映画「逃亡者」あらすじ

ハリソンフォード主演のアクションです。殺人事件があり、妻殺人の容疑をかけられた医師キンブルを演じるハリソンフォード。髭を蓄えた優秀な人柄の良い人格だ。なのに家に帰って冷蔵庫の飲み物をだして妻にもっていこうとしていて変だなと二階に上がると妻が撃たれて死に絶えていた。電話のそばでしんでいて家に帰った時に電話しているのと、死に際の言葉がキンブルの名前を呼んでいたからだ。でも自分は義手の男と格闘しているのにそれを信じてくれない警察。有罪になり刑務所に送られる。その時にバスで送られる際に逃亡を企てた連中によりバスト電車で大衝突が起こり沢山の囚人が死んでしまう。電車に惹かれそうな囚人を助けるためにキンブルはカギを外してくれと看守にいう。そして事故が起こるが撃たれた看守を人助けできた。そして、逃亡したキンブル、何度も死に目に会いながら、トミーリージョーンズに追いかけられてでも妻を殺した犯人を自分の手で捕まえたい。その一心で頑張るキンブル。黒幕を探し出すことができた。製薬会社とぐるになりサンプルなどを取り替えて金儲けしようとした同僚の医師のニコルズの仕業だった。義手の男も列車での戦いで捕まえた。ニコルズを訪ねて講演会の場所で乗り込んでいき本当のことを暴露するキンブル。ニコルズとの戦いに勝ち捜査官にも優しく扱われて尊敬さえされているように見えた。素晴らしい逆転劇です。ハリソンフォードの執念の捜査が素晴らしい。

映画「逃亡者」感想

ハリソンフォードが昔から大好きなのもあるのですが、この人の映画はとにかくどれをみても面白い。アクションも面白いですし、内容が賢い感じがプンプンします。顔もすっきりしたあっさり顔で好きですし、頭脳を使ってスートーリーがきちんとできていて最後のラストまで面白く、俳優陣の演技のうまさも見ていて面白いです。そして追跡するトミーリージョーンズの名前もこれではっきり認識しました。色んな作品で見るようになりました。この両巨頭の二人の存在感の対照的な捜査の違い。逃げていても捜査して証拠をのこしてその証拠に気が付くように仕向けて回るキンブルの種まきがこの映画の面白さで妻を殺すような人間ではないのにそれを見抜けない間抜けな初めの取り調べの刑事たち。初めにこの追跡してきた捜査官に調べてもらえていたらこんなえん罪にはならなかったのではないかと思います。この逃亡者のスピード感とつかまりそうなハラハラする気持ちを味わってほしいです。