映画「ザ・ロック」あらすじ

監獄のザ・ロックと呼ばれていた絶対に脱出不可能の場所があったそれはアルカトラズの刑務所。そこで人質を取った元軍人の将校のエドハリス演じるハメル准将のテロリストに占拠された。観光に来ていた人たちを捕まえて子供は船に戻された。人質をとってハメルは政府の集められたテロリストを撲滅するメンバーの中にニコラスケイジ演じる化学兵器のプロのグットスピードが選出される。服役中の元英国情報部秘密情報部のジョンメイソンを一緒に連れていき何故ならアルカトラズから脱出できる方法を知っているのは彼だけであった。ハメル准将は本当の悪ではなく彼の中に強い正義があった。軍人の誇りをすごく持っていて倫理も貫くがそんなハメルに敬意をしめす下のものたちと最後は対立して自滅に近い形になります。VXガスを使ったテロだがこのガスを扱いを知っているグットスピードは化学のプロでアクションや戦い方には無知で足を引っ張る。でもジョンメイソンの性格が悪くなくこの賢い人の考え方を尊重して戦い方を学ぶ。このアルカトラズを制しているのでこの人のゆうことを聞くしかなかった。子供も出来て父親になるのでおちおち死んでいられない。二人で力を合わせて、生き残ったのはたった二人で、軍人相手に頑張らないといけない。最後はVXガスの1つの球をおとしてガスが出だすが、グットスピードは胸に抗体を打って海に落ちるがジョンメイソンに助けられて生き返る。そしてジョンメイソンを死んだことにして晴れて自由の身にしてあげる。

映画「ザ・ロック」感想

このザ・ロックはすごく好きでかっこいいエドハリスと、ニコラスケイジとショーンコネリーと3人の男性の奇跡ののコラボレーションといえると思います。この作品はなんど観ても絶対に最後まで見ないと気が済まないくらい好きです。物語の面白さもありますし、エドハリスが本物の悪ではないのでそこも魅力です。グッドスピード役のニコラスケイジの演技も素敵ですし、ショーンコネリーがかっこいいので是非一度みて欲しいです。男性は大好きな感じだと思いますし、アクション好きの私はすごく興奮します。VXガスが怖いので落ちていくところとかハラハラします。映画の中でこのアクションもので大好きな一番ともいえる作品で、ショーンコネリーが白いひげを蓄えていますが、それがとても素敵でアクションも素晴らしいです。体も筋肉も素晴らしいです。男性の優しいお互いを思いやる気持ちも素晴らしいです。アルカトラズの脱出の難しさも魅力でここを頭と体で覚えているジョンメイソンの人柄も大事なこの映画の魅力の1つです。

映画情報サイト「映画の虜」