは全然違う顔です。

戸惑いながらも「僕が分かる、店の常連なんだが…」と、ベンチに寝そべるセユンを覗き込むテッキ。

「…先生か」と、気づいたセユンですが、酔っているせいかテッキにキツく当たります。

 
セユンの父は10年前に倒れ今も寝たきり、母だけの収入では厳しくセユンは学校を中退。

苦しい生活に、夫と息子に嫌悪感を抱くようになったセユンの母。

つるむ友人は居るものの彼を心配する者はおらず、セユン自身も本音を言えません。

酔って帰っても父の介護をするセユンは、家を出る事も出来ず独り苦しんでいます。

ふらふらのセユンを家まで送り届けたテッキは、彼の暮らしを垣間見るのでした。

 
翌日「感謝します」と、昨夜のお礼にセユンは、美味しそうなドーナツをテッキに手渡します。

バスの中で頬張るテッキは幸せで、小学校でも生徒が恋の詩を読み教室は優しさに包まれました。

「どうしたら、詩人になれますか?」と、一人の生徒に尋ねられたテッキ。

「詩人は、代わりに泣いてあげる人だ。悲しみを抱える人々のために……」

“悲しみは詩を書く材料”と生徒に伝える、テッキの表情が曇ります。

 
実家にやって来たテッキは、セユンの父のために床ずれ防止マットや加湿器などを調達。

すると母から「誰なの?苦労している人は」と聞かれ、テッキは言葉が出ませんでした。

あれこれと物を持って来てくれるテッキに、夜ご飯を振る舞うセユン。

声にならない声で精一杯の感謝をしてるであろう、セユンの父を見つめるテッキ。

若いセユンはテッキの施しに甘えながらも、どこか屈辱を感じるのでした。

 
妻・ガンスンは、二度目の人工授精が失敗。

友人の結婚パーティーに行けば、子供なし、収入無しのテッキに誰もが冷笑。

酒に酔うガンスンにも散々文句を言われ、イライラが募るテッキはセユンの元へ。

泥酔するテッキに“残り物”を渡されたセユンは「先生…俺に同情してるんですか?」と、真剣な顔。

口ごもるテッキは「明日、暇か?」と、聞き返します。

 
森の中を歩く、テッキとセユン。

詩の世界を教えようとするテッキですが、やはりセユンは現実的で興味なし。

帰りのバスで、そっとノートに詩を書き綴るテッキにセユンが呼応します。

一遍の詩をつくり上げた二人は、心の距離が少し縮まったようでした。

しかし、無償で物を与えるテッキ、そして「お金はくれなかった?」と、平気で口にする母にセユンは苛立ちます。

 
寝たきりのセユンの父と、二人になったテッキ。

息子・セユンの人生を、台無しにしていると悲しむ父は「死にたい」と、口にしました。

外に出たセユンは、父との楽しかった思い出をテッキに話します。

「……布団の中でオナラをした」それだけの事で、大笑いするほど幸せだったあの頃。

「僕は、一生どこにも行けない」

寂しそうな顔をするセユンに、テッキは何も言えませんでした。

 
ある日、テッキの妻・ガンスンは、彼の詩が綴られたノートを見てしまいます。

冗談めかして「……好きな女でも出来た?恋愛相談なら任せなさい!」と、夫が誰に“恋”してるか尋ねるガンスン。

ジッと見つめられたテッキは「可哀想な子を助けてるだけ…男だし、まだ子供だ」と、精一杯反論。

その様子に、ガンスンはテッキを罵るだけ罵り「妊娠したから、大人しくしてて」と、想いを断ち切らせます。

それは、抜け出せない現実に苦しむセユンが、テッキの優しさに寄り掛かろうとしていた時でした。

突然、突き放す自分勝手なテッキに、怒りを滲ませ初めて「カネをくれ」と、言ったセユン。

わだかまりを残したまま別れた二人が再会したのは、セユンの父の葬式でした。

 
深い悲しみの中にいる息子・セユンに構う事なく、香典の勘定を始める母親。

「お前は、何の価値もない人間よ」と、母に罵られるセユンを守ったのはテッキです。

二人だけで、ゆっくり過ごすテッキとセユン。

自分の弱さをさらけ出すテッキは、独りぼっちと感じる人間に必要なモノを教えます。

「…何があっても、そばに居てくれる人」

 

「詩人の恋」最後ラストの結末は?

