映画「怒り」あらすじ

八王子で起きた、残忍な殺人事件。
「怒」と書かれた血文字を残し、犯人は逃走中。
1年が過ぎ、犯人は「山神一也」という人物だとわかるも、犯人は顔を整形しており、以前として逃走中のまま。そんな中、犯人の整形後のモンタージュ写真が公開されます。

房総、東京、沖縄にいた3人の身元不明の男は、殺人事件の犯人のモンタージュそっくりでーー。疑惑の目を向けられた3人の身元不明の男を軸に、周囲の人間の葛藤を描く群像劇です。
疑惑を向けられる3人の男として、綾野剛、森山未來、松山ケンイチが役を演じています。どこかミステリアスな雰囲気の3人は、「もしかしたら犯人なのかも」「この中の誰かが犯人だなんて思いたくない」と思わせる名演技です。

身元不明の男が受け入れられ、自分の居場所を人間関係を構築していく最中で、疑惑を向けられる。
3人の男の中に果たして犯人はいるのか?
犯人は一体誰なのか?
いろいろな事情が複雑に絡み合い、三者三様に進んでゆく物語から目が離せません。

信頼していた人物が、殺人事件の犯人だったら?
ある日突然、深い仲だった恋人が、隣人が、犯人かもしれないと疑われるようになってしまったら。疑ってしまったら。
全編を通して、信じるということについて、丁寧に描かれています。

そして、衝撃の展開も……。心がきゅっと痛むような、苦しい出来事もあり、
「信じる」とはなんなのか?
「怒り」とはなんなのか?と、考えさせられる映画になっています。

映画「怒り」感想

この映画は、「信じる」とはなんなのだろう。と思わせられる映画でした。愛してる人が犯人かもしれないとなった時、心の底から相手のことを信頼出来るのか。わずかでも疑ってしまったら…………。
そんな心の揺らぎを丁寧に丁寧に描写されているので、観ている側も心が苦しくなるし、感情が揺さぶられます。信じたいけど、疑ってしまう。本当は誰より、信じてあげなければいけないのにーー。
3人の行動は疑わしく、もしかして?と思うような行動もあり、周囲の人間はさらに「犯人なのかも」という目線で疑惑の目を向けてゆきます。しかしそこには複雑な事情が合ったりして……。
鑑賞後まで息つく暇もないぐらい急展開、衝撃の展開が待ち受けているので、鑑賞後の疲労感は相当です。

愛の行方は?
信じるって、なんなのか。
怒りとはなんなのか……。

まさに、様々な感情が沸き起こる映画でした。
ひたすら苦しく、切なく、心が締め付けられるような感覚さえ覚えます。
まさかの犯人に衝撃を受け、怒涛の展開に息を呑む。
名役者たちのシリアスな演技に圧倒されます。