「レンタネコ」ネタバレ!あらすじやラスト最後の結末は?

映画「レンタネコ」ネタバレ あらすじ
ヒューマン

映画「レンタネコ」は、市川実日子主演、荻上直子監督の2011年の日本映画です。

この「レンタネコ」のネタバレ、キャスト、あらすじ、最後ラストの結末を紹介します。

ネコを貸し出す女性と、彼女が出会う人間同士の絆を描く「レンタネコ」をお楽しみください。

猫好きにはたまらない映画ですよ。

 

「レンタネコ」のキャスト・スタッフ

■ スタッフ
監督: 荻上直子
音楽: 伊東光介
脚本: 荻上直子
撮影:阿部一孝

■ 主要キャスト
サヨコ:市川実日子
吉岡さん:草村礼子
吉田:光石研
吉川:山田真歩
吉沢:田中圭
サヨコの隣人:小林克也

 

「レンタネコ」あらすじ

たくさんのネコと暮らすサヨコ(市川実日子)は、寂しい人にネコを貸し出すレンタネコ屋を営んでいる。

いろいろな心に寂しさを持った人々が今日もサチコの猫を借りに来るのだ。

借主になるには、サチコの審査に合格しなければならない。

一体どんな人が現れるのか・・・

 

「レンタネコ」ネタバレ

子供のころからいつも周りに猫がいるサヨコ(市川実日子)

一人暮らしの家には猫がたくさんいます。

サヨコのおばあちゃんが亡くなって二年。

今日もリアカーに猫をたくさん入れて営業に出かけます。

川沿いを営業していると品のいい老婦人、吉岡さん(草村礼子)が声をかけてきました。

吉岡さんは「茶トラ」を借りたいといいました。

サヨコは間違いのない人に猫を貸すために吉岡さん宅へ審査に向かいました。

 
吉岡さんは独り暮らし。
もともと猫を飼っていたようです。

ご主人が亡くなってからそのネコと暮らしていたものの、去年亡くなってしまったんだとか・・・

審査は合格。

レンタル期間は「死ぬまで」でした。
料金は1000円でした。

安すぎるという吉岡さん。
理由を聞くと・・・実はサヨコは株で儲けているというのでした。

その夜、画面を見つめるサヨコ。
猫に「これは買いか?」と聞いているのでした。

 
翌日、電話がかかってきました。

吉岡さんの息子さんからでした。
猫を返すと・・・

吉岡さんの家には息子だけがいました。

猫アレルギーだと言ってとてもわずらわしそうな顔でした。

息子が冷蔵庫を開けるとたくさんのゼリーが・・・

そのゼリーは息子さんが子供のころから大好きで食べていた手作りのゼリーだったのです。

息子はひとり、暗い部屋でゼリーを食べます。

そして深いため息をつくのでした。

 
いつものようにサヨコの営業が始まりました。

今日もレンタカーを引いて歩きます。

すると現れた中年男の吉田(光石研)

吉田の家に審査に行きました。

吉田は単身赴任。
もうじき家に戻れるのですが、娘にクサイと言われるようになってショックを受けていました。

審査は合格。
期間は家に帰るまで。
料金は1000円。

安すぎるという吉田さん。
理由を聞くと・・・実はサヨコは売れっ子占い師だと言うのでした。

その夜、サヨコの家にはたくさんのお客さんが、占いの順番待ちをしていました。

猫にタロットカードを選ばせているのでした・・・

 
翌日、電話がかかってきました。

吉田さんからでした。

家に行くと、吉田さんは猫を欲しいと。

サヨコは猫と相談し、吉田さんにわたすことに決めました。

 
次のお客はレンタカー屋に務める吉川さん(山田真歩)

変化のない毎日にうんざりしていたところでした。

期間は待ち人が現れるまで。

料金はドーナツをごちそうになったからいらないと。

それじゃ困るでしょという吉川さん。

するとサヨコはテレビCMの作曲をしているから大丈夫だと答えるのでした。

その夜、キーボードの上で猫じゃらしを使いネコを躍らせるサヨコがいました。

翌日、電話がかかってきました。
吉川さんからでした。

なんとハワイ旅行が当たったのでした。

 

「レンタネコ」ラスト最後の結末

いつものようにサチコの営業が始まりました。

今日もレンタカーを引いて歩きます。

すると現れた吉沢(田中圭)
サチコに「君もしかしてジャミ子?」と聞きます。

違うというサチコ。
食い下がる吉沢。

吉沢は猫を貸してくれといいました。

サチコは逃げるようにしてその場を去りました。

しかし吉沢はサチコの家までおしかけます。

吉沢は同級生でした。

ビールを飲むふたり。

結局、吉沢は猫を借りることなく帰っていったのでした。

その夜、サチコの家に警察が来ます。

吉沢を探していたのでした。

 
翌日、サチコはいつものようにレンタネコの営業に出ます。

どうやら寂しい人には猫が効果的のようです。

THE END

 

「レンタネコ」見どころ

見どころは・・・・わかりますよね?
猫です。

もうそれに尽きます。

もちろんストーリーはあるのですが、その間に映し出される演技のない猫たちに癒されます。

まあ、猫を通じて人の日常が変わっていくんですけどね・・・

この猫作品もおすすめです。

「猫なんかよんでもこない」ネタバレ!あらすじや最後ラストの結末と見どころ!
映画「猫なんかよんでもこない」は、風間俊介主演、山本透監督の2016年の日本映画です。 この映画「猫なんかよんでもこない」のネタバレ、あらすじや最後ラスト、結末、見所について紹介します。 ネコ嫌いのボクサーが子ネコたちと暮らすことになって・・・「猫なんかよんでもこない」をお楽しみください。 原作は杉作の漫画なのですが、この原作者が食堂のおやじ役として出演しています。

 
あと主演の市川実日子さんの摩訶不思議な人物像。

ある時は投資家、ある時は占い師・・・正体不明です。

そして何かを押し付けるでもなく、猫を貸すだけで人々の日常を変えていく様はなぜか不思議です。

ほんわかとした素朴で質素な生活してるそのライフスタイルにも憧れる人がいるかも。

理屈抜きで癒されてください。

みんなの感想

テキストのコピーはできません。