テッキがセユンに抱く感情は恋愛感情じゃ無いと、否定するガンスン。

「他人にはどうにも出来ない、僕の感情だ」と、テッキが言い返しました。

目も合わせない、これまでとは違うテッキに「……私たちを選んで」と、ガンスンは泣きすがります。

しかし、まるで夫婦とは言えない、ガンスンとの関係にテッキは家を出ました。

 
夫・テッキを失いたくないガンスンは、セユンに会うと昔話をします。

「……彼とは私が先に会いました。家族なんです…つらくても一緒に居る、だから…」

すると、返ってきた言葉は「俺だって、そういう人が欲しい…」

 
数日後、再会したテッキが「一緒に行かないか?」と、差し伸べた手をセユンは掴みませんでした。

どうにもならない感情をぶつけるセユンは涙を流し、それを見たテッキは力無い足取りでガンスンの待つ家に帰ります。

 
月日は流れ、テッキとガンスンが祝うのは子供の一歳の誕生日。

文学賞を受賞したテッキは詩人として成功を収め、穏やかな人生を歩んでいました。

一方、セユンはドーナツ店を辞めバイク便で働くある日、偶然テッキと再会します。

あの時、テッキの妻・ガンスンから「妊娠している」と、聞かされた事を明かしたセユン。

「…生まれて来る子が、不憫だから」

そんな事を言うセユンに、テッキは「これで、好きな所へ行け」と、カードを渡します。

自分も、セユンの事を利用したと表情を変えないテッキ「暗証番号は、父親の命日だ」

立ち去ろうとするテッキを「一緒に行こう」と、呼び止めるセユン。

その返事は「…行くわけない」

 
『希望』という詩を、ノートに書き綴るテッキ。

傍らには大切な子供が眠る暖かい日差しの中、テッキの頬を一筋の涙がこぼれ落ちました。

完。

 

「詩人の恋」見どころ

創作に行き詰まる詩人・テッキが出会ったのは、恵まれない家庭環境にある青年・セユン。

彼を気にするテッキは、慈善活動だと言って恋愛感情を否定するけど……

本作は、表情そして詩から、テッキやセユンの心を読み解くのが醍醐味です。
※好みが分かれそうな作風ですが、是非ご鑑賞いただきたい!

言葉を紡ぎ出す仕事をしているのに、口下手なテッキは“もどかしい”。

20歳そこそこで悲哀を背負うセユンは、他人にもたれ掛かる事が苦手。

他のどんな人より、セユンの悲しみに触れたであろうテッキが辿り着いたのは……

“大切な人が壊れてしまわないように、そばに居る”。

だけど、テッキとセユンは互いの手を掴む事はせずに、現実を生きる選択をします。

あなたの目には、この物語はどう映るでしょうか?

 
優しい音楽、韓国 済州島のゆったりとした風景そして、テッキの詩。

なんともハートウォーミングな始まりから数分後、テッキの情けない顔に笑っちゃいます。

詩人のテッキを演じた俳優、ヤン・イクチュンといえば伸び掛け坊主頭に口ひげ、そして「シバラマ~!(クソ野郎~!的な言葉)」

『息もできない』(2010年)で世界中の映画ファンが衝撃を受け涙した、暴力的な取り立て屋・サンフンは本作には一切いません!

加えて『あゝ、荒野』(2017年)で演じた、孤独なボクサー・バリカン建二の面影もなし。

小学生から「詩人なのに太ってる」と言われ「これくらい引っ込めれば…」と腹に力を入れる始末……

まんまる目のトナカイが、ドーンと描かれたセーターを着ているヤン・イクチュンがカワイイんです。

ドーナツを頬張る至福の顔、無くなれば小走りで買いに行く、そして誰にも分けてあ~げない!

 
本作では、不甲斐ないオジサンを演じたヤン・イクチュン。(一発殴るけど、アレは仕方ない…)

でも“愛し方がヘタ”“憂いを含んだ表情”は健在で、詩人・テッキもハマり役です。

そして、青年・セユンを演じたチョン・ガラムの目に、きっとあなたも吸い込まれるでしょう。

このテッキ、セユンと三角関係という位置付けになるのが、超絶大人の妻・ガンスン。

甲斐性無しだけど、詩人のテッキに惚れて養う逞しい妻は、男二人の機微を察知します。

ガンスンの言葉はキツく聞こえるかもしれませんが、胸にズシンと響くので個人的には好きな人物です。

喜怒哀楽が清々しい程ハッキリしてるガンスンの、妻として、母として家族三人の暮らしを願う気持ちも十分わかります。

でもラスト15分、共に生きたいテッキと、離別を決めたセユンの切な過ぎる表情は胸が痛い。

そして『希望』の詩と、テッキの涙!

これは不意打ちです。

ただでさえ泣いてるテッキにドキッとして、頭フル回転で物語をプレイバックすると更に胸アツになりますよ。

 
ヒントは、小学校でのシーン「詩人は、代わりに泣いてあげる人だ……」

生徒とのやり取りに注目です!(男子生徒が作った、可愛らしい恋の詩もお楽しみに♪)

脆くて今にも壊れてしまいそうな、セユンを支えるテッキの不器用で温かい優しさ。

この二人の関係を恋の定義や、愛のカタチなんて枠に押し込む必要はありません。

切なくも美しい物語が、あなたの心にも届きますように……

みんなの感想

テキストのコピーはできません。